ショタ体験談

キーワード「ショタ」に関連する体験談です。 プール男や、妻が調教されてた相手は小学生の男の子……私の部屋でフェラやエッチなこと などの体験談が登録されています。

少年野球チームの送迎で預かった男の子を犯して、性奴隷にした話し

8文字数: 2438

俺はリョウ、27才、アルバイトでバーテンをしている。
従って夜の仕事になり、昼間は寝ている。
ある日従姉から電話で従姉の息子の野球チームの送迎を頼まれた。
買ったばかりの俺の新車がトヨタのノアと知っていて、子どもたち6~7人を載せて自宅まで送迎して欲しい、との依頼でした。
正直昼間だし、眠いし、あまり親戚付き合いや近所付き合いもしたくない俺だが、この従姉にはちょっと金を借りていて頭が上がらな...

【続きを読む】


みたらロリ映画だった

224文字数: 633

今から15年ほど前、フランスのとんでもない映画を見てしまった。
タイトルは「Demi-Tarif」日本では未公開の映画だ。
監督はイジルド・ル・ベスコ。フランスの女優で彼女の出演作品が日本でも何作か公開されている。
Demi-Tarifは彼女の処女作でもある。

あらすじから各々父親が違う兄妹とか母が帰ってこず子供だけで生活してるとかフランス版「誰も知らない」かなと思い内容も暗いだろうなと...

【続きを読む】


ショタ調教

10文字数: 91

私はやられた側ではなくてやった側なのですが昔数えキレないないくらいの調教をしていました。投稿できない内容が多数含まれているので興味がある方はカカオ迄お越しくださいID1942mkmt


従弟の小学6年の男の子と散歩

24文字数: 1800

高校2年の春だった、下校してそのまま
従弟の、小学6年の男の子と一緒に
近くの細い林道を散歩してて
うっかりしてた私
しょうがない、トイレは我慢
従弟がズボンとパンツを下げて、立ちション始めた
私がおチンチン見ても平気、おしっこ飛ばしてる
私もここで、いいよねって、決心
その場で、両足を少し開いて
恥ずかしくない、恥ずかしくない
紺色のセーラー服のスカートを、一気にまくり上げて
下着は純白だ...

【続きを読む】


異性として見られているよ

17文字数: 382

今まで女湯の中で見かけた男の子たち
周りの女性たちから異性として見られている
全裸ストリッパー状態になっている、というのがほとんど
ちんちん見るときってチラっと見るのではなく、ジィ~っと見る
普段は「キャー」とか言ってるくせに、女湯ではここぞとばかりにしっかり見る
好奇の目が注がれるのは仕方がないことだよね
中には勃起している男の子もいたよ
近所の男の子が、お母さんと一緒にお風呂に来た時
お...

【続きを読む】


お隣の元ヤンの若妻は、意外に経験が少なかった

7文字数: 4489

僕は大学3年生で、一人暮らしを始めて3年経つ。実家がそれほど裕福ではないので、住んでいるアパートもけっこうボロい。
でも、それはそれで良いこともあって、隣の部屋の夫婦の夜の運動会の声がよく聞こえてくる。隣に住んでいるのは、若い夫婦だ。1年くらい前から入居している。
旦那さんは職人さんで、朝早くからハイエースでどこかに行く。奥さんは、ちょっとギャルっぽい感じの若い女性で、元ヤンなのかな? ...

【続きを読む】


男の子なのに男たちに拉致監禁されて輪姦された話3

8文字数: 1269

地下室のマットに僕たち3人は全裸にされ、10人の男色男たちに輪姦されてしまいます。
3人とも都内の中学一年生、
中肉中背中で、色白、二重まぶたで女の子みたいな「まさる」。
筋肉がそこそこ付いたスポーツ万能の日焼け少年の「レン」
そして僕は「しょう」です。
なぜ男たちが僕に4人集まったかというと僕のチンチンがかなり大きく立派だったから、と後から聞いたのです。
僕は可愛いい系に見えて、小学校の時...

【続きを読む】


男の子なのに男たちに拉致監禁されて輪姦された話し2

14文字数: 2012

富士山のふもとの湖にキャンプに行った僕たちが非常に怖くて悔しい目にあった体験をお話します。
台風でキャンプ場が閉鎖され、代わりに別荘で遊ぼう、と女性に誘われ、到着した別荘で飲んだカルピスに睡眠薬が入っていたようで、気付いたら地下室でホモの異様な男たちに襲われたのです。
地下室のマットに僕たち3人は全裸にされ、薬を飲んだり、恥ずかしい所に注射されたりして身体を変にされました。
男たちに素っ裸に...

