男性視点、 エロ、 人妻、 おっぱい 体験談

42歳まで童貞だった私が、大家のところのお嫁ちゃんに卒業させてもらった

90文字数: 4705

私はバイク好きな真面目系くずな独身サラリーマンです。
歳は42歳。
普通の40代より世間知らず。
残念ながら童貞。
唯一の趣味はオートバイ。
自動車学校で大型自動二輪車の免許が取れなかった時代に限定解除して取得した経験があるのが自慢w。
私の住まいはワンルームで1間にキッチンとバストイレだけの部屋。
駐車スペースは1台分ある。
でも、乗用車より大切なバイクを置いてあり、通勤用の軽自動車は住ま...

【続きを読む】


トイレ中に義弟の妻にチンコをシゴかれ中出しセックス

24文字数: 3325

妻が実家に帰っていない日。
そんな日はいつも、
妻の弟夫婦の家で夕食をごちそうになる。
私の妻がお願いしていくからだ。
はっきり言って、あまり嬉しくはない。
他の夫婦やカップルなんかに挟まれるのが昔から苦手だったからだ。
でも今日もその日だった。
私は仕事を5時で終え、マイホームに帰った。
いつもと同じ時間に電話が鳴る。
義弟の妻から夕食の支度ができたとの連絡だ。
着替えをし、車で向った。
...

【続きを読む】


若妻に興奮し、中出しセックスしてしまったのだが、旦那が出張の度に迫って来るようになってしまって怖い

12文字数: 2479

アパートの1階、斜め下の部屋に若い夫婦が引っ越してきた。
奥さんは20代前半くらい。
旦那は30代くらいで、とても仲の良さそうな夫婦だ。
若妻は小柄で、少しぽっちゃりしていて程良い肉付き。
凄く愛想の良い女性で可愛らしい。
夏は薄着で玄関の掃除とかをしている。
薄着だけならまだしも、半ケツで谷間全開。
若干チクポチしていて、何回もそれをおかずに抜いた。
正直旦那がかなり羨ましかった。
ある日...

【続きを読む】


引っ越してきた新妻の乳首を吸って中出しセックスした体験談

9文字数: 2499

俺が学生時代で、昭和のHな思い出です
自分の家の隣に母子家庭の親子が引っ越してきました。
お母さんはまだ若く新妻で25歳(和代さん)、子供は3歳。
自分の親は近所でも面倒見が良く、この隣の親子とも直ぐに打ち解けて家族付き合いをしていました。
自分には当時4歳の歳の離れた弟がいて隣の子とはいつも仲良く遊んでいました。
たまに母親が仕事で家を空ける時などは、在宅で仕事をしていたお隣に弟を預かって...

【続きを読む】


社員旅行で小梨人妻社員と同僚女性が寝てる横で・・

21文字数: 2314

これはオレがまだ社会人になりたてのころのこと。
まだ20歳のオレは、初めて入った会社の秋ごろに社員旅行に行くことになった。
総勢10人程度だが、みんな仲良くさせてもらって楽しい職場だったのである。
オレはもちろん当時は会社の中では一番の若い存在、しかも久しぶりの新人を採用だったらしい。
そんなこともあり、オレは可愛がってもらっていた。
特に女性社員には。
中でも当時32歳の既婚のフミという女...

【続きを読む】


父と離婚してホステスを始めた母の姿に興奮して・・・

8文字数: 2968

父親が女と家から出ていったのは僕が子供の時。
身寄りのない母はまじめに事務で働き僕を育ててくれました。
堅実な暮らしでしたが所詮事務務めでは限界がありもっとお金が欲しいと思ったのでしょう事務に加え夜の水商売、スナック勤めホステスを始めました。
僕の大学の進学資金を貯めなければと考えていたと思います。
今から考えると母の苦労も考えず我がままの言い放題だったと思います。
勤めはじめは僕もけっこう...

【続きを読む】


本当に夫以外の男を知らなかった人妻パート

70文字数: 2026

職場で働く38歳のパートの千恵子と親しくなった。
子供が二人いるような歳なのに、同僚の男たちがちょっと卑猥な会話を耳にしただけで顔が赤くなるウブで実直な女だった。
肌の色は白く大変な美人で、旦那に可愛がられてるんだろうと思った。
会社の忘年会やボーリング大会など、いつもは欠席していた千恵子が、珍しくこの間の花見に出席した。
俺は特に意識してなかったから同僚といつも通りに乱痴気騒ぎをしていた。...

【続きを読む】


千夏さんの体に溺れてしまった私

27文字数: 3371

私が不倫している相手というのが、実は近所に住む家族ぐるみでお付き合いしている奥さんなのです。
その人は“千夏さん”と言い、私より3歳年上の36歳です。
千夏さんと不倫の関係になったのは、ある熱い夏の日でした。
小学校に通う娘の彩花と、千夏さんの娘さんと仲が良く、映画や遊園地などに一緒に付き添いをしたり、お互いの家にお泊りをしているうちに家族ぐるみでお付き合いするようになりました。
そして、夏...

【続きを読む】