彼氏じゃなくても
妹援交
妹援交

潮風サンゴ

弟メス化


24文字数:1265

歳の離れた弟は俺と違って中性的な顔をしてて可愛いから虐めたくなる。
チンコも剥いてやったしフェラチオもしてやった。
「兄ちゃんまたフェラチオして」
「それじゃお前もフェラチオしてくれよ」
いつも部屋にいる時はお互いのチンコをフェラチオし合う。
「お尻の穴も弄ってよ、あれ気持ち良くて自分でも最近弄ってるの」
「じゃあ自分じゃ出来ないことしてやる」
小さな肛門を舐めて舌をねじ込む。
「や…そんな所舐めたら駄目だよう…」
「何でだ?気持ち良くないのか?」
「気持ち良いよう…でも舐めたら汚いよお…」
「お前のなら汚くないから心配すんな」
「あふう…お尻の穴舐められてるだけでもう出ちゃいそう」
「イクのか?肛門で感じてイクなんて女の子みたいだな」
「やあ…僕は女の子じゃないよお…あ…出る…出ちゃう〜」
肛門舐めてる間はチンコに触らなかったのに勢い良く精子を放出してる。
「出ちゃったな、これじゃ本当に女の子だぞ?女の子は穴にチンコ入れられて気持ち良くなるんだぞ」
「僕のお尻に兄ちゃんのチンコ入れるの?」
肛門をチンコの先でツンツンしてたら期待と初めての怖さをごちゃ混ぜにしたような表情で見られた。
「嫌ならやめるけどどうする?入れて欲しいか?」
「怖いけど入れてみたい」
「それなら深呼吸して力抜け」
何度か深呼吸を繰り返す弟。
タイミングを計って一気に半分くらい挿入した。
「あう!お尻が広がるう!」
「半分入ったってとこだな、もっと奥まで入れるか?」
「全部入れてみて!これ気持ち良いかも!」
またチンコを硬くして深く挿入してくれと願ってくる弟。
リクエストに応えてズブズブと入れていき完全にチンコが見えなくなった。
「入ったぞ」
「ああ〜!これすっごい!指より気持ち良い!動いて兄ちゃん!」
中性的な顔でウットリされると俺も錯覚してしまう。
チンコの付いた女とSEXしてる気分になって腰を振りながら真っ平らな胸にチョコンと乗ってる乳首を舐める。
「ああん!あん!ああ!いい!お腹の中グチャグチャにかき回されて感じちゃう!」
「やっぱりお前は女の子じゃないのか?その辺にいる女よりも可愛いぞ」
「男だよう!でも気持ち良いから女の子でもいい!」
「それじゃ兄ちゃんとある時は女の子の格好してくれよ、そしたら毎日気持ち良くしてやるぞ?」
「家の中だけだよね?あはっ!ああん!」
「外でもだよ、兄ちゃんと二人で出かける時だけで良いからさ」
「友達に見られたら…はうっ!変に思われちゃう…ううん!」
「お前に似た可愛い女の子って思われるだけだよ」
「でも…はあん!」
「女の子の格好してくれるならこのまま中に出してやるぞ?自分じゃ出来ないから中出しされてみたいだろ?」
「するう!女の子の格好するから中に出して!」
「約束な?じゃあ中に出すぞ」
「はうっ!ビューって出てる!奥にビチャビチャって当たってるう!気持ち良いよう…」
「あー、俺も最高の気分だ」
「ああ!また出ちゃう!」
二度目の射精をして自分の顔にまで精液を飛ばしてた。

 

良かったら「いいね」してください。誰でも「いいね」出来ます!


同じジャンルの体験談

トップページに戻る