AV体験談

キーワード「AV」に関連する体験談です。 同級生女子が仰向けの俺に馬乗りに などの体験談が登録されています。

嫁さんが事故で死んだ親友に、色々と世話を焼く俺の嫁

2文字数: 4082

週末、いつものように清を招いて夕食を一緒に食べていた。清は、高校の時からの友人だ。お互いに結婚して多少疎遠になったりもしたが、この2年くらいはかなり頻繁に家に招いている。2年前に、清の嫁さんが交通事故で死んでしまったからだ。
見ていられないくらい落ち込んだ清。もしかしたら、嫁さんの後を追ってしまうのではないか? そんな危機感を感じさせるほど、彼は落ち込んで自暴自棄になっていた。

見か...

【続きを読む】


妹の妊娠(兄である俺の子供のようです)

1文字数: 4474

27歳の妹が妊娠3か月目です。
もちろん結婚していて、旦那さんもいますよ。
俺も結婚していて、嫁&子供が一人います。
「お兄ちゃん、子供出来たよ。お兄ちゃんの子供だよ?たぶんね。」
先々週に俺に電話してきた。
実は妹のつかさと俺は近親相姦関係にあります。
それぞれ結婚してますが、実際に愛してるのは俺は妹のつかさ、つかさは俺です。
つかさが16歳の時、俺と結ばれました。
俺、1...

【続きを読む】


同級生女子が仰向けの俺に馬乗りに

0文字数: 356

小6の修学旅行時。
四人部屋(二段ベッド×2)で俺一人でいた時、
仲よかった同級生の女子がやってきて、
二段ベッドの上の段にいた俺のとこにやってきた。
最初俺はうつぶせになってたが、なんかその女子は
「うわー二段ベッドだ~」とか言って俺に馬乗りになってはしゃいでた。
なんなんだよ…と思って俺はあおむけになって女子と向かい合った。
ちょうどあそことあそこが触れ合う形になった。 ...

【続きを読む】


お菓子と交換にホームレスの性処理

1文字数: 1502

私は、いつ処女を失ったか覚えていません。
小学校の時、私は近所の公園である人に性処理をさせられていました。

両親が共働きで昼間は家に1人で居る事が多く、私はいつも近くの公園に出掛けていたんです。
その公園は河原と隣接していて、かなり大きな公園でした。
奥の方には雑木林があり、いつの頃かブルーシートと段ボールで作られた家が建てられていたんです(まぁホームレスですね)。

その日...

【続きを読む】


中1の時の彼女がマムコ見せてくれた

0文字数: 395

中1の時カノジョにマムコ見せてもらいました。
文字通り全部見せてもらいました。
ソファーの上でまんぐり返し状態で。

陰毛はまだワレメの上の方だけで、われめの中はピンクでした。
本で見たのとほとんど同じで、処女膜がはっきりとわかりました。

クリを触ってると段々と硬くなってまむこが赤くなってきて、生臭い匂いの白い万汁が出てきました。
で、何度が全身がビクビクってなってたです。...

【続きを読む】


虫を使って6

0文字数: 300

今回は蟻を使ってするにあたり、砂糖を用意して例の山に向かいました。砂糖を適当において蟻が集って来るのを待ちます。そして再び見に来ると蟻が巣に運んでいる最中だったのでその巣を掘り返して逃げないように入れ物に入れて持ち帰ります。大量でした。
夜全裸になって、その取ってきた蟻をマ○コと胸の上に乗せます。蟻は怒って乳首に噛み付いたり、マ○コの中に入ったりクリを噛み付いたりしてきました。なかなかの刺...

【続きを読む】


近郊各停の女

0文字数: 709

夏が来ればといってもまだ梅雨の走りで半そでのシャツでは肌寒さを感じる今時分の季節のことだった。

とあるローカル線の始発は女子高生で込み合っていた。その中に見覚えのある少女が。姪っ子のまゆだった。

向こうもこちらに気づいたらしく目と目があったがすぐに目をそらし友人との会話に花を咲かせていた。

次の駅まで10分程度。ドアの側で外を見ながらたたずむ少女は果たして次の駅で降り...

【続きを読む】


    私が面白半分に「それ続けるとどうなるの?」

    0文字数: 463

    私にも弟がいて、ずっと一緒にお風呂入ってた
    弟は10歳ごろから毛が濃くなってきたけど
    私はとっくに生えてたし、8歳も離れてるので、お互い気にもしてなかったよ
    お風呂で弟が勃起してるの見ても、全然なんとも思わなかった
    そのうち、わざと勃起して見せてくるようになり
    だんだんエスカレートして皮を上下に動かして見せてきた
    私が面白半分で「それ続けるとどうなるの?」って聞いたら
    弟はちょ...

