アダルトグッズのNLS

叔母にお世話になったこと (叔母の体で童貞卒業告白記)


僕は今35歳。叔母は44歳の美熟女です。
44歳なのに見た感じは35~38歳ぐらいに見えます。
僕は18歳の時に童貞を卒業した。相手は母方のこの叔母です。
もちろんそのあと何度も叔母のお世話になった。
当時、叔母は27歳で9歳差。
母とは23歳離れているのです。母方の兄妹姉妹は全部で6人もいる。
一番上が母(当時40歳)を頭に、長男、次男、次女、3女、4女(叔母)の順番。
叔母が僕の遊び相手でした。
9歳差ですから近いんです。
覚えてるのは3歳ぐらいの時だったかな。遊んでて転んで怪我したとき、叔母におんぶされて泣きながら叔母にしがみついてた。帰宅してから治療してくれた。
泣いてる僕を、叔母が慰めてくれました。
僕の家と母の実家は両隣。そんなわけで、ほとんど実家に入りびたりでした。
「澄子お姉ちゃん、遊んで。」
叔母なんだが、お姉ちゃんみたいな存在だったので「お姉ちゃん」と呼んでました。
叔母も僕のことを弟みたいに思って可愛がってくれた。
一緒に風呂に入るのがほぼ日課。
母には言えなくても、叔母にはいろいろ話しました。
僕が12歳の小学6年の時でした。
いつものように一緒に風呂に入った。たまたま叔母が海外旅行で1週間ほどいなかったんですね。
やっと帰ってきて、「敏則ちゃん、一緒にお風呂入ろう」ということで久しぶりのお風呂で嬉しかった。
お風呂でたくさん話をした。そのうち、叔母が私の股間を見てることに気がついた。
「お姉ちゃん、どうしたの?ぼくのチンコって変かな?」
「ん?敏則ちゃん大人になりかけだね。少し剥けてきてるわね。」
「剥ける?何が?」
「オチンチンの皮よ。男の子はね、この皮がちょっとずつ剥けて大人になるのよ。」
「そうなんだ!ねえ、もっと剥けるの?」
「ダメダメ、自然に剥けるからそっとしておきなよ。自分で剥いたら怪我するからね。」
「うん、わかった。」
こんな会話だったかと。
僕が中学3年の時の夏休み。受験勉強ばっかりじゃ疲れてしまうってことで、叔母が海に連れて行ってくれた。二泊三日の夏休みの思い出です。
叔母はこの時ビキニの水着でした。水色(ちょい青より)の花柄だった。鮮明に覚えてます。しかもヒモで結ぶパンツだった。かなりセクシーな水着だ。
なんせまだ24歳だから若い若い。
実際見た目は20歳と言っても誰も疑わないくらい見かけが若かった。
顔は、亡くなられましたが坂口良子さんの若いころにそっくりです。
可愛い感じの美人。
宿の人や周りは姉弟と思ってるみたいでした。それぐらい仲がいい。
叔母のビキニ姿が目に焼き付いてしまった。
澄子姉ちゃん、綺麗だな。スタイルいいなあ。おっぱいも大きい(Cカップ)なぁ。
海パンの中でチ○コが勃起してしまった。思わずバスタオルで隠した。
一緒にビーチパラソルの下でアイスクリームを食べながら、いろんな話をしました。
叔母のおっぱいに目が行ってしまう。やばい!と思いつつ目が釘付け。
そして股間。澄子姉ちゃんはそこそこのモリマンでした。股間のアノ部分がこんもり膨らんでた。そのうち食い込んでしまって、マンスジなるものを見てしまった。
中3のガキにはあまりにも強烈な刺激だった。
海の中でお姉ちゃんと遊びながらも、おっぱいやマンスジを見て興奮もあり海パンの中で我慢できずに発射してしまった。(手コキ無しで発射した。)
泳ぎながら海パンの中に海水を入れて海パンを洗いました。
さすがに発射したまま砂浜に上がるのは恥ずかしかったから。
海から帰ってからのことでした。澄子お姉ちゃんのビキニが家の中の洗濯ハンガーに干してあった。
だーれもいない家。こっそり叔母のビキニ上下を部屋に持って行ってじっくり見てしまった。
匂いもかいでしまった。柔軟剤のいい香りがしました。
思わずオナニーを3回もしてしまったくらいに興奮しまくりだった。3回終わって賢者タイムで反省しまくった。
「お姉ちゃん、ごめんなさい。」ビキニに向かって謝りました。

高校に入って、特段何かお姉ちゃんとあるわけもなくそのまま順調に進み高校3年になってしまった。
高校2年の時、叔母の例のビキニとショーツ数枚を貰ってしまった。こっそりだけどゲットした。
叔母がゴミで出そうとして見えないように青いビニールに入れてたのを見てしまった。
たまたま僕が叔母に話が合って部屋に行った時だった。
「お姉ちゃん、それゴミ?」
「え?う、うん。ゴミ。」
「じゃあ、僕の部屋のゴミと一緒にして下に持って行っておくよ。お姉ちゃんビニール貸して。」
「まあ、いいっか。中見ちゃだめよ。」
「そんな、ゴミなんか見ないって。ゴミ捨てたらお風呂入ろっと!!」
僕が預かって、僕の部屋のゴミ袋の中に青いビニール袋を放りこんで、バスタオルやンツを持って1Fのゴミ置き場に行った。
叔母の部屋の前を通過。叔母はビニールに入った青いビニールをチラッと見た。
本当のゴミの中に青いビニールが入っているから問題なんかない。
ゴミ置き場の中でじっくり中身を拝見。
うお!あの時のビキニ!!ブラ、ショーツが4セット!!
