年上体験談

キーワード「年上」に関連する体験談です。 堅物な義理の姉(由美子)や、駐車場で草むしりをしてたおばちゃん友達のお母さん などの体験談が登録されています。

還暦の姉①

70文字数: 1868

ここのサイトを見つけ、皆さんも色々な経験をお持ちなのだと思い、墓場まで持って行こうと思っていた私の経験を書く機会に出会いました。
誰かに知って貰いたい気持ちと、秘密にしていたい気持ちが半々です。
長文になりますが、お読み頂ければ気分が楽になりそうです。

私には異父の15歳上の姉がいました(過去形なのは亡くなっているからです)。
姉、ちょっとスレンダーな美形に属する10歳ほどは若く...

【続きを読む】


中出しは気持ちいい

30文字数: 605

SNSで知り合った主婦とラブホでセックスする事になった。俺37歳で彼女は47歳。彼女は57歳の夫とセックスレス。娘二人は高卒後就職して家を出たという。俺の様な年増とヤリたい複数の年下男とSNSで知り合ってはセックスをしているとの事。服を脱ぐと意外にナイスバディ。豹柄の小さいパンティーがエロい。入浴しお互いの性器を洗う。浴槽の中で後ろから抱きすくめて乳房を揉みしだき、マンコに指を挿れてクリトリ...

【続きを読む】


青春の延長戦

1文字数: 1157

祖母方の遠い親戚に幼少のころから世話になった兄妹がいる
もう昔の話なので差し支えない範囲でお話ししたいのですが
その祖母が亡くなったのは十年以上前ですし葬儀の時に兄妹で見えられて以来消息も聞きません
ですから思い当たる節があってもどうかスルーでお願いします
大学受験のため上京するにあたって宿泊先に祖母方の遠い親戚で年齢的には一つ上で都内の大学に通う千恵美さんのアパートを借りようという話が出た...

【続きを読む】


    一緒にお風呂にはいろっか?

    8文字数: 5032

    僕の家は親が離婚して僕とお父さんと二人暮しでした。
    僕が中学生になってすぐのことでした。
    父の兄、僕から見て叔父さんが事故で亡くなりました。
    その叔父さんは高校生の娘と二人暮しでした。
    僕から見て、いとこのお姉ちゃんで、僕が生まれた頃から良くしてくれていました。
    叔父が亡くなって身寄りがないので、姉ちゃんはしばらく僕のうちに住むことになりました。
    僕は姉ちゃんと一緒に住めることは嬉しかったの...

    【続きを読む】


    N君の大暴露~②

    2文字数: 2918

    N君のエロエロプロジェクトのお話は終わりましたが
    彼が隠していた真実が次々と明らかに~
    あれから15年近くたって今また驚愕であります。
    数日前N君に聞いた話~
    -N君の暴露-
    私、気怠くなりました。
    でもここでこんな事になってる位だからもっとあるだろうと思い
    「他にもありそうだよね、この際全部教えてよ」と・・・・・
    出るは出るは~~仰天告白!!
    最初のNエロプロの後、妻とN君は私の留守中に
    ...

    【続きを読む】


    夜、一人でさまよっていた女性

    12文字数: 4307

    夜は寒いのに
    一人で女性が フラリと散歩してて

    翌日も夜に見かけ

    その次の夜にも見かけ
    手には何も持っていないし、コンビにでの買い物でもなく
    ただの散歩のようだけど、フラリしているし、まだ50歳前後の女性で、呆けているでもないし

    路地で正面からお互いに向かい合って接近して
    マンションの前で止まって様子を伺い
    頭を下げたら、女性も頭を下げたので 挨拶「こんばんわ」 ...

    【続きを読む】


    友達のお母さん

    5文字数: 948

    中3の時に同級生の家に遊びに行った日の事だ。T君の家は近所でよく行ったが、彼は高校生のお兄さんとバンドをやっていて練習の為に留守がちで、俺はよく彼の部屋で少し待たせて貰うのだった。早めに行くのには理由が有った。彼の母親が自宅に増築したプレハブ棟でヨガ教室をしており、その母親と近隣の女性達のレオタード姿を覗いてオナネタにする目的だった。昔の日本(バブル直後くらい迄)ではヨガや健康体操系の行為を...

    【続きを読む】


    ショタコンナース

    7文字数: 953

    小4の夏休みに結膜炎になり、眼科へ通っていた。眼科の先生が処置してくれている時に、ヘンな事に気が付いた。後ろに立っている看護婦さんが僕の肩に手を乗せて、背中に密着させた下半身をグイグイと押し付けてくるのだ。え!なんで?俺小学生のガキだぜ!大人の女の人が男子小学生にエロい事するのか?当時はまだショタコンという単語すら無い時代。看護婦さんは30才程度のパーマ頭で一重瞼の綺麗な女性。小柄だがスタイ...

