長編、 異常シチュ 体験談

聖ピサロ修道院は男の子の性奴隷工場、少年奴隷マリンが脱走、恐怖の4人の女の子...⑥

4文字数: 1276

追っ手から助けられ、身体を洗い、美味しい山海の珍味に満腹のマリン少年は疲労のために深い眠りにつきます。
その可愛い裸を眺め、全裸の女の子4人は手分けしてジャングルに入りました。
やがて戻ってきた4人は爆睡中の少年を両手、両足を大の字に縛り、恐ろしい肉体改造を始めました。
超猛毒の殺人女王蜂のお尻から引きちぎった毒針を片手に少年の半立ちの男根を握りしめてゆっくり針を刺していきます。
針は2ミリ...

【続きを読む】


聖ピサロ修道院は男の子の性奴隷工場、少年奴隷マリンが性欲マダムの餌食に...②

5文字数: 1418

尿道に赤い勃起棒をねじり込まれたマリン少年の男根は無理やり射精させられたにもかかわらず、性欲マダムの膣の中で硬く勃起しています。
「ほう、マリン、偉い偉い、続けざまに2回戦いくわ」
ブヨブヨのデブマダムがそのままマリン少年の下腹部に激しいピストンを加えます。
ズンズンと尻が上下し、少年の濡れて光る硬いチンチンがどす黒いマダムのマンコに咥えられ、しごかれるのが分かります。
「ウォッ、ウォッ」
...

【続きを読む】


みんなはいいなあ...って言うけど金持ちマダムのペットにされた僕..⑦エロに目覚めたレイとスケベミサトに犯される僕

23文字数: 1869

血まみれで処女喪失の激痛にのたうつレイをミサトの命令で続けざまに犯した僕は、結局朝まで8回レイを抱きました。
4回目あたりからは出血も止まり、痛みに泣き叫んだレイは喘ぎ声をあげ、しがみついてくるようになりました。
明け方には、
「アン、アン、アン」と鼻にかかった甘い喘ぎ声になり、僕の腰に足を巻き付け、背中に回した手はしがみつき、爪を立ててくるようになりました。
「すっかりレイも女になったわね...

【続きを読む】


みんなはいいなあ...って言うけど金持ちマダムのペットにされた僕..④処女貫通

28文字数: 1479

ミサトさんからレイという女の子が来ると聞いて10日たちました。
毎日朝2回のミサトさんの口内射精と2回の膣内射精を済ませてから学校に行きます。
僕のブリーフの内側にはベトベトになるほどアメリカ製の媚薬が塗ってあり、学校が終わるまでにはチンチンに全て吸収され活発に発達させてくれるのです。
帰宅したら居間の真ん中にある椅子に深く座り、ガラス管をチンチンにかぶせられ、ゴム管から空気を抜かれ、真空に...

【続きを読む】


15少年漂流記....残虐な食人種との死闘...⑧

10文字数: 1218

酋長との約束の3日が経ちました。6人の少年たちは数時間ぐったりと眠りこけました。そして気付くと、
もう広いテントには誰も並んではいません。介添えの女の子もいなくなりました。
6人の少年たちは素っ裸のままゆっくり起き上がりました。
「終わったのかな?」
「僕は34人とした、最後まで精液は出たよ」
「とにかく約束は果たしたからこれから仲間を救出に行かないと」
ほとんどの少年たちはまだチンチンは勃...

【続きを読む】


隣家のお姑さん

4文字数: 4948

『と、智美!智美は!お、お許し!お許し下さい!いっ…て!お尻でいってしまいますぅぅ!』
たまたま誤投函された郵便物を届けにきて仲良くなったマンションの隣人、おれのちんぽでケツ穴を犯されて絶頂した
「なんで勝手に逝っちゃうんだよ!」
バックで突かれる智美の尻を殊更大きな音が出るように平手で引っ叩いた
パァァァン!
『んひぃ!も!申し訳…ありません…んあぁ!ごめんなさい!んあぁぁ!ごめんなさいぃ...

【続きを読む】


やらかしたお手伝いさん

70文字数: 5012

1年くらい通ってくれているお手伝いさんの恵子
48歳で夫と高校生になる双子の娘の4人家族
コロナ禍の影響なのか家計がちょっと厳しくなってきて働きに出ることにした、と面接で話してた
それなりにお手当は渡してるが同時に二人高校に通い始めるとやっぱり家計は苦しいらしい
細かいところにも気がついてくれて家事をきっちりこなしてくれる彼女
ちょっと真面目過ぎるところがあって若干お堅い印象
朝から恵子さん...

【続きを読む】


肉便女母娘

90文字数: 3063

ん゛お゛!あ゛あ゛!お!おばさん死んじゃうぅ!気もぢよぐで死んぢゃう゛ぅ゛
もっとぉ!もっと突いて!おばさんのまんこもっと奥まで突いてぇぇ!
いい!いいの!まんこ壊して!もっと激しくぅぅ!きもぢい゛ぃ゛!いっぐぅぅぅ!
・・・
幸子って言います
58歳で娘と二人で暮らしてます
亡くなった主人が残した小さなアパートの大家をしてます
娘が学校に行ってる昼間、玄関のチャイムがなりました
インターホ...

【続きを読む】