俺の愛おしい堕天使 元お嬢様女教師T子(性感マッサージ3P調教編60)


前回:  俺の愛おしい堕天使 元お嬢様女教師T子(性感マッサージ3P調教編59)

そして、ここで燃料補給の中休み昼食タイムとなった。。

この日はT子は手作り弁当を作って持ってきた。

ピクニックかよ。

T子は料理が上手いが、好きな2人の為にそれぞれ2段重ねの丁寧で豪華な弁当だった。

ご飯の上には振りかけのハートマーク。

昼食後、Aがトップで一対一でセックス。体位を変えて2回射精。

次に俺が挿入して最後の締めの一対一のセックス。俺は2回射精。

この日は俺5回 Aは7回で合計12回、T子の清らかでスレンダーな体内に精液を放出した。

T子の膣は、水木しげるの漫画『総員玉砕せよ!』にある、従軍慰安婦の「ピー屋」の女みたいだな

と不謹慎なことが頭をよぎった。

俺は、愛するT子の膣内に、何回分の精液が貯めこまれているかが気になるのだ。

平均一回5CCとして60CCの精液が膣内に注入されたT子。

目の前にある、美しくスレンダーなT子の身体が穢され、12回分もの精液が注がれたと考える

と、ゾクゾクしてくる。

俺も変態だな。

良かったら「いいね」してください。誰でも「いいね」出来ます!


続き:  俺の愛おしい堕天使 元お嬢様女教師T子(性感マッサージ3P調教編61)

トップページに戻る