そこから、ビキニとショーツ3枚(白、黒、ピンク)あとブラ1枚(黒)を抜き取ってバスタオルの中に隠して風呂場に行った。
もちろん、叔母は知る由もない。
もう、毎晩おかずになりました。叔母のショーツ3枚、ブラ1枚、水着ともに宝物だった。
こっそりショーツやビキニパンツを履いたりもした。興奮しまくり。叔母が使ってたもの
を自分が身につけているということの喜びもあった。
叔母が身につけてたもの=大好きな叔母と同じ。叔母のオマンコが触れていたものと思うと興奮もしたし、うれしくてしょうがなかったです。

大学受験も必死に頑張り国立大に合格。(大学名は秘密。)
澄子姉ちゃんはとっても喜んでくれた。この時叔母は29歳。まだまだ若い。
見た感じは、25歳の頃と変わらなかった。
「敏則ちゃんおめでとう!!すっごく頑張ったもんね。」
「澄子お姉ちゃん、ありがとう。」
「そうだ!何かご褒美あげたいな。叔母ちゃんからの合格祝い。」
「お姉ちゃん、いいよ。そんなお祝いなんて。」
「そう?でも叔母ちゃんにまかせて。欲しいものあげるからね。」
そして、卒業式の夜だった。
澄子お姉ちゃんが部屋に来た。
「ねえ、明日から春休みだね?一緒に○○○温泉に行こうか?もう宿予約しちゃった。」
「ええーー!!温泉?」
「うん!混浴もあるんだってさ。へへへ。また小さい時みたいに一緒に入ろうか?」
「こ、混浴!!」
「そっ!あ、お父さん、お母さんには黙ってるんだよ。一緒に混浴なんて言ったら、絶対許可してくれないから。」
「もう、僕もおねえ・・・・いや、叔母さんも大人だけどいいのかなあ?」
「何言ってんの!昔一緒に入ってたんだし。」
「じゃあ、おねえ・・・じゃなかった澄子叔母さんと一緒に行く。連れてってね。」
「OK!ねえ、お姉ちゃんじゃなくて叔母さんなの?」
「ん?ごめん、澄子お姉ちゃん。」
「よし、よし。叔母さんなんて言ったら、お風呂でオチンチン思い切りひっぱちゃうぞ!!」
「ひえ!」
2日後、澄子姉ちゃんの運転で温泉に到着。1泊2日でした。
澄子お姉ちゃんと一緒にいるのが嬉しかった。2人だけってのが嬉しくてしょうがなかった。お姉ちゃんを独占!みたいな感じで。
澄子お姉ちゃんも可愛いがった僕と一緒に来たのが嬉しかったって言ってくれた。
部屋に行って荷物置いて。
「さあ、温泉であったまろうね?混浴で待ってるからね。お姉ちゃんと一緒に入ってたくさん話そうね。」
「う、うん。体洗ってから行くね。」
「私もそうしよっと。」
男女別々ののれんをくぐって入った。
叔母と混浴。嬉しかったが、待てよ?もしかしたら勃起しちゃうんじゃないか?
