小説風体験談

キーワード「小説風」に関連する体験談です。 彼と温泉エッチ旅行や、美人な友人の母高慢女上司の災難 などの体験談が登録されています。

夏座敷と老人の想い出

81文字数: 550

蝉時雨の中、君が撒いた打ち水。
「あっ!ごめんなさい…」
思いかけない君との出会い そして恋に落ちた。
青い空が眩しく、白い雲が流れてた。
薫風の中、君と歩き、涼風の中、君を抱いた。
開け放たれた窓々はまるで夏座敷、明かりを落とし君を愛撫した。
君の肌が色めき立つのが暗闇にも分かった。
君の茂みは湿り気を絶やさず、花弁を割れば蜜が溢れた。
花芯を撫でれば、君の吐息が艶かしかった...

【続きを読む】


今思い出しても本当に危険だった中1の僕2

160文字数: 1302

自殺願望だった中学1年の夏、自殺サイトで知り合ったお兄さんと素敵な快楽の中に自殺する、と言うちょっとワクワクする誘いに乗って、お兄さんの別荘に連れて行かれ、頑丈な鉄のベッドに大の字に縛られ、お兄さんともう一人の男になぶられます。
そしてハサミでいよいよパンツを切り裂かれ、おチンチンをさらされる事になりました。
一人の男が激しくキスし、僕の舌をきつく吸い込みながら「僕はもう精液でるのかな?」
...

【続きを読む】


今思い出しても本当に危険だった中1の僕1

130文字数: 1601

僕が中学1年の夏、母子家庭で成績も悪く、居場所のなかった僕は、本気で自殺を考えた。
自分一人で死ぬのも怖く、ネットで調べていたら、自殺幇助、とか一緒に死のうとかのいくつかのサイトがあり、毎日ぼんやりそうしたサイトを眺めるようになった。
ある日「一緒に素敵な別世界にスリップ」と新しい書き込みがあり、ちょっとワクワクして僕の身の上話を書き込みました。
すぐに折り返しがあり、優しい文面で色々アドバ...

【続きを読む】


正義の味方 ふたたび

4文字数: 2753

薄いピンクのスーツ姿の女が玄関先に立って
「日本銀行協会の方から参りました。先日特殊詐欺に遭われたと言う事で御見舞申し上げます。そこで詐欺に使われた口座とキャシュカードの暗証番号の変更をお勧め致します。カードをお預かりしまして、現在の暗証番号をお教え願えればと・・・」
「おい、何やってる?」
二人の警察官が女の腕を取る
「ヒッ!!」
「詐欺容疑で現行犯逮捕する!時刻は?」
「13時35分で...

【続きを読む】


子供会 ⑤ファイナル

10文字数: 4649

「さて、次はどうしようかな?選択権は・・・」
お湯の中にでお兄さんはお姉ちゃんのマンコをいじってる。
「ンッン···私、ケイちゃんがいいな」
ケイコは少しビックリした表情をした。
「え?!私?」
「女の子同士だけの気持ちいい事しよ?」
「・・・はい」
名残りおしそうにお兄さんの手をどけて、ケイコの手を引いて湯船から出る。
「チカはね~、お兄ちゃん!!」
「え、いつもヤッてるじゃん」
「みん...

【続きを読む】


子供会 第4周回

12文字数: 4495

午前授業が終わって家に帰る。
「『男をみせる』か・・・ここ2週間全然男らしくなかった。特に前半の1週間はただ粋がってるだけの最低野郎だった。
『僕は男を見せたい・・・』
僕は引き出しにしまったばかりのオジサンからもらった袋の1つを開けた。黒いカプセルが2錠入ってた。思い切って麦茶と一緒に飲み込んだ。オジサンありがとう。すぐに必要になったよ。
玄関に集合するとお父さんが
「今日は夜8時まで会合...

【続きを読む】


子供会 3巡目

8文字数: 3147

あれからずっとイライラしっぱなしだった僕は毎晩『憂さ』をアキに怒りやらその他を吐き出すけど全然晴れない。
今夜も僕はベッドで大の字になり、手を頭の下に組み天井を見上げてる。僕の足の間に体を入れたアキにフェラさせる。
「兄ちゃん、あごが疲れたよ~」
「うるさいな。それならマンコ使えよ」
アキを上にして腰を振らせる
「おいアキ、ケンジと兄ちゃんどっちがいい?」
「ッ!わかんないよう!!アッアッ...

