処女体験談

キーワード「処女」に関連する体験談です。 小学生時代の私、毎日中出しや、体育会系、女子アスリートのセックス事情娘の友達 などの体験談が登録されています。

ソドム島の美少女・美少年ー14

41文字数: 1680

コロンビアの麻薬王ガルシアは蔭の大統領と言われ、宮殿のような豪華な邸宅には数百人の私設軍隊が警備警戒し、毎晩の夜伽には世界中からの処女が相手をするのでした。
従って毎晩ガルシアは処女のバージンを貫通し、巨根はいつも血まみれで、処女の生き血を吸ったチンチンはさらに処女からのエネルギーや精力を吸いとった、とされてますます若返り、凶悪になるのでした。
こうして絶世の美少女の処女を引き裂いたらさらに...

【続きを読む】


ソドム島の美少女・美少年ー13

50文字数: 1290

ガルシアはベッドの縁に腰をかけ、アルメニア美少女にくるように合図します。
付き添いの黒人女戦士2人が全裸の美少女を引き立てます。
ガルシアは足を開き、その間に美少女を膝ま付かせ、まずは可愛く美しい処女に初めてのフェラチオをさせるのです。
まだ12才の少女にはフェラチオの知識も方法も知りません。
無理やり黒人女戦士2人にガルシアの太く筋肉のはち切れそうな入れ墨の足の間に膝立ちさせられた美少女は...

【続きを読む】


ソドム島の美少女・美少年ー12

50文字数: 696

全身極彩色の入れ墨の褐色の大男のガルシアの前に2人の全裸の美少女が連れてこられます。
2人とも抜群のプロポーションで、すでに年令以上に胸は膨らみ、丸く締まった下腹部は薄くきれいな陰毛が生え揃い、ギリシャ神話のニンフのような白人美少女です。
後ろ手に縛られ、覚醒剤で半分意識はなく、無抵抗にされた美少女は、数日前から媚薬を飲まされ、あらゆる性感部分には特製の性欲剤をたっぷりと塗り込まれています。...

【続きを読む】


ソドム島の美少女・美少年ー11

40文字数: 1256

天使のように可愛く美しいユダヤ美少年は2日間アブドラと奴隷少年2人に輪姦され、未使用のきれいなおチンチンは奴隷少年の手で無理やりお初の精通をさせられ、続けて何度も射精させられ、2日目からは奴隷少年の肛門に嵌めさせられ、いわゆる肛門性交を強いられました。
そしてアフガンの輪姦が終わると最後に火あぶりの処刑になり、わざわざアマゾンから呼び寄せられた食人種の4人の野蛮族に再び輪姦を受け、丸1日残虐...

【続きを読む】


こんな可愛い少女が知障とは

10文字数: 857

理沙は11歳の時うちの施設に来た。
始めてみた時はこんな可愛い少女が知障とは全然見えなかった。
でもやはり会話も出来ず、話した事の半分も理解出来ない。

暫くして担当に譲り受けて、集中して24時間世話をした。
入浴も皆に内緒でオレの部屋で一緒に入り、理沙のオマンコを丁寧に洗い、理沙の手に石鹸をつけてオレのマラを洗わせた。
といってもオレが手で扱かせていただけだが、気持ちよかったね。
何度...

【続きを読む】


ソドム島の美少女・美少年ー7

100文字数: 1238

ジャン少年がベッドでなぶりものにされて1時間経ちました。
舞台を取りまく観客たちのベッドでは全裸のボスたちが哀れな美少女、美少年を抱き、キスし、舐めまわし、そして強姦します。
美少女は全て処女ですからボスたちの巨根に貫通され、激しく出血し、泣き叫び、しかし情け容赦ない責めは繰り返され、観客席は悲しげなすすり泣きが溢れます。
そんな中、天使のようなユダヤ美少年の裸を堪能したアブドラはいよいよ仕...

【続きを読む】


ソドム島の美少女・美少年ー4

100文字数: 1187

ラグーン島の飛行場にアブドラの自家用ジェット機が到着しました。
半分の背丈しかない美少年二人を伴っての訪問です。
美少年はハッサンとアリという13才と12才で敵対する麻薬部族の一族の子どもでこの二人以外は全員アブドラが子どもの目の前で首を切り落とし、その死体の前で子どもを犯したのです。
二人の美少年は女の子の装飾をし、麻薬漬けにされて意識もはっきりしません。
ホテルの広大な部屋に入ると早速に...

