萌えた体験談データベース

夫のいないあいだにレイプ犯に…


自宅侵入されレイプされた日。
私はいつものように夫を送り出したんです。
私は結婚を機に退職しましたが、夫とは職場で出会い29歳の同じ年です。

その日もいつものように朝主人を送り出し、一通り家事を終えるともう午前10時になっていました。
少し気合を入れて掃除などをしたからなのか、少し暑さを感じてリビングのカーテンを閉めてシャツを脱ぎ、キャミソールに着替えて冷たい飲み物を飲みながらソファでくつろいでいると、とても心地良くてそのまま私はいつの間にかソファで眠ってしまいました。

物音と人の気配とを感じて薄目をあけると男の人の背中が見えました。

泥棒?

自宅に侵入している男は手当たり次第に金目の物を探しているみたい。
とにかく怖かったんですが幸い家には大金は置いていないし、このまま気づかない振りをしていれば出ていってくれるかも…

再び目を閉じこの恐怖をやりすごそうとしました。

だけど、しばらくその辺りを物色していた泥棒はやがて私に近づいてきて、ソファで横になっている私を見下ろしている気配を感じました。

そして男の手が私の胸を弄り始めたのですが、この時はまだ「犯される」という恐怖より、「殺される」という恐怖が強かったです。

しばらく私の胸を揉んでいた泥棒は、私に顔を近づけてきて、男の荒い呼吸を頬に感じました。
男は私の唇を舐め乱暴にキスをして、強引に私の口の舌を入れてきました。
キャミソールの肩紐がずらされ、私の胸が男の視線にさらされると、すかさず乳首に吸い付いてきました。
私の乳首を味わいながら男の手はアソコにまで伸びてきて、下着の上から刺激してきました。

そんなことを数分続けられた後に、私の耳に聞こえてきたのは男がベルトをはずす音。

このままじゃ泥棒にレイプされる!

もう眠った振りをしている場合じゃないと思った私は初めて目をあけて男の姿を見たのですが、そこにいたのは長い髪を茶色に染め、サングラスをかけた若そうな男でした。
男は私の足を持ち上げ、下着を無理やり下ろそうとしていたのですが、私が目を開けたことに気付くと動きが止まり、
「やっぱり起きていたんですね」
と言ってきました。
私は恐怖で声が出ず、でもこのまま黙って強姦されるわけにはいかないので、とにかく大声で叫ぼうと大きく息を吸い込んだんですが、すかさず男の手が私の口を塞ぎ
「大きな声出したらだめですよ。あんまり抵抗されると僕も何をするかわかりません」
そう言いながらカッターナイフを手に取り、私の目の前でちらつかせてきました。

私は男の、落ち着いた声や見た目と違って丁寧な言葉遣いに恐怖を覚えると同時に、この人慣れてると思いました。
はじめて「殺される」という恐怖を感じて、私は大声を出すのを諦め頷くしかありませんでした。

男は少し微笑むと私の口から手を離して再び下着を下ろしにかかりました。
私のアソコを凝視すると
「キレイマンコなんですね」
と言って、あそこを濡らすために唾液を垂らされ2、3度舌で舐められました。
男は既に下半身裸で、しかもペニスは勃起していて、私の股の間に体を入れてきました。

「お願いです入れるのだけはやめてください」

私は涙声で懇願しました。
だけど男は私の首をつかむと、何の感情もない声で
「抵抗すれば傷つけたりしません。入れてもいいですよね」
「お願いです、せめてゴム付けてください」
「嫌いなんですよ。だからこのまま入れますよ」
「だめ、絶対だめ」
少し冷静さを取り戻したこともあり、初めて本気で抵抗を試みました。
激しく足をバタつかせて、体をよじろうとすると男は豹変して物凄い力で私を押さえつけて馬乗りになり両手で首を絞められました。
さっきよりもはるかに強い力。

苦しい
そして怖い

「あんまり怒らせないでくださいよ。このまま絞め殺してもいいんですよ」

涙がボロボロとあふれ、恐怖で声が出せないので、危害を加えないで欲しいという意思を頷く形で男に伝える私。
ようやく手が離され声が出せるようになり震える声で
「お願い殺さないで…言うとおりにしますから」
「そうしてくれれば傷もつけません。約束します。じゃあ入れますね」
「はい」
「本当にご主人以外のモノを入れてもいいんですね?それとも入れてほしい?」
「…」
「どっちなんだよ?奥さん、入れて欲しいんですか?欲しくないんですか?」
「い…入れてください」

早く終わらせて欲しいのに、男は心まで踏みにじってきました。
もう私が解放される唯一の手段はこの凶悪な男の性欲を満たすことしかありません。
本当に悔しくて仕方なかったけど、こう言うしかなかった。

男はゆっくり腰を沈めてきて、私の中に太いものが埋まっていきました。
徐々に、そして根元まで。
結婚後初めて主人以外のものを受け入れてしまった感覚に涙がまたあふれました。
男は私の絶望感などよそに猛烈な勢いで腰を振って陵辱してきました。
すごく荒々しい腰使い。
今までに体験したことのない速さで何度も何度も私の中を行き来してレイプしてくる。
しかも全然止まらない。
やがて男がとどめの一突きをとばかりに思い切り膣奥深くに突き入れてきたのと同時に鳥肌が立ちました。
獣みたいなうめき声が出て体が震えた。
情けないことにいかされてしまいました。
でも男はまだ満足しない様子で精液を放たれた感じもありません。
私は床に降ろされソファに手をつく格好にさせられました。

予想通り、次は後ろから犯されました。
さっきよりも一段と速いスピードで私をレイプしてきました。
「外に出してください」
私がそう言う前に男は勝手に中に出しました。
物凄く大きな絶望感。
男が出ていったらすぐにでもシャワーで洗い流したい。
そう思いましたがその願いは叶いませんでした。
「奥さんごめんなさい。思ったよりも早くいってしまいました。今度は頑張りますからまだまだお付き合いくださいね」
人の家に侵入してきた男の言葉とは思えない台詞。

私は返事もできずにいたのですが、男の気に障ったらしく
「あれ、全然素直じゃないですね。私の言うとおりにしてくれるんじゃなかったんですか」
「すいません、嬉しいです。早くください、お願いします。早くっ」
私が必死に叫ぶと男は満足したみたいで
「せっかくのいい女ですからね。もう一度入れたいですね。今度は寝室でやらせてもらえますか」
「いやです。それだけは」
「だまれ」
私が拒絶のせりふを言う前に男に引きずられ、私は夫婦のベッドの上に放り投げられました。
「このベッドでご主人に抱かれてるんですね。どうですか同じベッドで違う男に犯されるっていうのは?興奮しますよね?」
私が何も話さないでいると、
「こんな綺麗な奥さんを好きにできるんですから、僕はとっても興奮していますよ」
と言ってまた中に入れてきました。

昨晩私を愛してくれた主人の顔が目に浮かびました。
男がどれだけ激しく動いても何も感じない。
まるで男の性処理人形になったようでした。

あらゆる体位で犯され続けて、2度目の男の精液が私の中に放たれました。

そのあとも男は玄関、キッチン、リビングとあらゆる場所で、そしてあらゆる体位で私を陵辱してレイプしました。
男の欲望と精液を何度も受け止めた私は全裸のままベッドの上でぐったりしていると
「奥さん、また来ますからね。今度はもっといっぱい楽しみましょう」
と言って何事もなかったかのように帰り支度をして去っていきました。


トップページに戻る