【続きを読む】


大1の僕の小6の彼女③

9文字数: 1473

「へー」と言いながら興味深く見ている前で徐にコンドームを装着した。
中断していた状態から再び美優に念入りにクンニした。
僕も興奮して美優に突入した。
さっきの何倍も大きな声で喘ぎ出し、何回も逝った。
自分は意外と長持ちして昨日のように一緒に逝った。
落ち着いてからコンドームを見せてやった。
「スゴーイ!精子が溜まってるよ」
とマジマジ見ていた。
「諒ちゃん、これちょうだい」
「え?なんで?」...

【続きを読む】


つむぎの小説

30文字数: 225

私はショタコンだ。
あのつぶらな瞳やさらさらな髪…さらには…ああ、いけない、いけない
話がそれてしまった。
私には弟がいる。
それも小学生三年生、ショタなのだ…
これは… オナニーを覚えさせるしかないっ!
廉~!一緒に遊ぼ、おいで!
『なにするの?おねーたん』
ずっきゅん…💕
スボン脱いで?
『ぇっ…?』
遊ぶには必要なの!
『分かった!』
私はおちんちんをさわる…
『あんっ…気持ちっ』
し...

【続きを読む】


悲しい性①

201文字数: 4344

どうしたのだろう?
ここはどこ?
何であたし・・裸?
目が覚めた、段々はっきりしていく、あたし・・そうだ、あの人達。
あたしには男の子がいる、可愛い3歳、そして・・夫、あたしより
2個上、そう、あたしは30歳の主婦。
3人で仲良く暮らしていました、あの時まで・・あれは半年前、夫が
親から引き継いでいた会社が倒産、残ったのは借金。
従業員さんには何とか退職金を払い終えました、私達夫婦に残ったの...

【続きを読む】


合コンで出会った京子

1文字数: 2090

大学の時、合コンで参加、2次会でカラオケへ
俺のほか3人がいて三人とも女の子と仲良くなり抜けて、俺と京子だけになった
歌いまくって3時間くらいしてカラオケ出た
俺「よかったらごはんでもどうですか、何かお腹空いちゃって」
京子「じゃあ家に来ませんか、近くなんですよ」
俺「いいですか」
京子「はーい」
途中で買い物して京子のマンションへ
京子「ただいま」
子「ママお帰り」
突然女の子が出てきた
...

【続きを読む】


    お風呂で気絶

    482文字数: 1445

    これはオレが高校生の時のはなし。
    うちの近所はやたら仲が良かった。まぁ、田舎だし親戚だらけだし近所も親戚みたいなもんだって感じ。
    ある日、そんな近所の家数軒で二泊三日の旅行に行った。親達は温泉入って酒飲んでドンチャン騒ぎ。
    高校生のオレは子供たちのお世話係。子供はJS二人JC一人。オレ。みんな妹みたいな知り合いだけど微妙なお年頃なのか女の子は女の子達で固まっておしゃべりしている。オレは構わず...

    【続きを読む】


    密林美少年たちのセックス①

    240文字数: 1023

    「シーッ、静かに」
    薄暗いジャングルの密林に数人の黒人兵士と荷駄の列が通ります。
    密林の椰子の陰に数人の少年が潜んでいます。
    龍王少年団、この密林を支配する悪魔残虐ズール帝国によって虐殺され、皆殺しにされた部族の子どもたちの数人が脱出し、この帝国に挑戦しているのです。
    今彼らが狙うのは帝国への貢ぎ物の隊商で、数百の財宝が運ばれているのです。
    やがて先頭の黒人隊長が気配を感じ、行軍を止めます。...

    【続きを読む】


    得意先の未婚女性と知り合ってから、まだ続く長い不倫関係の告白ー3 完

    101文字数: 1028

    未婚女性25才と40才既婚の私が知り合って深い仲になり、もう50才と65才になって25年間も不倫関係が続いている。
    得意先に勤務していた彼女はその後に結婚退職し、新婚時代の一年間は会わなかったが、出産後に半日のパートに出る事で私との性的不倫関係が復活してまだ続いている。
    お互いに心も肉体も相性が良いのと、秘密が漏れないような行動が続く理由だと思っている。
    性経験が少なかった彼女は、既婚者の優...

    【続きを読む】


    私の性的体験記(11)社会人‐小学校の運動会

    7文字数: 2627

    毎年9月の最終日曜日には娘が通っていた小学校の運動会があった。この日だけは大勢の父兄が駆け付け非常な賑わいである。当然トイレの利用者は多い。学校のことで当然のことながら男女別のトイレである。ところが1っか所だけ、これは普段はあまり使われていそうもない校舎の外れの位置にあるトイレであり、上履きに履き替える必要がない上に、男女兼用で、父兄に公開されていた。つまり誰にも怪しまれることなく出入りがで...

    【続きを読む】