童貞体験談

キーワード「童貞」に関連する体験談です。 小学生時代の私、毎日中出しや、従妹(JS5)のユイちゃんと血の繋がりのない姉と二人暮らしを始めて・・・ などの体験談が登録されています。

田舎の子供に筆おろしされた

11文字数: 2344

高校生の時、農村留学というものを体験した。留学といえば、海外のホストファミリーの家に滞在しながら文化や語学を学ぶというものだが、それの農村版だ。最近は希望者がいないのと受け入れてくれる家族が減ったことからなくなってしまったらしい。
住んでいた都内の家からとある地方にある農村の受け入れてくれる家族の家に滞在しながら農村の暮らしを体験するのだ。自分を受け入れてくれた家族はその地域では比較的大きい...

【続きを読む】


ソープで童貞卒業

50文字数: 1227

30目前で童貞のままはどうかなと思って、先週初めてソープに行きました。
緊張して勃たなかったりで最悪上手くいかなくても、女の子の裸を間近に見て(女の裸は母親しか見たことないw)楽しむだけでもいいやと思って行きました。
電話して適当に偽名言って当日予約。店のサイトで出勤してる子の中で、薄くモザイクあったけどこの人空いてるといいなって子が、たまたま空いてました。
駅からチョイ歩いたけど、迷わず着...

【続きを読む】


ソドム島の美少女・美少年ー11

40文字数: 1256

天使のように可愛く美しいユダヤ美少年は2日間アブドラと奴隷少年2人に輪姦され、未使用のきれいなおチンチンは奴隷少年の手で無理やりお初の精通をさせられ、続けて何度も射精させられ、2日目からは奴隷少年の肛門に嵌めさせられ、いわゆる肛門性交を強いられました。
そしてアフガンの輪姦が終わると最後に火あぶりの処刑になり、わざわざアマゾンから呼び寄せられた食人種の4人の野蛮族に再び輪姦を受け、丸1日残虐...

【続きを読む】


ソドム島の美少女・美少年ー10

40文字数: 999

ユダヤ美少年を3人の男たちが輪姦して2日経ちました。
アブドラの奴隷少年2人が交代で四つん這いになり、ユダヤ美少年のチンチンを肛門に受け入れ、ユダヤ美少年の肛門はアブドラともう一人の奴隷少年が犯します。
過激なイスラム教にとってはユダヤ人は皆殺しにしても飽きたらない悪魔の存在であり、仮にもいけにえとして捧げられたユダヤ人は必ず残虐に殺害しなければならない天敵であった。
輪姦で可愛い天使のよう...

【続きを読む】


ソドム島の美少女・美少年ー8

80文字数: 1367

ゆるゆると抽送が始まり、アブドラの腰つかいに合わせて汗びっしょりの全裸を上下するユダヤ美少年、目は閉じられ、半開きの赤いくちびるはハアハアと喘いでいます。
恐ろしいばかりの鋼鉄のアブドラの巨根は美少年の肛門が裂ける寸前まで拡げ、ゴツゴツの亀頭は直腸を貫いて大腸まで嵌まり込みます。
何日も塗り込まれた筋肉緩柔剤に痛み止めのキシロカインや媚薬が美少年の発狂を抑えています。
アブドラは少年の肛門の...

【続きを読む】


ソドム島の美少女・美少年ー7

100文字数: 1238

ジャン少年がベッドでなぶりものにされて1時間経ちました。
舞台を取りまく観客たちのベッドでは全裸のボスたちが哀れな美少女、美少年を抱き、キスし、舐めまわし、そして強姦します。
美少女は全て処女ですからボスたちの巨根に貫通され、激しく出血し、泣き叫び、しかし情け容赦ない責めは繰り返され、観客席は悲しげなすすり泣きが溢れます。
そんな中、天使のようなユダヤ美少年の裸を堪能したアブドラはいよいよ仕...

【続きを読む】


ソドム島の美少女・美少年ー6

120文字数: 982

狂暴な大男のアブドラはヒョウ柄のマントを脱ぎ捨て、ユダヤの全裸の美少年ジャンを抱きしめます。
アブドラの胸までもない美少年ですが、小麦色に輝く均整のとれた肢体は天使のように可愛く、美しい獲物です。
見守る観客から歓声があがります。
ギリシャ神話の天使のような真っ白な下着一枚の美少年、美少女が観客のベッドにあてがわれたのです。
男の子はもちろん童貞、女の子はもちろん処女、年令は11才から14才...

