行きずり体験談

キーワード「行きずり」に関連する体験談です。 餓鬼がプールで 完全版や、偶然再会した元妻との一夜で気付いた夫婦のセックス若い男女に底の底まで堕とされた幸せな私 などの体験談が登録されています。

私のエゲツない不倫体験

112文字数: 911

5年以上も前の話になります。
当時、私は40代半ばの主婦。息子と娘も東京の大学に行き、夫は仕事でなかなか帰らない。私は虚しさを抱えながら日々を暮らしていた。
そして戯れに出会い系サイトで遊んでいた。もちろん、会うつもりなど全くなかった。
ーロクな男がいないわね。
身体を求めてくる男ばかり。しかも、ほとんどは私の好みのタイプとは程遠かった。
ただ、1人だけ好みのタイプの男がいて、連絡先を交換し...

【続きを読む】


入院先の病院での出会い

10文字数: 987

10年ほど前、職場での災害に巻き込まれて入院していたことがあった。手足が骨折してしまい、身の回りのことのほとんどを1人でできない状況だった。その都度、ナースコールで看護師を呼び出す事になっていたが、度々呼び出しているのもなんだか悪い気がしていた。入院生活が始まって3日目くらいから看護学校の女学生の実習生が来て私の身の回りの世話をしてくれる事になった。彼女は美咲と言って身長は小さく、顔立ちもや...

【続きを読む】


季節外れの民宿

22文字数: 122

20年以上前、日本海側のある県で、海水浴相手の民宿があり季節外れの11月に一人でフラッと泊まったら、民宿の娘がいろいろ地元の話をしてくれて、別に頼みもしないのに夜の相手もしてくれた。
朝、帰る時に宿の主人らしき人から、どうでしたか?と聞かれた。


おっかなびっくりといった感じのご婦人が

31文字数: 556

岩◯のちょっとマイナーな混浴に一人で泊まってきました。
23:00頃、一人で入ってるとおっかなびっくりといった感じで30代後半~40代くらいのご婦人が入ってきました。
混浴だと知らなかったそうで、私を見て最初はかなり驚いたそうです。

しばらくは湯船の端と端で浸かってたのですが、しばらくするととても慌てた様子が。
話を聞くと持ってたきたタオルが何処かへ行ってしまったとのこと。
何事かと思っ...

【続きを読む】


コロナ渦4

10文字数: 383

それからの話、1週間に1~2回は「しん」との関係を持った。 その度、3時間ほど体を交わらせる。しんも3度は果ててくれる。私も逝ってしまう。
この人、私に対して気持ちを続けてくれている。本気なんだ、そう感じた。
そして7月、夏を迎えたあたりだろうか。いつも通り夜を過ごした。
翌朝、しんから「迎えにいくよ」との連絡。仕事先まで行く途中、とある公園の駐車場に入った。
「早かったから休憩しよう」そう...

【続きを読む】


コロナ渦1

10文字数: 466

2年半遠距離で付き合っていた彼とは会えなくなり、関係はスマホのやり取りだけ。 そんな中、2020年末に職場で「しん」と知り合い一緒に仕事をしていく。
職場内では唯一の同年代であり、お互いの距離も近づいている感じがした。
そして今年の初め、初詣に行った。2人で。初めて長い時間話をし、距離がさらに縮まった気がした。
彼とは連絡は取り合っているものの、一緒にいる時間を考えるとしんの方が長い。しんは...

【続きを読む】


ダンス教室で股間をつけてこられた

2文字数: 3201

施設で行われている社交ダンスを習いに行き 3年

今年、新たに 年下の男性が入会されてきて

私のことに関心を持たれてきてて

お互い独身とはいえ、

ダンス教室の他のメンバーには知られないように、プライベートで夜 飲食し

帰りに、お酒も入って、誘われたのが、ラブホ

迷っていると、そのまま誘われたまま、入ってしまい

ダンスは男女 楽しみながら求め合うような雰...

【続きを読む】


小一と年中の姉妹が

30文字数: 408

週末に家族と大きな温泉に行った。
娘二人(小二と年中)と一緒に入ったのだが、そこで娘たちが仲良くなった姉妹が居た。
小一と年中の二人で、すっかり仲良しになって一緒に遊んでいる。
そのうちに露天風呂に行きたいと言い出したので、その子たちに
「お父さんに聞いてきなさい」と言うと、聞きに言った。
向こうの父親は私も子連れなので安心して居るのか、こっちにちょっと会釈して、
自分は寝椅子でのんびりとし...