    【続きを読む】


      祖母は現役

      1文字数: 1052

      実家のうどん屋は繁盛していてこの4月大学に入ったばかりの長男の俺はいきなり店頭でお客さんと向き合わされていた。
      といっても実際の立ち回りは祖母の由貴が仕切ってくれていた。
      祖母は亡くなった祖父の後妻で自分の母とそれほど歳は変わらなかった。

      「何してるんだい。生煮えじゃないか。お客さんすみません。もう少し時間をいただいていいですか」

      テーブルについて待っていた客は見かね...

      【続きを読む】


        安全なあれ指南コロナ感染の防止のため

        0文字数: 313

        夜の街にゆくなとの説教では解決しないの
        コロナでも男も女もあれしたいのは当然だ
        男も女も紙おしめする靴下もする上着はね
        安物で捨てるの髪は紙の防止でゴーグルよ
        交尾は黒か赤のマスクよ接吻しての唾液の
        交換がいちばんあぶないの個室は危険です
        大部屋で床でなく机でねあとの消毒が可能
        むろんゴムして皆さんに公開して欲望です
        おひとり30分で4人の欲望の処理するの
        無料はだめ万札で...

        【続きを読む】


          高校の時にイタズラした妹と

          0文字数: 7723

          現在進行形で妹と近親相姦してる。

          俺が45歳で妹が43歳。
          妹は結婚して子供もいるから不倫になっちゃうんだろうな。

          俺は基本的に若い子が好きだから30代以上の女とか無理なんだけど妹は別だわ。
          10代の頃のエロい思い出があるせいだと思うけど。

          俺が帰省する度に一回はやってる。
          完全にセフレみたいなもんだな。

          そういう関係になったのは5年前の事。
          俺が久しぶりに帰...

          【続きを読む】


            妹「ちんちんおっきくして見せてよ」

            0文字数: 356

            俺中3、妹小6まで一緒だった。
            確か妹が小4のときに「お兄ちゃん、エッチってさー、ちんちんを女の股に入れるんでしょ」って聞いてきて
            それから風呂でよく真面目にセックスとか生理の話をするようになった。

            お互い仲が良かったから本当に近親相姦寸前までいった。
            妹のほうが積極的で「ちんちんおっきくして見せてよ」とか「ねー、穴見える?」とか言って割れ目を開いて
            俺に見せてきたりしてたので...

            【続きを読む】


            娘の友達ま綾香と

            0文字数: 2361

            俺と娘の二人暮らし、妻は娘が2歳のときに男作って出ていった
            娘と綾香は保育園からの仲良しで綾香も母親と二人暮らし
            娘達が6年生になりやっとお金貯めたから夏休みに娘とハワイに行くことにした
            娘 パパ
            俺 なに
            娘 あやも連れて行っていい
            俺 えー綾香ちゃんも
            娘 うん
            俺 いいけど綾香ちゃんのお母さんなんて言うかな
            娘は綾香に電話して俺は綾香のお母さんと変わった
            母親 すみ...

            【続きを読む】


            浮気相手の人妻が嫁とフェイスブックで仲良くなってた

            0文字数: 2526

            俺は妻帯者なんだが、去年浮気してしまった。
            相手も既婚者で人妻。
            お互い結婚もしてるし、変な事にならないだろうと思っていたが、とんでもない悲劇が起こってしまった。


            最初に人妻との出会いはネットで、某SNSサイトで知り合った。
            もちろん最初から浮気目的でサイトやっていた訳ではなかったんだけど、気づけば自然と仲良くなり、スマホのアドレスを交換したり、LINEでやりとりすする仲に。...

            【続きを読む】


            縁×薫 【罪と罰】

            0文字数: 5036

            ―諦めろ…お前は決して逃げられナイ―

            冷たく言い放った男の声が耳から離れなかった。

            「っ!!」

            その言葉が脳内に甦り、閉じていた瞳を見開いた。
            いつの間にか眠ってしまっていた身体を西洋寝台ベッドから起こす。
            すると節々は痛み、声のない悲鳴をあげていた。そして下腹部に走るヒリッとした痛みが己の受けた行為を鮮明に物語っていた。


            ※※※


            剣心から巴の事、身...

            【続きを読む】