バイブ、 アナル 体験談

私は美奈子 近親相姦に救われて⑧

9文字数: 4046

今回はアナルセックスの魅力に目覚めた体験記です。
今回は私セックスに革命的な淫楽を与えてくれたアナルセックスの体験記です。
現地でのセックスで重要で最も興味をもったセックスがアナルセックスです。
こちらの娼婦紹介用ポルノムービーで見たで私と同等な小柄bodyの少女がアナルで巨根を受け入れ、性器にペニスを挿入して失神しながらエクスタシーを味わっていました。私はあの恍惚とした表情が忘れられません...

【続きを読む】


私は美奈子 近親相姦に救われて④

4文字数: 4861

私の初オナニーのエピソードです。
帰国して、主人との夫婦生活は退屈なものでした。
セックスは版を押したように週2回。
キスして乳房をもみ軽くテマンして挿入、10cm程度のペニスでは子宮に届くまでもなく数分で射精。射精後、背を向けたら眠ってしまいます。
射精目的だけのセックス。フェラチオすら拒まれた絶望感。
一 人でシャワーを浴びて、性器から主人の精液を掻き出しました。クリトリスが腫れ上が...

【続きを読む】


俺の愛おしい堕天使 元お嬢様女教師T子(性感マッサージ3P調教編60)

0文字数: 438

そして、ここで燃料補給の中休み昼食タイムとなった。。
この日はT子は手作り弁当を作って持ってきた。
ピクニックかよ。
T子は料理が上手いが、好きな2人の為にそれぞれ2段重ねの丁寧で豪華な弁当だった。
ご飯の上には振りかけのハートマーク。
昼食後、Aがトップで一対一でセックス。体位を変えて2回射精。
次に俺が挿入して最後の締めの一対一のセックス。俺は2回射精。
この日は俺5回 Aは7回で合計1...

【続きを読む】


俺の愛おしい堕天使 元お嬢様女教師T子(性感マッサージ3P調教編59)

0文字数: 482

T子「そう、Yさんとヨシキさんに愛されてるのって凄く気持ちいいの。おかしくなりそうに深く愛されて
るの。
あ~~っ 気持ちいいの。 あ~~~ また逝っちゃうの T子 またいっちゃうの あ~気持ちい
いの。」
俺「気持ちいいんだね。T子は凄く可愛いよ。またこんなセックスしたいの?」
T子「またしようね。またしたいの。気持ちいいの。あ~~~また逝っちゃうの あ~~~。」
ここで、Aは射精。
俺も...

【続きを読む】


俺の愛おしい堕天使 元お嬢様女教師T子(性感マッサージ3P調教編58)

0文字数: 769

T子「あ~~~っ 。」
俺もAも2穴同時挿入して軽くピストンを開始する。
T子「いや~ いや~ 恥ずかしいよ~。こんなの Hなビデオみたいでいや~~っ。 」
俺「T子、大丈夫だよ。俺が側にいるから。もっと気持ちを開放して、今のアナル感覚を受け入れなさ
い。T子が今迄ちゃんと貞操を守ってきたことを俺は一番知ってるから。今日は、ヨシキをアナルで受
け入れ楽しみなさい。いい子だなT子は。綺麗だよT...

【続きを読む】


俺の愛おしい堕天使 元お嬢様女教師T子(性感マッサージ3P調教編57)

2文字数: 693

T子「いや~~ いやだ~~っ やめて~~ あ~~~っ。」
強姦される処女のように叫んでいる。
俺「いいよ。今迄アナルバージンを守ってきたけど、俺の目の前でアナルのセカンドバージン ヨシキ
に破られるのを許してあげるよ。いままで良く頑張った。ありがとう。俺にしがみついて、ヨシキにおち
んちんを入れてもらおうよ。」
T子はアナル調教済みで、性感は十分開発されているので、いったん挿入されてしまうと...

【続きを読む】


俺の愛おしい堕天使 元お嬢様女教師T子(性感マッサージ3P調教編56)

2文字数: 486

T子は何度も逝って俺の腹の上でぐったりしていると・・・
AがT子の肛門にペニスを挿入しようとし始める。
T子は指と違う気配を感じて、
T子「やっ やっ そこダメ。おちんちんはやめて。」
A「どうして? 指ならよかったのに。」
T子「お願い。おちんちんは、ダメ。」
A「どうして、気持ちいいよ。」
T子「お尻はYさんとだけ。」
俺はAとの事前の打ち合わせで、T子はアナルだけは俺以外の男には貞節を...

【続きを読む】


俺の愛おしい堕天使 元お嬢様女教師T子(性感マッサージ3P調教編55)

2文字数: 600

T子は、長時間に渡る厳しく恥ずかしい責めが終わり、{あ・あ・あ・あ}と身体を小刻みに震わして泣
き始めた。
T子「お願い 手枷も外して。」
俺「T子 良く頑張ったね。すっごく綺麗だった。俺も感じたよ。」
背中を撫でてやって、〉俺は手枷を外してやった。
汗まみれで身体がまだ小刻みに震え、「は~ は~」と大息を付いている。
チンポ挿入無しでの長時間の責めで、膣口と肛門が、狂ったようにチンポを求め...

【続きを読む】