【続きを読む】


男の子なのに男たちに拉致監禁されて輪姦された話し1

13文字数: 2277

僕が中学1年の夏休みの時の恐ろしい話しです。
夏休みに、クラスの仲間と3人でキャンプに行きました。
富士山の見える湖のキャンプ場に到着しましたがあいにく台風が来るとかでキャンプ場は閉鎖でした。
「チェッ、つまんない」
電車とバスで乗り継いできた俺たちは重いリュックを担いでまた帰途につきます。
途中黒の大型ワゴン車がすれ違います。
道が狭いので脇に避け、また歩き出すと呼び声がします。
見るとワ...

【続きを読む】


猛烈な雷雨に避難したワンルームの部下の女の子は処女だった3

25文字数: 1484

暗くした窓がビンク色に光り、バリバリと轟音が響く中で新入社員の池下の処女を貫通しました。
涙顔で俺の両手を掴み、歯をくいしばって我慢する池下にたまらない欲情をそそられながら自慢の巨根で根元まで完全貫通しました。
「よく頑張ったね、池下は完全に女になったよ、おめでとう」
多分下腹部の激痛からと思うが、涙を流し無言でうなづくばかり、
ちょっと身体を起こして半分抜いたチンチンを見ると真っ赤になって...

【続きを読む】


猛烈な雷雨に避難したワンルームの部下の女の子は処女だった2

24文字数: 1981

ある夏の日、記録的な雷雨の夜に可愛い女の子のワンルームの部屋に緊急避難で入れてもらいました。
シャツやズボンは脱いで乾かし、パンツ一枚になり、バスタオルを身体に巻いて一息つきました。
窓から激しい雷光と地響きする音、いつまでも止みそうにありません。
女の子一人暮らしのワンルームは6畳で半分はベッドになります。
小さな机に二人並び、お茶を飲みながら話しします。
俺はクリエイティブデザイナー、2...

【続きを読む】


夕方親子③

10文字数: 3015

御無沙汰しております。
覚えてる方も少ないでしょうが、私が『ヒカル』を初めて迎えてから色々ありましたので書かせていただきます。
あれからヒカルは毎日の様に私を求めて来ました。それが『母である私の務め』と思い、ヒカルのさせたいように私の身体を差し出しました。
「ママ、ママのおマンコぐちゅぐちゅだよ」
水音を立てて私の中を指でかき回します。
「アッ!!ンッ!そんなやらしい事言わないで!!」
「ボ...

【続きを読む】


田舎 ⑦

12文字数: 2395

月曜日。早速、タケシが紙袋にかなりの量のコンドームを学校にもって来てくれた。
「テキトーに2回つかんだ分を持ってきた。何だか年末のつかみどりみたいで面白かったよ(笑)」
「タケシ、ありがとう」
「兄貴は『いつでも呼んでくれ』って(笑)』
これで『最強アイテム』は手に入った。
さっそくサチをさそってみる。だけど小声で
「一昨日終わったばかりだから多分大丈夫」
と耳打ちした。うれしさ80%ガッカ...

【続きを読む】


田舎 ⑥

14文字数: 3470

あれから僕とサチは『二匹のエロザル』になった。
二人っきりになれば『ヤるのが当然』って感じでお互いを求めた。
サチの家、僕の家、ひみつ基地、廃屋・・・場所なんてどこでもよかった。ただ『自分を開放させたサチの声』が大きいからそれだけは気を付けてた。
いつも決まってサチの『一番深いところ』に出していた。サチも『もっと深く』と出される時は両足で僕の身体を抱え込んだ。
「この間さ、帰りに歩いてたら太...

【続きを読む】


田舎 ⑤

18文字数: 4373

「コンコン」
小さなノックの音で僕はゆっくりとドアを開けたらマキが浴衣姿で立ってた。
「こんばんわ~あれ?タケシは?」
「タケシに伝えると面倒な事になりそうだから言わなかった。んで、今はあんな感じ」
指した向こうにタケシが座卓に突っ伏して寝ている。
「ん、正解(笑)」
するとドアを大きく開けてサチが入るなり、タケシの頭をいきなりどついた。
「オイコラ!!寝てんじゃねぇよ!!」
だいぶ様子がお...

【続きを読む】