【続きを読む】


月刊Hanadaを愛読するJCは存在した

7文字数: 2569

去年の夏、なんか淫乱とか露出狂とかそんなんじゃなく、『頭のイカれた女とセックスしてぇなぁ』と思って、ネトウヨ界の大スター(笑)黒瀬深をフォローしてる中から女のコっぽいやつを探っていたら、バックが旭日旗でアイコンが顔を『月刊Hanada』で隠して目だけ出しているやつで、自己紹介文が
『私は普通の日本の女子中学生です。憎き中韓とその手先民主党を地球上から追い払い、日本の国旗を世界中にはためかせる...

【続きを読む】


ソドム島の美少女・美少年ー2

210文字数: 948

キリバス諸島のラグーン島は南米コロンビアの麻薬王ジルフランコの個人所有別荘になる。
島全体が要塞であり、密林には狼やハイエナなどの恐ろしい肉食猛獣が放され、あちこちに残酷なワナが仕掛けられて、脱走は思いもよりません。
そんな治外法権の支配者フランコは数十億ドルの資産と私設軍隊を持ち、世界中の美女や美少女、美少年を集め、数年に一度のボスたちの会議の余興に使うのだった。
後腐れや国際刑事機構を避...

【続きを読む】


恋愛と性欲

6文字数: 375

私小学生の頃は特に性欲がやばく小学3でオナニーをしていました。そんな私も晴れて中学生になりました。そして期末中間団体行動などにも段々疲れてゆき、日に日に元気が無くなってきました。ですがある日通学路に男の子が1人でオナっているのが見えました。その瞬間私の中でなにかの糸が切れました。そして男の子の後に立ち、「ねぇ、僕。なにしてるのぉ?」と声をかけました。そしたら男の子は恥ずかしそうに「え、あ、」...

【続きを読む】


ナナちゃんのおまた係

21文字数: 5928

俺が高2になったばかりのある日、母がランドセル姿の女の子を連れてきた。
「母さん、その子は?」
「遠縁の○○さんの子でお父さんが出勤で乗ってたバイク事故で入院してしまったのでしばらく預かる」
との事。
○○さんは奥さんを数年前にガンで亡くして一人娘を男手ひとつで育ててると聞いた事あるが小学生の子供とは思ってなかった。
「こんにちわ。お名前は?」
「ナナです!小4になりました!」
喋り方はま...

【続きを読む】


リアルお医者さんごっこ

15文字数: 2019

産婦人科の開業医だった父が少子化による産婦や患者の減少に遂にギブアップして廃院して車で30分にある隣町の総合病院の勤務医になった。
実家の敷地内にあった医院は他人に貸し出され大改装されて整形外科医院になって今日もジジババで賑わっている。
その廃院から貸し出されるまでの数年間の話。
僕は廃院当時は小6で勉強もそこそこ出来てサッカーやったりして自分で言うのも変だけど女子から人気があった。
父の書...

【続きを読む】


ガチメンヘラな妹はブラコンも発症してるようです

7文字数: 2014

俺が女と遊んで家に帰ると、妹が近寄ってきて身体中の匂いを嗅がれる。
「女の匂いがするね…こんな変な匂いつけて帰るなんて…」
別に女とSEXしてきたとか腕を組んで歩いたとかじゃないんだぞ。
飯食ってカラオケ行ってきただけなのに匂いとかつくものなのか?
メンヘラスイッチが入った妹は誰の手にも負えなくなる。
俺は妹に腕を掴まれて強制連行される。
妹の部屋に連れて行かれてベッドに突き飛ばされ、手足を...

【続きを読む】


子供会 一周目

16文字数: 4281

まだ昭和の頃、ローカル線の各駅停車しか停まらない駅前で商人と業者向けの旅館をやってたわが家はいつの間にか「エロガキたちの集会所」になっていた。
町会長もやってるうちのお父さんの提案で普段はお客さんが居ない週末の土曜の午後を利用して小1から中3までの子供達に旅館の風呂を解放するってイベントを毎週していた。
大人側のルールは
『子供達に一切干渉しない』
だった。
イベントを始めてしばらくは普通に...

【続きを読む】


私のセックス遍歴

30文字数: 2828

初体験は高校3年の時の同級生とだった。受験勉強を一緒にするうちに、お互いに惹かれ、付き合うようになった。キスやデートはした。でも、一線を越えたらお互いに勉強に集中できなくなると思い、受験が終わったらしよう、と約束した。幸い、2人も志望大学に合格したので、高校3年の3月に初体験を果たした。共に実家暮らしだったので、ラブホテルでだった。相手も初めてだった。初体験の痛み、というよりは、私が進学とと...

【続きを読む】