    【続きを読む】


    昔の隠語「後ろの家行ってくる」(未亡人と一発)

    4文字数: 514

    昔は後家さんってのが居てね、今も未亡人って意味で使うけど昔は「後ろの家行ってくる」と言うと
    「後家さんに一発させてもらってくる」って意味の隠語だった。

    後家ってのは個人営業の売春宿みたいなもんで、大抵は亭主と死別した中年女性がやっていた。
    農村や漁村では亭主に死なれてしまうと経済的に困るし女盛りだと身体をもてあます。
    そこで金銭又は食料と引き換えに身体を提供する事で生計を立てていたわけだ...

    【続きを読む】


    「どこにでもあるもの」

    5文字数: 409

    どこにでもあるものだね。

    もう死滅したと思われていた、日本の性民俗は、やはり残っているわけだね。
    私の田舎でも、そんな風習が残っているよ。
    15歳になった男の子が、春の連休の時に神社の社務所に集まって、
    全員でお払いを受けた後、その社前で籤を引く。
    田舎の各在所の公民館に、その在所の25歳から39歳までの女が集まっていて、
    男の子は自分のひいた籤で指定された公民館に行く、
    そこで白装束で...

    【続きを読む】


    隣に住んでたスナックのママに突然キスされて

    28文字数: 3195

    19歳の時、アパートに住んでいた。
    隣人は、バツイチ子持ちの三十路熟女が住んでいた。
    名前はアケミ。
    当時学生だったオレが夏休みで部屋でゴロゴロしてると、激しく玄関を叩く音と子供の泣き叫ぶ声が。
    急いで玄関を開けると隣の子供が真っ青な顔して、「お母さんが倒れた!助けてお兄ちゃん!」と泣きながら訴えてきた。
    隣の部屋に見に行くとアケミが台所で倒れていた。
    とりあえず救急車を呼び、病院に子供を連...

    【続きを読む】


    駐車場で草むしりをしてたおばちゃん

    15文字数: 5375

    この間の連休の出来事。
    マンションの管理人でもないのに、駐車場の草むしりをしてるおばちゃんがいた。
    怪しんで「暑いですね」と声を掛けると下の階の住人でした。
    普段顔を合わしたことのない人だったので、面識がなく挨拶して初めて互いに住人同士だと気が付いた。
    「大丈夫ですか?日差しも強いですし・・・うち、二階なんで蚊が飛んでくるんですよ~ここボサボサでしょう?」とか話してると、おばちゃんは手を止め...

    【続きを読む】


    中2の夏、アスリートお姉さんの手ほどき。

    20文字数: 22139

    今は昔、俺、タカシの少年時代の筆下ろしの体験談について語らせていただきます。
    俺は幼稚園の頃の担任だったK子先生と卒園後も親しく、先生の妹のヒロミちゃんとも仲良しだった。
    そのヒロミちゃんとの話だ。
    スポーツ万能の彼女は俺より十五歳年上で水泳のインストラクターをしており、中学、高校、短大と競泳選手で、インターハイでは平泳ぎで優勝した実績を持ち、当時はほとんど知られていなかった水球も得意だ...

    【続きを読む】


    【エロガキ】小4の頃、超可愛いJKを騙して公園の茂みでレイプした話

    7文字数: 7638

    これは確か、小学4年生の頃の出来事だ。
    俺は当時かなりデブで、この歳にして既に50kg近くもあった。
    身長の方は、せいぜい平均より少し高めくらいだったが。
    おまけに風呂にもほとんど入らず、歯磨きもしないから酷い体臭だったらしく(自分では気付かなかったが)、クラスメイトからは汚物のような扱いを受けていた。
    そんなある日の朝。
    通学班の集合場所に行ったが、誰もいない。
    少し寝坊をしたからか、メン...

    【続きを読む】


    【エロガキ】キモデブな3歳児の甥が、電車内で見かけた可愛い就活中の女子大生に興奮・欲情していた話【視姦】

    2文字数: 3293

    数年前、3歳児の甥(ダイゴロウ)が遊びに来たときの話。
    そのダイゴロウは、かなりの不細工で肥満体型。おまけに風呂にあまり入っていないのか、体臭も酷かった。
    だから俺は正直ダイゴロウのことが嫌いで、気持ち悪いと思っていた。
    だが、嫌いだからといって、こんな幼い子供を放置しておくわけにもいかず、俺は仕方なくダイゴロウを連れて外へ出かけることにした。
    地元の駅から2駅先の大きな街に行くため、俺はダ...

    【続きを読む】