相手の浮気(寝取り)体験談

キーワード「相手の浮気(寝取り)」に関連する体験談です。 母寝取られや、知り合いの人妻38歳人妻パート社員とのセックスに溺れる などの体験談が登録されています。

先輩の彼女に手を出してしまった。

7文字数: 966

自分がバレー部に所属している。バレー部の部長の小松崎先輩がイケメンで頭もよくて運動神経も抜群なので憧れている。小松崎先輩がいるからバレー部に入部したといっても過言ではない。
放課後部活練習にボーっとしていたら先輩のスパイクが後頭部に直撃し保健室行きになった。(実際には女子の胸・お尻を見ていた。)
気が付いて起き上がろうとしたが先生から少し休んでいきなさいと言われベッドで休んでいた。2つあるベ...

【続きを読む】


友人が嫁の太ももを触ったことで始まった、寝取られプレイの新婚生活

2文字数: 5174

昔から、僕は嫉妬深いところがあった。自分の彼女が他の男と話をしているだけで、モヤモヤしたり嫉妬したりしていた。でも、それは普通のことだと思っていたし、気にしたこともあまりなかった。
それが、この前高校の時からの友人が家に遊びに来たとき、ちょっと違う感覚を感じた。友人の明宏は、前から僕の妻の麻美を可愛いとか好みのタイプだと言っていた。僕も、悪い気はしなかった。麻美は自慢の嫁だし、麻美が褒められ...

【続きを読む】


大学の先輩の彼女と

2文字数: 1580

ある日久しぶりに先輩と飲むことになり、先輩が彼女連れて行くと言ってきた
駅前で待ち合わせしてるとやってきた
俺「はじめましてゆうきです」
彼女「私はあいです」
近くの居酒屋に入った、あいがトイレに立つと
先輩「いい女だろう、結婚考えてるだ」
俺「よかったですね、美人だし先輩にお似合いですよ」
先輩をほめまくったから先輩は飲みすぎてダウン、先輩をタクシーに乗せて運転手に住所教えて帰った
あい「...

【続きを読む】


二人目を作ろうと言い始めた嫁の裏垢を見つけてしまって

10文字数: 4306

最近、嫁が綺麗になったなと感じている。昔から整った顔立ちはしていたけど、息子が幼稚園に入るまでの4年位はメイクをする余裕もなかったし、美容室も妊娠前よりは行く間隔が長くなっていたはずだ。
息子が幼稚園に行くようになって以来、いろいろな面で余裕ができてきたみたいで、以前の綺麗な嫁に戻ってきた印象がある。肩甲骨くらいまでの黒い髪もしっかりとカールがかかっていて、メイクもナチュラルな感じながらもし...

【続きを読む】


彼女がいない私の友人に、嫁が手でしてあげると言いだした

5文字数: 4941

『そろそろ良い人見つけないと、あっと言う間に40になっちゃうわよ』
嫁の菜々美が、清に言う。結構酔っ払っている感じだ。
今日は、私の高校の時からの友人、清が遊びに来ている。夕ご飯を食べ終えたので、飲んでいるところだ。息子も寝かしたので、3人でゆっくりと飲みながらたわいもない話を続けていた。
清は、温厚ですごくいい男なんだけど、昔から女っ気がない。ルックスがちょっと間延びしている感じで、うどの...

【続きを読む】


「妾」江戸時代の女性の隠れた人気職業

17文字数: 2015

現代の派遣社員? 江戸時代、女性の隠れた人気職業は「妾」だった!
江戸時代の江戸など大都市圏における、男性の未婚率はなんと5~6割でした。

彼らが「おひとり様」なのは、女性が極めて少なかったから。
男女比は7:3で大半の男性はあぶれてしまったんですね。

江戸時代、とくに大都市圏で未婚率が高いのは、フリーターばかりだから。
世継ぎに受け継がせるべきステイタスや知識・技術がハッキリしてい...

【続きを読む】


なんでも聞いてくれる従順な嫁が、目の前で寝取られてくれました

12文字数: 4568

『でも、本当にするの? どうしてもしないとダメなの?』
妻の玲奈が、困ったような顔で聞いてくる。私は、今日5回目の同じ質問に、黙ってうなずいた。
『それって、どうして見たいの? やっぱり、よくわからないよ』
玲奈は、困った顔で言う。私は、再三繰り返してきた説明をした。玲奈が、他の男性に抱かれる姿を見たい。最初に打ち明けたときは、玲奈は笑った。冗談だと思ったようだ。でも、真剣に話をする私に、ポ...

