芸能人体験談

キーワード「芸能人」に関連する体験談です。 小学生のおまんこに本当に挿入した俺や、肉体労働に従事する女性の究極の姿 などの体験談が登録されています。

肉体労働に従事する女性の究極の姿

12文字数: 1938

女性が従事する肉体労働の究極の姿は、全裸での海女漁だというのが私の長年の主張だ。
労働に対する最大の効率と成果を追求する為、羞恥心も捨て去り、一糸まとわぬその身のすべてを晒す。
その気高い姿こそ、真のプロフェッショナル。

3箇所の地域の裸海女、実際、最も全裸海女に近かったのはどこの海女だろう?との考察だが。

これは圧倒的に舳倉島の海女だ。
これに関しては異論の余地がない。
私の知る限...

【続きを読む】


高垣楓と少年(4)

20文字数: 48034

窓の外は白み、部屋の中が明るくなっている。いつの間にか夜が開けていた。
少年は泣き枯らし眠りに堕ちていた。パンツの中はまだ乾ききっていないねっとりとしたもので溢れ気持ち悪い。その気持ち悪さが昨夜の悪夢を蘇らせてくる。
「楓は」
少年は薄っすらと開けた襖の向こうを覗き込んでいた。楓の身体を押しつぶすように、商家の倅がでっぷりと脂肪纏った身体を押し付け、腰を必死に振っている。
「すごい。楓のまん...

【続きを読む】


高垣楓と少年(3)

20文字数: 37112

左目の下には泣きぼくろがある、くりっとした暗色の蒼と深緑のオッドアイの瞳が涼やかに見下ろし、ふっくらとした桜色の唇が愉しげに笑いかけてくる。
ふわりと膨らんだ柔らかな鶯色のボブ・ショートの毛先が、踊るようにふわりと舞う。慎ましいながらも、小さいお椀の様にふっくらと丸い、形がとても綺麗な二つの膨らみが、とん、とん。
と弾み踊り、膨らみの頂点で膨らみを可愛らしく彩る、桃の花を思わせる淡い赤い色の...

【続きを読む】


高垣楓と少年(2)

30文字数: 64414

少年があの日、トップアイドル高垣楓と過ごした春の夜の夢から、夏の盛へと季節は流れていた。
テレビや雑誌で楓を、暗色の蒼と深緑のオッドアイのくりっとした瞳を、左目下の泣きぼくろを見るたびに、あの日の楓とした気持ちいい出来事は夢だったのではないかと思えてしまう。
けれどあの蕩けてしまいそうなくらい熱く、絡みついてきた熱を身体は覚えている。夢ではないと。少年は楓を思い出しながら幾夜を溶かした。
そ...

【続きを読む】


高垣楓と少年(1)

60文字数: 52579

「最悪だ」
グレーのトレーナーを着た短髪の少年は独りごち、目の前ある温泉を見た。
湯は無色透明で石畳の底を覗かしながらも、うっすらと白い湯気が立ち上がっている。
まだ春先の肌寒い日に入るには丁度良さそう。けれど少年はため息をこぼし、上を見上げた。まだ冬を感じさせる白けた淡い青い空が広がっていた。空には雲ひとつなく、少し傾いた陽の光は柔らかで、日本晴れという言葉を体現したかのよう。
──これが...

【続きを読む】


スカートを脱がそうと四苦八苦

3文字数: 6718

もうずいぶん前の話ってことで・・・。
2月のある日のことでした。
友達の美沙さんに誘われて、プロ野球の某チームの春キャンプを見物に行ったんです。
私と彼女と、それぞれの旦那と、美沙さんの長男(2歳)の全部で5人。
もともとご近所さんで、旦那同士がその球団の熱狂的ファン仲間。
美沙さんも熱烈なファンで、よく旦那2人でとか夫婦子連れの5人で試合を観に行ってたんです。
もともと私はあまり野球に興味...

【続きを読む】


みたらロリ映画だった

655文字数: 633

今から15年ほど前、フランスのとんでもない映画を見てしまった。
タイトルは「Demi-Tarif」日本では未公開の映画だ。
監督はイジルド・ル・ベスコ。フランスの女優で彼女の出演作品が日本でも何作か公開されている。
Demi-Tarifは彼女の処女作でもある。

あらすじから各々父親が違う兄妹とか母が帰ってこず子供だけで生活してるとかフランス版「誰も知らない」かなと思い内容も暗いだろうなと...