不安がよぎった。せっせと念入りに洗った。
混浴へと移動。
タオルを腰に巻いて、混浴風呂へ。
誰かいる!!誰だ?湯気の中に肩から上の後姿の女性がいた。
「お姉ちゃん?」
「敏則ちゃん、待ったわよ。早くいらっしゃい。」
「お姉ちゃん早いんだね?」
「あなたが遅すぎなの。まあ5分ぐらいしか変わらないけどね。」
叔母の横に静かに体を沈めた。タオルを頭の部分の岩に置いてスッポンポンで叔母の横に座った。
懐かしい感じで、変な気持ちなんか起きなかったのは救いだった。
「ねえ、お客さん少ないね?気が付いた?」
「え?そうかな?」
「うん。私たちと家族連れが2組だけ。」
「なんで?」
「わからないわよ。」
いろいろ話した。
「タオルいらないわね。どうせ人いないし。」叔母がバスタオルをお湯の中で外して僕と同じように背中の岩に置いた。
うわっ!おっぱい丸見え!! 股間の黒い毛も!!
瞬時に勃起してしまった。やばい!やばい!
「やっぱり裸が一番よね?ね?敏則ちゃん。」
「うん。」
叔母はいろいろ話してきたが、僕が生半可な返事ばっかだったので違和感感じたらしい。
「どうしたの?」
「いや・・・」
「なんかさっきから変よ?・・・あらっ!まあ!そういうことだったの?」
僕の股間を見て、叔母が納得。
「そっかぁ。敏則ちゃんも男か。まあいいわ。しょうがないもんね。私の裸で元気になるなんてぇ。こいつめ!」
「ご、ごめんなさい。でもお姉ちゃん綺麗なんだもん。無理だよぉ。」
「ふーん。ねえ、見たい?私の体。もう29歳のおばちゃんだけどさ。」
どう返事すればいいやら困った。
「ちょっとさ、一緒にこの場で立とう!!見せっこよ!」
言った瞬間、ザバーッと音立てて叔母が立ち上がった。僕の真正面!!
思わず見上げてしまった。下から上へ。
「さあ!敏則ちゃんも見てないで立つ!」引っ張り上げられた。
お互いスッポンポン状態で向かい合って立った。
もう僕のチンチンは、これ以上は無理ってぐらいに上向いて勃起してた。
「敏則ちゃんのって、凄いわね!へえ~、こんなに反っちゃって。しかもちゃんと剥けてるじゃない。ちゃんと大人になったね?良かったね?」
「お、お姉ちゃんこそ・・・昔のまんまで綺麗です。」(なぜか丁寧語。)
「そう?」
「ヘックシュン!!」(僕のくしゃみ)
「あら?寒い?じゃあお湯に浸かろうね。」
そのまま二人ともザブンとお湯にもう一回入った。
「お姉ちゃん、僕、お姉ちゃんに謝らないといけない。」
「ん?何を?裸で勃起したこと?」
「ち、違う・・・あのさ。」
例のゴミ事件のことを話した。ビキニ水着上下、ブラ1枚とショーツ3枚をかすめ取って今も大切に持っていることを話した。
「なーんだ、そんなこと?知ってたわよ。だってあの時さ、敏則ちゃんの目が「これ欲しい!」って言ってたから。たぶん、ゴミからこっそり持って行くかな?って思ったわ。でも、本当にしていたとはねぇ。エッチね。もしかしてぇ履いたりした?」
「・・・」(僕、無言。何も言えない。)
「そっかぁ履いちゃったかぁ。好きなんだね?ショーツとか。ねえ、もしかしてぇ、叔母さんのこと好き?今も?だから履いたの?いっぱい出しちゃったかな?アレ。」
コックリ。
「そう。そっか。好きかぁ。ショーツでオナニーね。なんだか可哀想な感じ。ねえ、そんなに欲しいなら帰ったら2、3枚あげるわよ。欲しいの言ってね。」
そして、いきなり叔母がお湯の中で手を伸ばして勃起した物体を握ってきた。
「うん!立派!大きいよね?太いよね?敏則ちゃんの。」
「そう?・・・かな?」
「うん。これなら女の子は喜ぶわよ。自信持っていいわ。この大きさなら間違いなく奥まで当たっちゃう大きさよ。女の子は感じまくっちゃうんじゃないかな?」
「でもさ・・・まだ経験ないし。」
「童貞ってこと?」
「う、うん。」
「じゃあさ、いっそのこと童貞も卒業しようか?ここで。今晩。」
叔母の一言はまさに予想外の一言でした。
「今日!!ここで?えーーーー!」
「まさか。ここじゃ嫌よ。あ・と・でーーーー!」と言っておでこにビンタ一発食らった。
あとでーの言葉どおりでした。いや、想像以上に凄かった。
ほんとに叔母が体を使って性教育してくれた。セックスの良さを教えてくれました。
「お、叔母さん!!」
「叔母さん?違うでしょ?」
「す、澄子お姉ちゃん、いいの?」
「ええいいわよ。だって、私も少しはその気なんだもの。こんな立派なもの握って興奮しない女はいないわよ。それに、もしかしたらって旅行前に思ったわ。」
「じゃ、じゃあ、あとでお願いします。」もう何度も頭下げてしまった。
「ずっと握ってていいでしょ?これ。」
お湯の中でずっと握られたままでした。当然小さくなるわけないし。
「ちょっと一度小さくしちゃおっか?」
叔母が悪戯っぽい目で見てきて、いきなり扱き始めたんです。チンチンを!