【続きを読む】


ソドム島の美少女・美少年ー5

80文字数: 795

宴会場は地下にあり、円錐形のくぼみの中心が丸い舞台になっており、真ん中に大きなダブルベッドがあります。
舞台の周りは同じような大きなダブルベッドが並び、招かれた世界中の麻薬組織やギャングのボスたち30人ほどがほとんど裸で舞台を見つめています。
やがて卑猥なドラムが響き、ヒョウ柄のマントをまとったアブドラが現れ、観客にガッツポーズをします。
アブドラの横には全裸の美少年が二人、アリとハッサンが...

【続きを読む】


ソドム島の美少女・美少年ー3

150文字数: 761

アフガニスタンの麻薬王アブドラはアフガニスタン西部のイラン国境地帯に広大なケシ畑とアヘン精製工場を持ち、地域一帯を私設軍隊で完全支配している軍閥のトップでもあった。
そしてアルカイダからタリバンに乗り換え、粗野で狂暴な性格からアフガンの悪魔と呼ばれていた。
逆らう者は残虐な拷問の末に自ら半月刀でズタズタに切り裂き、殺人には全く平気な悪魔のような男である。
しかもアフガンではバチャと言う少年愛...

【続きを読む】


夕方親子①

7文字数: 4279

月曜の夕方、テレビでは誰かが偉そうに
「子供産んだからって母親ってわけじゃないんですよ」
とテーブルを叩かんばかりに熱弁を奮ってました。私はそんな光景をボーっとしながら大して気にも止めずに外を見ました。私の住む三階の窓の外には中央公園が見えて、奥の広場では子供達がサッカーボールを蹴り合ってました。手前には公衆トイレがあって、木々で一応目隠しがしているけど、私の部屋からは残念ながら丸見えでした...

【続きを読む】


ソドム島の美少女・美少年ー2

210文字数: 948

キリバス諸島のラグーン島は南米コロンビアの麻薬王ジルフランコの個人所有別荘になる。
島全体が要塞であり、密林には狼やハイエナなどの恐ろしい肉食猛獣が放され、あちこちに残酷なワナが仕掛けられて、脱走は思いもよりません。
そんな治外法権の支配者フランコは数十億ドルの資産と私設軍隊を持ち、世界中の美女や美少女、美少年を集め、数年に一度のボスたちの会議の余興に使うのだった。
後腐れや国際刑事機構を避...

【続きを読む】


今思い出しても本当に危険だった中1の僕8

130文字数: 1254

自殺サイトで知り合ったお兄さんの別荘の地下室でお兄さん含めた3人の男たちに輪姦されてしまう僕。
3人とも少年が大好き、という変態で、過去にも何度もこうして美少年を拉致監禁して、みんなで輪姦してきたようです。
「良かったら前の少年とのビデオ見るか?」
激しく僕の肛門を犯しながらお兄さんが言います。
お兄さんはこれで三回目、僕は休む暇なく12回お尻を犯され続けています。
男たちは2巡目あたりから...

【続きを読む】


今思い出しても本当に危険だった中1の僕7

140文字数: 1255

自殺サイトからお兄さんとデートになり、楽しくセックスしながら一緒に睡眠薬自殺する約束の僕は、
車に乗ったとたんに気を失って、気付くと山奥の別荘の地下室に大の字に縛られていました。
筋肉質のごつい男たち4人によって全裸にされ、チンチンをしゃぶられて無理やり精通させられました。
そしてとうとう巨根の男にお尻の処女を貫かれ、大量の精液を注がれてしまいました。
縄をほどかれ、浣腸されてトイレ、そして...

【続きを読む】


今思い出しても本当に危険だった中1の僕6

110文字数: 1062

「ウォーっ!」
僕のお尻を犯していた男が突然に叫び、グリグリと巨根を根元までねじり込むと汗びっしょりの裸の僕をギュッと抱きしめます。
一番恐れていた射精が始まりました。
痛みで感覚がなくなったお尻でもはっきりと液体が大量に注がれるのが分かりました。
「ウォッ!ウォッ!」と野卑な叫びをあげながら、跳ね返る巨根を何度も僕の肛門の奥深くねじり込み、精液を撒き散らします。
長い時間が過ぎ、男は「フー...

【続きを読む】


今思い出しても本当に危険だった中1の僕5

130文字数: 999

「嫌っ!嫌っ!止めて!止めて」
僕の拡げれた両足の間に身体を入れた浅黒い毛むくじゃらの男がローターでほぐされ、媚薬で疼く柔らかい肛門に完全勃起した巨根をあてがい、ゆっくりと上下させ、肛門を刺激します。
そして肛門に少し亀頭を食い込ませると拡げた両足から僕の身体に覆い被さり、ばんざいしている僕を抱きしめ、両手で僕の顔を挟み、髪の毛を撫で、そして首に手を回してキスをします。
硬く大きな亀頭は半分...

【続きを読む】