近親相姦、 母親、 フェラ 体験談

2回とか3回も出せる人は凄いと思ってたけど、母さんとSEXしたら3回までなら出せた

7文字数: 2084

シコると一回で萎んじゃう情けないチンポだから複数回出せる人は凄いと思うし羨ましかった。
どうすれば何回も出せるようになるのか知りたくて母さんに相談してみた。
「そんなの女とやれば出せるようになるんじゃない?自分でするから一回で萎むんだと思うわよ」
「女か…風俗でも行って試してみようかな…」
「病気貰うわよ?試すだけならお母さんが相手してあげるから風俗なんてやめときなさい」
母さんから相手をす...

【続きを読む】


お母さんが誰かと携帯で話してたから目の前でチンコ出したらフェラチオしてくれた

9文字数: 889

リビングでテレビでも見ようと思って行ったらお母さんが誰かと携帯で話してる。
ちょっとビックリさせようと思って目の前でチンコ出したらニヤリと笑ってフェラチオしてくれた。
舐めたり咥えたりしながら要所要所でちゃんと返事を返してる。
胸元が大きく開いた服を着てたから手を入れて揉ませてもらったら襟を下げてオッパイを出してくれた。
携帯の会話の内容と話し方で相手はお父さんかもしれない。
だとしたらお父...

【続きを読む】


晩酌してる父の後ろでは…

5文字数: 915

手酌で一人晩酌してる父の後には台所。
そこに立つ母さんに襲いかかり唇を奪う。
こんな時でも息子の俺を気遣うのか、母さんは抵抗しても声は出さずにドタバタと暴れたりしない。
だから服を脱がせるのよ楽だった。
下着姿にされた母さんは大人しくなり、チンポを出した俺の前に跪く。
顔にチンポを押し付けると父さんの方をチラチラと確認しながらチンポを握って舐め始めた。
父さんも自分の後ろで妻が息子に襲われて...

【続きを読む】


うたた寝してた母さんのオマンコ触ったら脚を広げてくれた

8文字数: 1008

ソファーでうたた寝してた母さんのオマンコを触ってたら目を開けて僕を見たのに脚を広げてくれた。
だんだんと下着にシミが広がっていって母さんの息遣いも荒くなってく。
下着に手を掛けて流そうとしたら腰を持ち上げて脱がしやすくしてくれた。
脚も一旦閉じて下着を脱がしたらまた大きく開いてくれる。
スカートの中に顔を突っ込んで母さんのオマンコ舐めると喘ぎ声を出して僕の頭を押さえつけてくる。
オマンコに強...

【続きを読む】


母さんにしか見えない位置でチンポ出したら欲情してくれた

16文字数: 1194

キッチンと続いてるリビングで父さんと姉さんが寛いでるから一旦廊下に出てキッチン側の出入り口に立ち、洗い物してる母さんだけが見れる位置でチンポ出してみた。
ダランと下がってたチンポは見てもらえるかもって期待で少しずつ硬く反り返っていく。
人の気配に気付いた母さんがこっちを見て目を見開いた。
母さんにチンポ見られて一気にフル勃起まで到達。
母さんの視線は俺のチンポに釘付けになってる。
もっと変態...

【続きを読む】


憧れの女性の先輩に乱交パーティーに誘われ母に遭遇

90文字数: 3224

俺の家族は4人家族。
母は43歳。少し太っているが、上品な佇まいで色気がある。
一方、父は48歳のハゲ親父。
俺は19歳の私立大学生で彼女とセフレが2人いる。あと2歳年下の高校生の妹がいて、かなり奔放に男遊びをしている。
母親は、近所でも上品な奥様と評判だったのだが、ある事件を境にイメージが変わってしまった。
春休みにサークルでお世話になっている憧れの女性の先輩から電話がきて
「今日、一緒に...

【続きを読む】


体調不良で食欲無くしてたら、母さんが特別食を持ってきてくれた

10文字数: 1825

「大丈夫?ご飯食べれる?」
「食欲無い…」
「少しでも食べた方が体力回復するんだけどねぇ…」
僕を心配しつつ一旦部屋を出て行った母さんが暫くしたら戻ってきた。
「これなら食べられると思う物持ってきたわよ」
そうは言っても母さんの手には何も無い。
「何も無いように見えるけど?」
「起きなくて良いわ、寝たまま口開けてくれたら母さんが食べさせてあげる」
仰向けに寝たまま口を開けたら母さんがパンツ脱...

【続きを読む】


めちゃくちゃエロい母や姉や妹に誘惑される妄想した人は多くないかな?

7文字数: 2236

そんな妄想が現実にあるわけないと解りつつ妄想してシコシコ…それが悲しい現実だと思い込んでません?
僕もその一人でした。
母に誘惑されて童貞を奪われ、その後も毎日搾り取られる生活を妄想してシコるのが日課でした。
そんなある日、いつものようにシコらながらつい母の名前を呼んでしまいました。
「呼んだ?」
たまたま部屋の前を通りかかった母がドアを開けて顔を覗かせたので、ビックリして母と見つめ合う形で...

【続きを読む】