「お湯の中で出さないでね?出るときは立って外に発射してよ?お湯ですぐ流しちゃうから。」
もう逆上せてたからクラクラきた。
「お姉ちゃん、お湯から出たい。逆上せちゃう。」
「いいわよ。じゃあ石に座ろう?」握ったまま二人とも縁の石に座った。
叔母が左側に座って、僕の腰に右腕を回してぴったり寄り添ってきた。文字通り密着状態でした。左手でせっせと僕のチンチンを扱いた。
叔母のおっぱいが左腕に当たってた。柔らかい!
叔母は僕の顔を見たり、チンチンを見たり。
僕は叔母のおっぱいと股間に目が行きっぱなし。
「出るとき言いなさいよ。」
「は、はい。ハァ、ハァ、ハァ・・・」
なんて手コキなんだってくらい叔母は上手だった。
亀頭のカリや先端の尿道口を指先で攻めてきた。
「ダメだ!出ちゃう!!出ちゃう!」
「立って!!反対向いて!!」
叔母も僕も立ちあがって、湯船の外を向いた。
その瞬間、凄い勢いで僕のチンチンから発射!!叔母が発射のタイミングに合わせて扱くもんだから、飛距離が半端無かった。
終わって、僕は茫然と立ってました。横でバシャー!バシャー!とお湯を手ですくい上げて叔母が僕が出したモノを流してくれました。
ブルッっと震えが来た。
「寒いの?もう1回あったまろうね?」
そのまま二人で再度お湯に浸かった。
「敏則ちゃんのは本当に凄いわ。びっくりよ。」
「ご、ごめんなさい。」
「いいのよ。そんなの。もしかして溜めてたの?」
「かも・・・」
「そっか。じゃあしょうがないわね。きっとこれくらいじゃあ満足してないでしょ?あとでもっともっと気持ちいいことしてあげるからね?今は我慢よ。」
そして風呂から出てて部屋に戻った。
「ねえ、ちょっと外に行こうか?」
「うん!!」
浴衣の上に丹前羽織って、二人で旅館の外を散策しました。なぜか叔母は腕組んできました。
「このほうが嬉しいんでしょ?敏則ちゃんは。」
「は、はい。」
温泉街の小さいドラッグストアの前を通ったときだった。
「あ!そうだ!!待ってて。」
叔母がお店に入って行き、数分後出てきた。
「お姉ちゃん、どうしたの?何買ったの?」
「え?まあ、あとでね。」この時、叔母はスキンを買ったんですね。しかも1ダース!!
散策し終わって旅館に戻ると夕食時間になってた。
部屋で叔母と真向いで一緒に食事した。予想以上に豪華で上手かったのを覚えてる。
「ねえ、敏則ちゃんもお酒付き合ってよ。一緒に呑もう?飲めるでしょ?」
「は、はい。少しならば。」
叔母とさしつさされつで日本酒の熱燗を飲んだ。お酒のおかげで興奮が少し収まってた。
「あんまり飲むと眠くなるからこれくらいね。」
叔母は昔の思い出をたくさんしてきた。僕のことを弟以上に可愛かったって。
今も変わらないなあって言ってた。
そんなこんなで食事も終わって。
仲居さんが布団を敷きにきた。なんだかいよいよ!って思ったら、またまた興奮してきた。
叔母がすぐに見抜いて、「ねえ、温泉また入ろうか?今度は混浴なしよ。」
結局、温泉に浸かってもう一度綺麗に洗った。
暖簾を出たらば、叔母が前のソファで待っててくれました。
「洗ったの?綺麗にした?」
「はい。」
「そっ。じゃあ部屋に戻ろうね。寒いわ。ここ。」
部屋に戻って、入口を叔母が施錠した。
もう誰も入って来れない。ここからは叔母と二人の時間になった。
「敏則ちゃん、こっちおいで。」叔母が敷布団に正座して手招きで呼んだ。
とうとう!僕が男になるときが来た!!
