フェラ、 告白 体験談

USA在住で黒人女性(白人ハーフ)の体にべた惚れ(最高のSEXの毎日)

8文字数: 5858

USAから投稿させていただきます。
僕はUSAで生活して11年です。今35歳。
ハリウッド女優のサナ・レイサン(若い時)にそっくりな彼女と一緒に暮らしてます。
サナ・レイサンと言っても知らない方もいるかもしれませんね。
映画「エイリアンVSプレデター」の主演女優です。
比較すると本当に彼女が似てるとわかります。ほとんどサナ本人みたいな感じです。
彼女のファーストネームはマリアですけど。マリー...

【続きを読む】


母親とのエッチで母から離れられなくなった9年間

10文字数: 14311

母は今55歳で、僕は33歳。
もう8年間母とのエッチ関係はないですが、16歳から25歳の9年の間僕と母は日々SEXしていました。
僕が16歳の時に親は離婚。
母は38歳でした。中年のおばさんと言えばそうなるけど、母の美貌はPTAの間でも話題になるくらいでした。女優?の稲森いずみさんに似ているかな。
なぜに母と僕がSEXするようになってしまったか。
僕にも責任あるのですが、母の性欲の強さが大き...

【続きを読む】


俺の愛おしい堕天使 元お嬢様女教師T子(性感マッサージ3P調教編60)

0文字数: 438

そして、ここで燃料補給の中休み昼食タイムとなった。。
この日はT子は手作り弁当を作って持ってきた。
ピクニックかよ。
T子は料理が上手いが、好きな2人の為にそれぞれ2段重ねの丁寧で豪華な弁当だった。
ご飯の上には振りかけのハートマーク。
昼食後、Aがトップで一対一でセックス。体位を変えて2回射精。
次に俺が挿入して最後の締めの一対一のセックス。俺は2回射精。
この日は俺5回 Aは7回で合計1...

【続きを読む】


淫乱入れ墨妻の秘密

0文字数: 3108

もう、珍しいことではないかも知れませんが、私も妻の秘密を話したいと思います。
私は妻と妻の姉のケイ子さん、そしてその旦那さんの宗太郎さんの4人で久しぶりに旅行に行きました。子供達も皆、中学に入り留守番をさせても良いと、判断したからです。
私達はハイキングをし、旅館の温泉につかり、それから床に着きました。しかし、どうも興奮して寝付くことが出来ません。
ーもうひと浴びしてくるか
私は、再び大浴場...

【続きを読む】


俺の愛おしい堕天使 元お嬢様女教師T子(性感マッサージ3P調教編59)

0文字数: 482

T子「そう、Yさんとヨシキさんに愛されてるのって凄く気持ちいいの。おかしくなりそうに深く愛されて
るの。
あ~~っ 気持ちいいの。 あ~~~ また逝っちゃうの T子 またいっちゃうの あ~気持ちい
いの。」
俺「気持ちいいんだね。T子は凄く可愛いよ。またこんなセックスしたいの?」
T子「またしようね。またしたいの。気持ちいいの。あ~~~また逝っちゃうの あ~~~。」
ここで、Aは射精。
俺も...

【続きを読む】


俺の愛おしい堕天使 元お嬢様女教師T子(性感マッサージ3P調教編58)

0文字数: 769

T子「あ~~~っ 。」
俺もAも2穴同時挿入して軽くピストンを開始する。
T子「いや~ いや~ 恥ずかしいよ~。こんなの Hなビデオみたいでいや~~っ。 」
俺「T子、大丈夫だよ。俺が側にいるから。もっと気持ちを開放して、今のアナル感覚を受け入れなさ
い。T子が今迄ちゃんと貞操を守ってきたことを俺は一番知ってるから。今日は、ヨシキをアナルで受
け入れ楽しみなさい。いい子だなT子は。綺麗だよT...

【続きを読む】


俺の愛おしい堕天使 元お嬢様女教師T子(性感マッサージ3P調教編57)

2文字数: 693

T子「いや~~ いやだ~~っ やめて~~ あ~~~っ。」
強姦される処女のように叫んでいる。
俺「いいよ。今迄アナルバージンを守ってきたけど、俺の目の前でアナルのセカンドバージン ヨシキ
に破られるのを許してあげるよ。いままで良く頑張った。ありがとう。俺にしがみついて、ヨシキにおち
んちんを入れてもらおうよ。」
T子はアナル調教済みで、性感は十分開発されているので、いったん挿入されてしまうと...

【続きを読む】


俺の愛おしい堕天使 元お嬢様女教師T子(性感マッサージ3P調教編56)

2文字数: 486

T子は何度も逝って俺の腹の上でぐったりしていると・・・
AがT子の肛門にペニスを挿入しようとし始める。
T子は指と違う気配を感じて、
T子「やっ やっ そこダメ。おちんちんはやめて。」
A「どうして? 指ならよかったのに。」
T子「お願い。おちんちんは、ダメ。」
A「どうして、気持ちいいよ。」
T子「お尻はYさんとだけ。」
俺はAとの事前の打ち合わせで、T子はアナルだけは俺以外の男には貞節を...

【続きを読む】