【続きを読む】


男性でもレイプされる

270文字数: 331

男性でもレイプされたら誰にも言えないぞ。
むしろ女性よりも言えないし、信じてもらえさえしない。
俺はレイプじゃなくて、電車の中で痴女に遭って、ちんこいじられ車内で射精させられた。
女みたいにきゃーって叫ぶことすら出来ず、体が固まってしまい、されるがままになってしまった。
あんなの言えるわけがない。やられたら分かる。
女性ならなおさらだと思う。

向かい合わせでやられた。
チャック下ろされて...

【続きを読む】


ひと夏の思い出

6文字数: 962

中学に上がってすぐにオナニーの快楽を知り、家で暇さえあればオナニーをするほどだったが、それを見た親は私に「オナニーをするのはバカの証拠だ」と叱られてからは家の中ですることは無くなった。代わってやるようになったのは通学路の途中にある公衆トイレの中だった。このトイレは清掃が行き届いていて比較的変な臭いも少なかったので毎日帰りに立ち寄ってはオナニーをして帰っていた。
夏休みの部活帰りにも同じように...

【続きを読む】


表立って語られなかった事実

17文字数: 1061

今まで表立って語られなかった事実を突き詰めた本。
『盆踊り 乱交の民俗学』下川耿史 作品社
中日新聞に紹介されていた。
本の解説によると・・・

〈盆踊り〉とは、生娘も人妻も乱舞する“乱交パーティ”だった! 日本人は、古代より性の自由を謳歌してきた。歌垣、雑魚寝、夜這い、盆踊り……。万葉の時代から近代までの民俗文化としての“乱交”の歴史。 日本最古の“乱交”の記録は、『記紀』や『風土記』の...

【続きを読む】


ヌードデッサンのモデルに来た女の子

13文字数: 1808

美術を志していた頃、ヌードデッサンのモデルに先生の知り合いと言う小学6年の12歳の女の子が来たことがあった。
彼女は以前からこういうモデルをやっていたらしく、部屋にやってきて自己紹介をしてすぐに服を脱いでポーズを取った。
普段、モデルとして来る女性は熟した女性ばかりで成長途中の女の子は初めてだったのでその未熟な体に自分の股間が反応してしまい、なかなか筆が進まなかった。他の生徒が描き終えて続々...

【続きを読む】


照明が暗いし何やってもそんなにばれやしない?

23文字数: 4311

「触ったもんがちじゃない。
照明が暗いし何やっても
そんなにばれやしないよ
特に小さい箱はね。
今日も胸を揉みもみしてきました。
約5人くらいかな」


「俺はライブ中、よく胸に手当たって触っちゃうけど
チカンじゃないです
でも、ラッキーとは思いますし、触ろうともしないけど触らないようにもしない
ダイブ支えようとして手伸ばしたらおっぱいムニュ、なんて日常茶飯事だし
押されて倒れそうな子を...

【続きを読む】


東北の寂れた温泉。

37文字数: 725

東北の寂れた温泉。

小さな湯船に一人で入っていると、
ショートカットで目の大きな美少女(S中?)とおじいさんの二人連れが。

女の子は、浴槽でお尻を振りながらバタ足したり、
湯船の縁をまたいで馬乗りになったり、
浴槽の横の床で、立て膝で座ってくつろいだり、もう、完全に無警戒。
胸は真っ平ら、ワレメはつるつる。お尻の穴はきれいなピンク。

おじいさんは鼻歌歌いながら、少し離れた洗い場で...

【続きを読む】


スパ銭チラチラ俺のこと見てる娘が

31文字数: 777

俺痩せてるけど胸あるのな。スレチなので詳細省略。

ある日スパ銭に行ったら、高学年くらいの背の高い娘が居て(チビの俺と同じくらい)、服脱いだら胸がちょうど俺と同じくらいw
よほど不思議だったらしく、その娘がチラチラ俺のこと見てるわけ。
時々何気に寄って来たりして。
最後はとうとう洗い場で俺の隣に来て、二人仲良く並んでオッパイ洗ってました(^o^)

片方の股間にはスジマソ、もう片方には勃...

【続きを読む】