レイプ、 フェラ 体験談

【長編官能小説】彼氏の親友に寝取られ奪われた一途な心と体

0文字数: 29457

■ポイント
この寝取られ小説は、彼氏の親友に身も心も堕とされて奪われていく彼女の姿とその彼氏が焦燥感と不安感に苛まれ、苦しむ姿を描いています。
■あらすじ
高橋太一と立花千鶴は、付き合って5年目の相思相愛のカップル大学生時代から交際を重ね、社会人になっても順調に交際を続けていた。
2人は結婚を前提として付き合っており、同じ職場で働いている。
そんな幸せな2人の関係は、昔から身近にいた1人の男...

【続きを読む】


「長編官能小説」夫が嫌う同僚に身も心も寝取られ奪われた人妻

0文字数: 26105

■ポイント
この寝取られ小説のテーマは、『夫のライバルであり、嫌っている同僚に浸食され奪われていく人妻』です。
夫一筋で相思相愛の夫婦が、一人の男の存在により壊れていく様子を長編寝取られ小説として描いています。
夫が嫌っているやり手の同僚に徐々に身も心も寝取られていく人妻の姿を背徳感強めで描いています。
人妻の心の移り変わりと体の変化を丁寧に描いています。
背徳感が強くストーリー重視の寝取ら...

【続きを読む】


「長編官能小説」ヤクザに抱かれ続け心まで堕とされた人妻

0文字数: 17106

■ポイント
この寝取られ小説のテーマは、『ヤクザに嫌々抱かれ続け体と心まで寝取られる夫一筋の人妻』です。
ヤクザの組長である男の権力とオスとしての圧倒的な力によって寝取られていく人妻の姿を長編寝取られ小説として描いています。
ヤクザの暴力性とオスとしての力強さにより、身も心も寝取られていく人妻の姿を背徳感強めで描いています。
夫思いで一途が、一人の男によって心まで支配されていく姿を丁寧に描い...

【続きを読む】


「長編寝取られ小説」夫の上司に心まで寝取られた人妻

0文字数: 19696

夫の上司の策略にハマり夫思いの人妻が寝取られていく様子が描かれています。
やり手で男性としても夫よりも格上の上司によって徐々に塗り替えられていく人妻の姿が楽しめます。
長編の人妻寝取られ小説をじっくり読みたい方におすすめの作品です。
目次
第一話『人妻を寝取ろうと暗躍する上司』
第二話『夫の上司に寝取られてしまった人妻の唇』
第三話『唇を再び奪われ心を浸食され寝取られていく人妻』
第四話『寝...

【続きを読む】


キャンプ場で妻が大学生たちにレイプされ、妊娠してしまった。

30文字数: 13631

10年以上前の話で、当時私が28歳で妻が27歳の時のことです。
まだ子供がおらず、自由に二人で遊びに行けたので、
夏にキャンプに行こうと話し合い、2泊3日で田舎のキャンプ場に行くことにした。
私:中小企業で働くホワイトワーカー。26歳で結婚
妻:弘中綾香アナ似。色白で童顔だったこともあり、当時は大学生と間違われることもしばしば。
おっぱいは大きく当時はDカップだったが、今はEカップまで成長...

【続きを読む】


去年結婚したけど。

16文字数: 1774

俺には去年結婚した妻の里菜が居る。
身長154位で可愛いタイプの子!
良くこんな子と結婚出来たな、
とは自分でも思ってるけど。
ちなみに俺も里菜も24歳ね。
そしてそんな俺達に絡んで来る
高校時代の同級生のS。
Sはいわゆるイジメっ子、
俺は逆に弄られるタイプ。
本来なら高校で終わりたい関係だった。
でも就職した会社の取引先にSが居たんだ。
ビックリしたけど無下には出来ない。
取引先だから、...

【続きを読む】


中学生の時、債権取り立てで家に居座ったヤクザに女の代わりに毎日レイプされました.....⑧全て犯し尽くされて。

4文字数: 1524

筋肉のかたまりのような大男の神龍会会長に落札され、特別な部屋でレイプされた僕は続けざまに4回もお尻を犯され失神してしまいます。
その間に会長は僕を連れて会長の別荘の地下室に移動しました。
頑丈で広い地下室はいくつも部屋があり、恐ろしい拷問部屋や処刑部屋まであるのです。
そして僕は特別室のセックス部屋に閉じ込められ、たくましい会長の異常なレイプのエジキにされたのです。
覚醒剤や売春、貸金業など...

【続きを読む】


中学生の時、債権取り立てで家に居座ったヤクザに女の代わりに毎日レイプされました....⑦組長のレイプと身請け。

9文字数: 1874

裸の神龍会会長は片手にブランデーを持ちながら僕を手招きします。
後ろにたつ大女が僕を前に押し出しました。
大きな革のソファにずっしりと座った会長は浅黒く日焼けし、全身に龍の刺青をした筋肉のかたまりのような大男でした。
後ろ手に縛られた僕は会長の拡げた両足の間に立ちます。
会長の下腹部にはオレンジ色の大きなタオルがかかっていて、その真ん中は信じられないほどに盛り上がっていたのです。
若いヤクザ...

【続きを読む】