【続きを読む】


元アスリート衝撃な発言

662文字数: 315

2011年4月○日テレビ朝日系で放送された「Oh! どや顔サ○ット」で衝撃な発言した元アスリートがいた。
衝撃な発言をしたのは元シンクロナイズドスイミング青○愛選手。身長173cm。

ドーピングで水泳選手は全裸にならなければならず、着衣なしの状態で、女性器を露出しながら前屈みで採尿しなければならないと赤裸々に発言。
また、青○愛元選手は、ロシアの世界大会では男性がドーピング検査官だった...

【続きを読む】


ブラックな業界なんで

56文字数: 579

ブラック企業も真っ青な業界だけど、毎年新人は入って来るし
離職率は超高いが、肌に合う、居残る居心地のイイ人も居る(俺もか?)

何がそうさせるか?ちと考えてみて、「美味しい仕事、思いが有るからじゃないか?」と
幾つか有る美味しい?仕事の一つを~

~エロ美味しい仕事~
よくカメラマンの人心掌握のテクニックとして「初日一発目に物凄い怒る(暴れる)」なんて有る(有ったが)
現在こんな事する人...

【続きを読む】


Vシネ女性タレントと撮影ロケ一緒に行動

73文字数: 972

エロと言うか少し有名(だった)女性タレントとの美味しい思い出

Vシネに来る女性タレントだが、撮影ロケになるとスケジュール空いている人だと
1ヶ月近く一緒に行動する事も有る(映画だと数カ月~年)

タレントを盛り上げるのもスタッフ・裏方の仕事だが、それが制作ADだと「如何にも」で逆効果になるので
時々盛り上げ役の「仕込みファン」を制作やタレント事務所から頼まれるが
深夜TV番組に出て居た...

【続きを読む】


Aはそういう「アイドルの卵」のマネージメントというか世話をしてた

6文字数: 8002

先日、芸能事務所で働いてる昔の友達(A)に会ったんだが、
アイドルってのは男女を問わず、世話が大変らしい。

何せ美少年・美少女の集団だから、色んな所からお誘いがあるわけだが、
事務所にしてみりゃ大事な商品だ。
寄って来る虫を追い払うのも、マネージャーの大切な仕事だとか。

Aがいたのは男性アイドルを専門に扱う事務所で、
俺そっち方面にとんと疎いんだが、それなりに大手らしい。
タレント以...

【続きを読む】


「家族とお風呂」に関する美女たちの秘話

3文字数: 1363

後藤真希が18年9月26日に放送された『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で、「夫以外に大好きな男」として甥で俳優の勧修寺保都を紹介し、彼が17歳のときまで一緒にお風呂に入ったり、キスしていたと発言し、世間に衝撃を与えた。幼少期から親子同然のつきあいをしてきた甥との入浴について、後藤が「普通です」「今でも入れますね」などとコメントすると、勧修寺も「背中を洗ったりする」と答えた。

ゴ...

【続きを読む】


大丈夫だよ。ピル飲んでるから

5文字数: 4383

つい最近、自分(25才、社会人)が所属してるバスケチームで起きた出来事です。
いつもの活動を終えて帰ろうとしていた頃、チームで唯一の?美人OL千里さん(27才、都内OL)に呼び止められ、「今日この後空いてる?空いてたらちょっと相談したいことあるから飲みにいかない?」と誘われました。
比較的年齢が近いこともあり仲はそれなりに良かったものの、突然の誘いに驚きました。
というのも、千里さんに...

【続きを読む】


江戸時代 前戯でキスはなく、男は乳房よりも下半身を攻撃した

10文字数: 681

江戸の大ベストセラーとなった艶本『閨中紀聞枕文庫』(青林堂)。
作者は淫乱斎主人白水こと渓斎英泉で、文章のみならず挿絵も自ら手がけた。
そこでは、交合の秘術を10に細分し、詳しく開陳している。

「三峯採戦」とは上峯つまり唇、中峯の乳房、下峯の女陰という3つの性感帯を同時に責める技だ。
「セックスの前戯としては、まず戯れにおかしき噺などして、乳を捻りなどして、そろそろ股へ手を入れろ...

【続きを読む】


妹と弟分とポン友の妻

0文字数: 498

妹が中々帰ってこないので弟分と例の公園をセックスをしているのかと思った。
そろそろ新しいずりネタがほしくて行ってみると案の定していた。
ただ、していたのは妹ではなく、妹は弟分とポン友の妻の間にできた赤ちゃんにミルクをあげて、あやしていた。
代わりに地面にシートらしきものが敷かれ、その上で弟分とポン友の妻がセックスをしていた。
弟分はポン友の妻の両足を曲げてまんぐり返しにした状...

【続きを読む】