酔い潰れた父の顔の真上で母に中出し


酔い潰れた父を母が寝室まで支えて行き寝かせてきた。
リビングに戻ってきた母とキスして服を脱がせ合い、バックで胸を揉みながら腰を振る。
「少し冒険してみようか」
「何をするの?」
「立って、移動するよ」
「え?待って…こっちは…」
腰を振りながら歩かせて父の寝てる寝室に入る。
「お父さんが目を覚ましたらどうするの…」
「大きな声を出さなきゃ平気だよ、それよりほら、父さんの顔を跨いで」
父の顔を四つん這いで跨がせてSEXを続ける。
「この状況に興奮してるね?マンコの締まりがいつもより強いよ?」
「ああ…こんな…いま目を覚ましたら…」
「息子の生チンポでマンコ突かれてるの見られちゃうね〜」
「お願いもう行きましょう?」
「まだ駄目だよ、このまま母さんに中出しするから」
気持ち良さそうに寝てる父の顔の真上で母のマンコに深々とチンポを突き入れたまま射精する。
「ふっ!うっ!うう…最高!」
「ああ…!あなたごめんなさい…」
「父さんの顔の真上で息子に中出しされて気持ち良かった?」
「何度もイッてたの気付いてるでしょう?こんなのがクセになったら困るわ…」
「息子のチンポが大好きで中出しされるのも大好きな変態母さんが俺は好きだよ、このまま父さんの横でSEX続けよう」
顔を跨らせるのは終わりにして、寝てる父の横で騎乗位させる。
「ああ…あなたぁ…息子のチンポが気持ち良すぎて腰振っちゃう私を許して…あ…イク…!」
「もっとマンコ締めて、また中出しするから」
「息子に中出しして欲しくてオマンコ締めちゃう悪い妻を許してぇ…」
「くっ…出すよ」
騎乗位で中出しさせてもらった後は母が俺に覆い被さってキスしてくる。
母のお尻を両手で揉みつつ下から突き上げる。
「んふう…はふ…はふぅん…」
「もっと涎飲ませて」
「んへえぇぇ…お母さんの涎よ…いっぱい飲んで…」
さっきまで父が目を覚さないかと心配してたのに、全然起きる気配が無いと判ってSEXに集中し始めたみたい。
父が寝返りをうった時はビクッとしてたけど、その後はすぐにSEXに没頭したからね。
何度か父の側で母に中出ししてフェラチオもさせたら二人で風呂に入る。
「凄いSEXしちゃったわね」
「父さんを裏切って息子と中出しSEXするの楽しかったろ?」
「顔を跨らせるのはやり過ぎな気がしたけど…いつもより気持ち良かったのは確かね」
「偶にはこんな冒険も有りだよね」
「偶にならね?毎回は無理よ」
「毎回したら新鮮味が無くなるから偶にやるだけにしようね」
「んふ…そうね…」
「それにしても…まだマンコからザーメン出てくるね」
「あんたがそれだけ中に出したのよ」
「母さんのマンコ最高だから何回でも出せちゃうんだよね」
「フェラも好きでしょ?」
「うん、このオッパイに挟んでもらうのも好きだよ」
「全部じゃないの…」
「そう、俺は母さんの全部が大好きだからね」
「オマンコにキュンときちゃったわ…またキスして…」
母を後ろから抱きしめてマンコと胸を触りながらキス。
こうして風呂に入るのも最高だ。

 

良かったら「いいね」してください。誰でも「いいね」出来ます!


同じジャンルの体験談

トップページに戻る