遠い日の思い出③


その日私達は時間を忘れて求め合い、疲れて眠ってしまいます。
目が覚めると6時を回っており、慌ててラブホを出ました。

駅まで彼女を送り車を走らせると、ルームミラー越しに映る彼女は見えなくなるまで手を振って見送ってくれました。

翌日彼女から電話がありました。

『昨日はありがとうございました。あの…今日は忙しいですか?(//∇//)』

もちろん私に否やはなく、11時の約束で駅で待ち合わせます。
少し早めに着くと彼女はすでに来ていました。
彼女を車に乗せるとラブホへ直行、もう私に躊躇はありません。

部屋に入り彼女を抱き締めると舌を絡ませ合います。
彼女は苦しそうに唇を離し私の胸に顔を伏せながら『家を出る時にシャワーは浴びて来ました…(//∇//)』と恥ずかしそうに囁きます。

私は彼女を後ろ向きにして壁に手を付かせるとお尻を突き出させ、スカートを捲り上げショーツを足首まで一気に…

『アアッ…恥ずかしいです…(>__________

良かったら「いいね」してください。誰でも「いいね」出来ます!


同じジャンルの体験談

トップページに戻る