年下、男性視点の体験談一覧

0文字数:2834

彼女の有紗は高校生にして二児の母だった。うちの学校は不純異性交遊が禁止されていた。
高校入学前のことなら問題はないし、そもそも継父による強姦によって誕生した子だが、普通の高校生として通っている以上、学校に知られるとかなりまずい。
尚、継父は通報されそうになって自殺した。
ど田舎の地元では周知の事実で、中学校の先生や生徒(全校生徒200人しかいない)にも普通に知られてたから多分高校の担任とかに...

【続きを読む】

10文字数:2965

【初めての中出しと彼女の体の変化、そして危ない橋】
あと、これも当然のことなのでしょうが、彼女のセックスに対する考え方みたいなものも変わって行くのが興味深かったです。やはり最初はムード重視で、ベッドの中で私に脱がされて始めるものだと思い込んでいたようなフシもありましたが、そのうち挿入行為そのものの方が大事になってきて、自分からサッサと全部脱いでからベッドに潜り込んで行くようになりました。最...

【続きを読む】

00文字数:2291

【セックスの味と彼女の体の変化】
という訳で、彼女の勤め先が変わったお陰で時間が自由に取れるようになったのが私にとっては好都合でした。個人の歯科クリニックなので仕事の終わりは19時と遅いほうなのですが、その代わり個人医院にありがちな週の中程の休みが毎週水曜日の午後にあてられており、私が半日休暇取るだけで、午後からは夜を待たずにたっぷり彼女へハメることができるようになりました。更に、その水曜...

【続きを読む】

4文字数:4594

高2の冬に性癖が歪んだ。
県内の海沿いの街に彼女の利佳と遊びに行った。県内とはいえ、車で高速を使って最低3時間はかかる。
俺らはまだ免許がない。電車で行けないこともないが、乗り換えが複雑だからバスを使った。
利佳が死んだ父親と行ったところだから行きたいと言われたが、観光名所はあまりない。
でも、利佳と居られるだけで楽しいし、海が近くにない場所に住む俺らには海を見るだけでテンションが上がった。...

【続きを読む】

9文字数:4257

時間に余裕がある?持て余し気味の60代定年退職者したたかし。
ウォーキングで勝手気ままに認知症徘徊者みたいに地域探索していると幼児をベビーカーに乗せスマホ片手にマップアプリを覗く婦人とすれ違った。
「あのぅ~ すいません」と突然声を掛けられ驚き「はいっ!?」と振り返った。
40代位のつけまつげと少し濃い目の化粧で体型も容姿も戸田恵子似の美熟女との出会いだった。
「ウエルシアにはどう行けばいい...

【続きを読む】

2文字数:400

高校生の頃、突然台風が来ると判明して、幼稚園・保育園から小中高の学校も午前中で帰宅する事になった。俺はバス通学なのでバスに乗った。数ヶ所のバス停の後は中学校のバス停だ。俺は満員のバスで座れなくて立っていた。そこに女子中学生が数人乗って来た。一人の女子中学生が俺の前にバックして来た。彼女のかわいい尻が俺の股間に当たった。別に痴漢するつもりは無かったが、柔らかい尻がチンポを刺激して俺は勃起した。...

【続きを読む】

70文字数:1309

41才で転勤した先で挨拶に巡ったら、ある販売店の担当課長が五歳下の同窓生と分かり、親しみから訪問回数も多くなった。受付の女性Fは私を一目見るだけで黙って、応接室に案内してくれるまでになった。
ある日の訪問ではFが「課長は先程から長電話してます」と言いつつ、暫くは私と会話の相手をしてくれたのです。つまり、私にとって初めてのこの地域の事をいろいろとお尋ねしたのです。
そこで「洋食のレストランを教...

【続きを読む】

9文字数:1521

妹が離婚して実家に帰ってきている。今年10歳になる姪っ子の里菜も一緒だ。2人が越してきたのは2年前で当時8歳の里菜はとてもお転婆でいつも家には里菜の声が響いていた。家で仕事をしていると学校帰りの里菜が部屋に入ってきて騒がしくする。妹はいつも注意するがそんなことは気にも留めない。
次第に妹は諦めたのか、一言「お兄ちゃん、悪いね」とだけ言ってきた。
里菜が学校から帰ると一連の流れはこうだ。
ラン...

【続きを読む】