女同士、 アナル 体験談

女先輩のお尻を愛撫

0文字数: 1149

偶然駅でOL時代に勤めてた1つ年上女先輩の智子さんとすれ違うも一瞬お互い目が合うも直ぐに目を逸らされそのまま素通り。
私は1度だけ智子先輩をレズった過去がありました
当時お互い彼氏がいて恋バナで盛り上がる間柄、体育会系女子と共通点も多い2人でした
智子先輩は水泳部出身でスタイル良く特に美尻に惹かれました(笑)
もともと私はバイ気質だったので隙あらばとは考えてましたね
というか女性との性行為経...

【続きを読む】


いけにえに捧げられた処女娘と人食い鬼

3文字数: 1375

春だと言うのに、激しい日照りと熱風、この地域一帯は恐ろしい灼熱地獄に襲われました。
「神さまがお怒りじゃ、恐ろしい祟りが来ておるのだ、若いいけにえを求めておられるわ、若い処女と童貞を捧げてお怒りを鎮めるのだ」
村の長老たちが雇った祈祷師の老婆が叫びました。
「いけにえを身体を清めてから山の上の洞窟にはりつけにしたらお怒りは鎮まるのだ」
村人たちはざわざわと騒ぎました。そのようなふさわしい美し...

【続きを読む】


部長の奥さんが乱交していた

10文字数: 2299

「おい。今日もAは無断欠勤か。」
部長が怒り声で言った。元から強面な故、余計に怖く見える。
「本当に困ったものだ。」
社長もため息をつく。
「田中君。B君。見に行ってくれないか。」
「あ、はい。」
俺は嬉しかった。今は研修期間だが仕事がまわってこない。研修といっても自習という形でプログラム言語の本を読みながら、統合開発環境で動作を確認するだけだ。正直、飽きていた。
AとBは俺と同期。2人共イ...

【続きを読む】


雌たらしと呼ばれた空き巣の話

100文字数: 657

「奥さん。そんなデカイ声を出すと、旦那に聞こえるぞ!」
「おおん!だって、アナルフィストファック気持ち良いから、声が出ちゃう!おおん!おおん!」
俺は、自分の腕を肘までゆっくりと、まんぐりがえしをした人妻翔子のケツの穴に入れる。そして、翔子の恥丘を舐める。恥丘には、
「淫乱熟女」
との淫字タトゥーが実にいやらしくテカッている。
翔子の眼は危ない薬をやっていますとばかりに、いっていて時折白眼を...

【続きを読む】


今思い出しても本当に危険だった中1の僕8

160文字数: 1254

自殺サイトで知り合ったお兄さんの別荘の地下室でお兄さん含めた3人の男たちに輪姦されてしまう僕。
3人とも少年が大好き、という変態で、過去にも何度もこうして美少年を拉致監禁して、みんなで輪姦してきたようです。
「良かったら前の少年とのビデオ見るか?」
激しく僕の肛門を犯しながらお兄さんが言います。
お兄さんはこれで三回目、僕は休む暇なく12回お尻を犯され続けています。
男たちは2巡目あたりから...

【続きを読む】


妻が乱交、入れ墨、性器ピアス、拡張をしていた件

427文字数: 813

自慢ではありませんが、僕には美しい妻がいます。9歳年下41歳です。前の妻と別れた後、マッチングアプリで知り合いました。
5年間、平和な結婚生活が続いていたのですが、突如として終わりを迎えました。その日は、訳があって会社から早退しました。家に着くと、庭から何やら声がします。
「おおん!おおん!若チンポいいわあ!ああ!もう1本入れてえん!」
「奥さんがっつくねえ。そんな淫乱な奥さんのために、タト...

【続きを読む】


人妻との変態乱交体験

10文字数: 2614

最近、僕と似たような経験をしている人達がこのサイトに投稿しているようなので、僕も体験談を書くことにします。
「お前、もうすぐ誕生日だったよな。」
「あっああ。そうだな。」
「とっておきの誕生日プレゼントをしてやろうか。」
「え?」
「いやあ。ある人妻と乱交しているんだが、エゲツない程エロくてねえ。お前に経験してやりたいんだよ。」
「あっああ。」
「今度の金曜だ。よろしく。」
僕は高校の同級生...

【続きを読む】


私が変態便器に堕ちたきっかけ

130文字数: 7358

38歳のふしだら人妻です。夫は私の変わり果てた身体を承知で結婚してくれました。
ーまあ過去のことだから
しかし、歳を取り、ますます淫乱になった私は毎日乱交を繰り返しています。
そんな私が堕ち始めたのは、高校1年の時です。
当時、私は1年上の先輩と付き合っていたのですが、セックスがだんだんとマンネリ化し、苦痛になっていきました。そこで、彼が新しいプレイを提案してきたのです。
「イケメン達に痴漢...

【続きを読む】