【続きを読む】


嫁が元彼とかなり過激なセックスを経験していた

9文字数: 4164

『えぇ~? ナイショだよ』
妻の結衣は、恥ずかしそうな顔で答えた。いつもの夕食の後のまったりした時間で、テレビバラエティ番組が元彼との対面企画みたいな事をしているのを見て、俺が結衣に元彼のことを聞いた流れだ。
「どうして? 聞かせてよ」
俺は、ナイショにされて余計に気になってしまった。考えてみれば、俺の方は元カノの話を結衣に詳しく聞かれていたが、俺は結衣の元彼の話を聞いたことはなかった。
も...

【続きを読む】


社長にも勝ち乗っ取るぞ!

1文字数: 2308

寿司職人としては異色かもしれない40を超えたワルで独身を謳歌している武雄です。
そろそろ大人しく年貢の納め時と自認している。
進学高校で親しかった友人敏樹は羽振りが良く父親は数店舗の寿司屋を経営する社長で母親は継母で小学生の子を持つ鈴木京香似の清楚な感じの一回り年上の美熟女真紀と暮らしていた。
いろいろな生き方もあると進学せず調理師学校を経て敏樹の寿司屋に世話になった。
新人で鍛えられながら...

【続きを読む】


コロナのせいで追い詰められた僕ら夫婦を、大家さんが助けてくれた

2文字数: 4215

コロナのせいで、いきなり嫁は仕事がなくなってしまったし、僕の給料も半分近くまで下がってしまった。嫁の美優は、イタリアンレストランで料理を作っていた。シェフというわけではなくあくまでパートだが、料理はかなりの腕前なのでそれなりに任されていたみたいだ。
ただ、長引く宣言や規制のせいで、お店自体が潰れてしまった……。すぐに転職を考えたが、なかなか見つからない。僕自身も仕事が激減し、給料が半分くらい...

【続きを読む】


嫁とデートしたがる友人に、1回だけの約束でデートさせた結果

6文字数: 4445

「そう言えば、また謙也に言われたよ。いおりとデートさせてくれって」
私は、食事中に妻のいおりにそんな話をした。
『え? 謙也さん、また言ったの? ホント、物好きね』
いおりは、優しく微笑みながら言う。ベビーベッドの中の息子が寝たので、そんな会話を始めた。大学の時からの付き合いの謙也はなぜかいおりのことをすごく気に入っていて、私に会うたびにデートさせろと言ってくる。
冗談だとは思うけど、あまり...

【続きを読む】


嫁に、会社の後輩がシリコンリングを入れたと言ったら興味を持ってしまった

14文字数: 3793

「え? シリコンリングって、あのチンポに入れるヤツか?」
私は、部下の正和の発言に驚いて聞いてしまった。
「そうですよ。っていうか、他にありますか?」
正和は、笑いながら言う。相変わらず、食えない男という感じだ。私は、常に女に囲まれているような感じのモテ男の彼が、そんなものの力を借りるのがよくわからなかった。なんでそんなものをつけたのかと聞いたら、
「なんか、格好よくないですか? 改造チンポ...

【続きを読む】


嫁が昔、カップル喫茶に行ったことがあると言ってきた

8文字数: 3331

『行ったことあるって言ったら、どうする?』
妻の優理子が、イタズラをする子供のような顔で言う。俺は、まさかの言葉に驚いて黙ってしまった。
『なに真に受けてんの。冗談に決まってるでしょ』
優理子は、そんな風に言った。俺は、ホッとしながらも少しだけがっかりしたような気持ちになった。カップル喫茶に行った話を会社の同僚に聞き、優理子に話をした。興味深そうに聞いていた妻は、急にさっきみたいなことを言い...

【続きを読む】


柿の木問答「あんたとこに柿の木あるの」

32文字数: 2005

■おおらかだった日本の性

見込み通りの大当たり。赤松啓介は面白い。

柿の木問答。

「あんたとこに柿の木あるの」「ハイ、あります」「よう実がなりますか」「ハイ、ようなります」「わたしが上がって、ちぎってもよろしいか」「ハイ、どうぞちぎってください」「そんならちぎらしてもらいます」

これは後家や近所の主婦が、13か15歳くらいの童貞の子供に性の手ほどきをする際の儀式であったらしい...

【続きを読む】


嫁が俺の親友の人妻寝取り話を聞いて、俺を煽るようになってきた

12文字数: 4530

「こんばんは。これ、手土産」
友人のヒロが、ワインボトルを片手に訪ねてきた。
『こんばんは。いつもありがとうございます。今日は、たくさん食べてくださいね』
エプロン姿の妻の奈々子が、笑顔でヒロを出迎える。こんな風に、週末にヒロが遊びに来るようになってもう半年くらい経つ。
高校からの同級生で、大学も一緒だった彼とはかなりよく遊んでいた。でも、2年前に俺が結婚してからは、少し疎遠になっていた。独...

【続きを読む】