叔母の前に膝がつくくらいに近づいて正座した。
無言で叔母が無言でもくの右手を掴むと、浴衣の胸元に入れた。手のひらにブラの感触とおっぱいの温かさが伝わる。
「いいわよ。揉んでみて。どう?柔らかいでしょ?左手も入れてみて。」
両手を浴衣に入れて左右のおっぱいを揉んだ。興奮してはぁはぁと呼吸が荒くなってしまった。
叔母が浴衣の帯をほどくと前を開く感じで半脱ぎとなった。ブラは黒だった。もちろんショーツも黒。
色っぽすぎる!!もうおっぱいと股間に目が行ったり来たりしてしまって、叔母が笑った。
「目が泳いでるわ。慌てないの。ちゃんと全部みせてあげるから。女の身体がどういうものか教えてあげるわね。」
揉み揉みしながら何度も頷いてしまった。喉もカラカラ。
叔母は浴衣を全部脱ぐと敷布団に仰向けにゆっくり倒れて、僕の腕を掴んで叔母の上に乗るように誘導してくれた。
「敏則ちゃんも浴衣脱いで。パンツだけになって。」
叔母が帯をほどいて、僕の浴衣を脱がした。
そのまま叔母は背中に腕を回して、ゆっくりブラのホックを外すとブラを取った。
叔母のおっぱいが眼前に!!
わっ!おっぱい!
「何もそんなに驚かなくてもいいでしょ?さっき見たんだし。私のおっぱいはどう?」
「お姉ちゃんの綺麗だ。」
「おっぱい吸ってみて?舌で乳首を舐めたり乳輪を舐めたりしてみて?」
言われるがまま。僕はおっぱいを揉みながら口に乳首を頬張った。
吸ったり舐めたり、何度も何度も繰り返してた。叔母の呼吸が速くなってきて小さい声で喘ぎ始めた。
無意識におっぱい吸いながら、見上げる感じで叔母の顔をみてしまった。
「ああ、あっ、そうよ。そうよ。そうやってて。」
叔母の言われるとおりにしました。
叔母のおっぱいにかじりついてるなんて夢みたいだった。
「痛い!噛んじゃだめよぉ。優しくしてね?乳首はデリケートなの。」間違って噛んでしまった。
「そう、そうよ。乳首を吸いながら舐めて。ああーん!いい!上手。もっと頑張ってね。おっぱいの下から乳首に向かって舐め上げて・・・いい!!」
叔母の言われるとおりにしました。叔母がテクニックを僕に伝授。
生身のセックス練習だったな。
かなりの時間おっぱいを攻めてた。おっぱいは僕のツバでベタベタ状態だった。
「ふぅ~。おっぱい好きなのね?美味しかった?」
「お姉ちゃんのおっぱいは最高だよ。」
「ふふ、可愛い。いつでもさせてあげるからね?言いなよ、したいときは。」
「いつでも?ほんと?」
もう嬉しくてね。夢見心地というか、このまま時間止まれって思った。
「今度は難所よ。ココ。敏則ちゃんがいちばーん見たいとこ。ここをたくさん愛してね?教えてあげるから。あのね、知ってるだろうけど女のココは濡れないとチンチン入れられないからね。濡れる前に入れたら女の子は痛くて叫んじゃう。もうエッチさせてくれなくなっちゃうよ。だから、濡れるまでは入れたくても我慢よ。わかった?」
「わかった。濡れるまではチンチン入れない。」
おうむ返しに返事。
「ショーツ履いたままでまずは触ってみて。どんな感じがするのか知って。」
叔母は両足を抱えて持つとマングリ返し体制になってくれた。
叔母の股間に移動。えー!Tバックだったんだ!!
叔母は黒Tバック履いてました。
それだけで超興奮。
「ビックリしてるの?Tバックよ。エッチでしょ?お姉ちゃん。」
「う、うん。凄くいやらしい。」
「エッチはねこうやってお互い興奮するようにしてやるのよ。」
「さわってもいい?」
「優しくね。たくさん触って。お姉ちゃんのココを知って。」
マングリ返しの股間に顔がくっつくくらいになって叔母のオマンコを触りました、手のひらで包むようにして見た。
「あったかーい。手が温かいね?いいわよ。もっともっとしたいようにして。」
叔母の言葉でスイッチオン。
好きなだけTバックショーツの上から触ったり揉んだり、割れ目に沿って指で押したり。
ショーツの割れ目部分にシミができてきた。濡れてる・・・。そっかこれが濡れるってことか。と納得。
「お姉ちゃん濡れてきた。」
喘ぎ声出しながら、
「・・・そうよ・・・濡れる・・・の。ねえ、ショーツ脱がして。じかに見て。」
言われるままにショーツを降ろした。
M字開脚状態で割れ目がパックリと目の前に!!
「スゴッ!」
「たくさん見ていいのよ。」
さっき温泉で見上げた時に瞬間見えたけど、まさに目の前にあるのは生身の叔母のオマンコ。
叔母は毛を綺麗に手入れしてました。縦一文字。長さもそろってた。
僕が食い入るように見てると叔母が教えてくれた。
「こうやって足閉じると、ほら周りが隠す感じでもりあがるでしょ?これを大陰唇っていいうの。ゆっくり足開くと、大陰唇が開いて小さいビラビラしたものがあるでしょ?これが小陰唇。これはね普段こうやって閉じてるのよ。中にばい菌とか入らないようにガードしてくれてるの。ちょっと指で開いて?何が見える?小さい豆みたいの?ああ、これがねクリトリスってやつね。あのね男の子亀頭とおんなじなのだから優しくしないと痛いのよ。
ねえ、クリトリスの周りをゆっくりひっぱてみて?ほら、出て来たでしょ?クリトリスがはっきりと。」
5ミリほどの小さいクリトリスが丸見えになりました。こういう形なんだ。
「あとで舐めてね?これ。うーんともうちょっと下見て。小さく穴が開いてるでしょ?え?大きい?そこはオチンチンが入るとこ。そうじゃなくて・・・そう。その小さい穴がおしっこが出るとこよ。え?小さすぎる?まあいいわ。その下が膣口ってとこ。ここに敏則ちゃんのおっきいオチンチンが入って、奥に子宮があるの。奥深くに射精してオタマジャクシの大群が泳いで子宮に入って、卵子とくっつくと妊娠ね。わかったかな?え?膣の中を見たい?うーん・・・どうしよっかな。そっとよ、指で開いてみて。」
言われるとおり膣口に左右の人差し指を当てて開いてみた。
「綺麗なピンク色!!肉って感じだよ!!」
「まあ、内蔵って言えばいいのかな。どう?ここにオチンチン入れると気持ちいいんだよ。お姉ちゃんも気持ちいいの。」
叔母の講義(?)を聞きながら、見つめ続けました。
かなりの時間そうしてたので、なんとなくオマンコが乾燥した感じになった。
「お姉ちゃん、なんか乾いてきてる。」
「うん。なんか中がスースーするわ。もういいかな?」
「ありがとう。良くわかったよ。オマンコって不思議だね?」
「子供産むところだからね。男より複雑な構造なのよ。ねえ、この後どうしたい?」
「ええっと、さっき言ってたけど舐めるんだよね?」
「ご名答!!クンニリングスね。略してクンニ。敏則ちゃんにたくさん舐めて可愛がって欲しいの。嫌?」
「嫌じゃない。たくさん舐めたい!!いい?」
「じゃあ、たっくさ舐めてお姉ちゃんをいかせてみてね。頑張ってね?」
そこからは叔母の言うとおりにクンニをしました。
初めて舐めるオマンコ。どんな味か?
ちょっとしょっぱい感じだったけど、叔母のものって思ったら汚いよりも崇高なものって思えた。
叔母は結構声を上げてました。
時間はかなりの時間でした。たぶん、30分はクンニしてたと思います。
初めてだからやり方なんてわからない。でも叔母の言ううとおりに必死で舌や唇を駆使した。
「もう少しよー・・・ハァ、ハァ。アアーーー、そこよーー、いい!いいの!いいの!アアン、アッアッ、ンーーー!うーーーん!いい!、いきそう・・・」
叔母の喘ぎ声聞きながら、目開けてオマンコ見ながら舌と動かし続けた。
膣内に舌が潜ってしまった。
「アアーーーー!いい!それ!それ!・・・クッ!クーーー!」
叔母の全身が硬直し、のけぞる感じで固まった。
舌が膣内で締め付けられるような感じがした。
そう、叔母がエクスタシーに当たるした瞬間でした。僕は、そんなこと知らないから舌を動かし続けてました。ラブジュースが凄い量湧き出した。構わず飲んだ。
「終わり・・・終わって。ストップ。」
叔母はゼーゼー言いながら、僕の頭を掴んだ。
見上げると汗かいてる叔母の顔が僕を見つめてた。少し紅い顔でした。
「お姉ちゃん・・・いけたわ。ハァハァ、ほんとにありがとう。敏則ちゃん上達するの早いのね?」
「お姉ちゃん、いったの?気持ち良かった?」
うんうんと頷いてくれました。
「お姉ちゃんのココ、もっと舐めたい。欲しい。」
「わかったわ。じゃあ、もう1回いかせて。今度はもっと激しく舐めても大丈夫よ。あとね、指を中に入れてみて。きっとオチンチンが感じることを感じられるはず。中で動かしてもいいわ。でも乱暴はダメよ。」
2回戦目のクンニ。
今度は指も挿入。中の動きの複雑さを体感。人差し指、中指の2本を入れました。
叔母の要求だったので。
2度目のエクスタシー。叔母の中が強烈に締まるのを知りました。しかも中がうねる感じで動いてた。指でオマンコの中の動きを実感。
「ほんと、もういいわ。これ以上されたらおかしくなっちゃいそう。どうだった?」
「よくわかったよ。ねえ、お姉ちゃんのココびしょ濡れ。」
「ごめん。こんなに濡れたのは久しぶりよ。それだけ敏則ちゃんが頑張ったってことよ。嬉しいわ。」
「へへへ、褒められちゃったね。」
「さあ、今度は本当に男になる時間よ。あれ?敏則ちゃんパンツびしょ濡れじゃないの。そっかぁ我慢してたんだ。お姉ちゃんばっか気持ち良くなってごめんね。」
僕のパンツは先走りダラダラでびしょ濡れだった。おしっこ漏らしたんじゃないかってぐらい。
叔母にパンツを脱がされた。
先っぽからはカウパーが垂れてました。
「ちょっと待ってね?」
突然叔母が亀頭を口に含むときょう列な吸引で吸った。尿道を何かが駆け抜ける感じで出て行った。
「うん、これでもう平気よ。全部お姉ちゃんが吸ったからね。ちょっと待ってね。取ってくるから。」
叔母がスキンを取りに行っ手戻ってきた。箱ごと持ってきた。
「さっ、これつけようね。私に赤ちゃんできたら大変でしょ?これつければ病気も防げるのよ。敏則ちゃん、スキンは絶対に使うようにしないとだめよ。結婚するまではスキンをつけるのがエチケットだからね。ダンディーな男のマナーよ。」
言いながら叔母がスキンを勃起チンチンに装着してくれた。
「よし!できあがり。じゃあ、最初は正常位でお姉ちゃんといっしょになろう?」
「は、はい!お願いします!」
「ふふ、固くなっちゃった。あのね、固いのはこっちだけでいいの。」
叔母が布団に仰向けになり足を抱えて僕が入りやすい体制になった。
「こっちおいで。お姉ちゃんの上にのって。」
もうギクシャクしながら叔母の上に重なった。
いよいよと思うと体が硬直。
「自分で入れて。どうしても入らなかったら手伝うからね。」
チンチンを握って、しきりに叔母の股間に当てたり擦ったりした。
「違う、もうちょっと下・・・そこお尻。ちょい上、上過ぎ・・・お尻の穴よ、そこは、そこに入れるセックスもあるけどね。お姉ちゃんは経験ないからダーメ。うーん難しいかな?」
叔母が僕のチンチンを握ってきたので手をどかした。
「ココ。ココが入り口。わかるかな?うん。じゃあ、ゆっくりゆっくりね。」
叔母が亀頭を膣口に当ててくれてた。
ゆっくり腰を落として・・・ニュルリという感じで中に亀頭が入った。
「入ったわ、ゆっくり奥に来てね。」
1/3入り・・・半分入り・・・全没!!膣口がキュッとしまったのがわかった。
中でチンチンがピクン、ピクン動いた。
「うーん、入った!!敏則ちゃんおめでとう。動いてるね?」
「うん。お姉ちゃん、入った!僕は男だ!!気持ちいいよ!!」
「うん、気持ちいいのね?男になったわね。」
叔母が膣を締めてきた。
「どう?この動き。」
「なんか・・・締め付けられる・・・ああーーー!!だめだ!」
そうです。童貞にはこの興奮に耐えられるわけも無く、腰を動かすことも無く快感に襲われてそのまま大爆発してしまった。
「ウッ。出ちゃったのね・・・そのままよ。いいの。恥ずかしがらないの。出しちゃいなさいね。」
僕は叔母のおっぱいの谷間に顔を埋めてグッタリ。
「ごめんなさい。我慢できなかった。」
「いいの。大丈夫。まだまだよ。時間はたっぷりあるからね。何回でもいいのよ。」
叔母の優しい言葉と頭を撫でられて、至福の時間でした。
「顔を上げてこっち見て。」
顔をあげると、叔母が両手を僕の頬に沿えるとキスしてくれた。初キッス!
何度もキスしてくれた。
「ディープキスって知ってる?・・・こうするの。」
唇がくっつくと叔母の舌が僕の口の中に!僕の舌を撫でたり、絡みつくようにして引っ張って叔母の口の中に吸い込まれた。叔母の口内で僕の舌が吸われたりしたが絡んで来たり・・・。まさにうっとり気分になりました。
「どう?いいでしょ?」
うん、うん。
「ディープキスはねお互いの欲望を高めるのよ。ね?ほら、大きくなってきた。」
そうです、僕のチンチンが再起動しました。ムクムクと叔母の膣内で大きく太くなった。
「勃起きたね?一度抜いてスキン交換しようね?」
叔母の上から起き上がった。叔母も一緒に起きて、僕の完全勃起のチンチンを見つめた。
「やっぱり大きいわ。長さは17~18㎝はあるわよね?」
「そんなにあるかな?」
「うん。だって私の奥に当たったもの。子宮がおされたのわかったわ。凄いよね?」
「それっていいことなの?」
「もちろんよ!!たぶん中イキできちゃうんじゃないかな?」
「中イキ?・・・って何?」
「女がね中の快感で行けることよ。あまりないけどね。さ、取れた。しかしたくさんね?ザーメンが。」
「ごめんなさい。」
「あら、なんであやまるの。これもいいことなのよ。きっと敏則ちゃんは結婚したらすぐ赤ちゃん作れるわよ。とってもいいオチンチン持ってるのよ。」
叔母は話しながら、タオルを持ってきて僕のチンチンを拭くと、新しいスキンをつけてくれた。
「出来たっと。じゃあ、もう1回初めから頑張ってね。もしがんばったら次はバックスタイルってのを教えてあげるわ。きっと興奮しまくりよ?それに凄く深く入るの。さ。正常位でちゃんとしようね。お姉ちゃんの上にまた乗って。」
言いながら叔母に手を掴まれて誘導され上に乗った。
「今度こそ自分で入れて。」
「は、はい。」
そのままチンチン握って、叔母のオマンコに当てて・・
「ちょっと下。そこ!いいわ入れて。」
叔母のオマンコに押し込む感じで入れた。ニュルーと入って半分潜った。
「クッ!うー、大きい!!完全に入れて。」
そのままズンズン奥に入ってぴったりと入った。
「敏則ちゃん、奥に当たってる・・・のわかる?」
「行き止まりって感じです。」
「私の奥に当たってるのよ。さ、少しずつゆっくりでいから腰を動かして。」
ゆっくりと腰を動かした。うぉ!違う!動かすと叔母の中の動きがわかりました。
ゆっくり抜いて、そのままゆっくり根本まで。
狭い肉の壺を押し開く感じ。抜くと肉壺が閉じて行く。チンチンに絡みつく感じ。
叔母の中がうねるように動いて、断続的に締まりました。締まると言うかすぼまると言ったほうが当たってるかも。
「あー、アン!、あはーーー、アン!」
叔母は抜くときは伸ばす感じの喘ぎ声、奥に当たるとアン!と声を上げて顔をのけぞらせた。
叔母の喘ぎ顔を見ながら、ゆっくり動いた。
「奥に当たったら止まって・・・・アン!そのまま押し付けて・・・クー!・・・まだよ・・・押して!押して!・・・アン!アン!アーーーー!奥・・・もっと・・・」
叔母の言うとおりに動いた。
ゆっくりだと射精感が来ないことを知った。かなり持続してました。
「速く!・・・動いて。もう・・・もう・・・速く!速く!アッ!アッアッ!アッ!・・・もっとぉ・・・激しく・・・突いて・・・奥・・・・突いて突いて・・・」
叔母の喘ぐ顔が紅くなってきた。眉間に皺寄せて声を上げてました。
速く、速く!!突きまくる!奥だ!!突けばいい!!
かなりの腰振りでした。叔母の中がどんどん締まる力が強くなった、うねりも激しくなったのを感じた。
僕も・・・出ちゃいそう!!やばい!
「お姉ちゃん、出そう。」
「奥突いて!!・・・もっと・・・激しく・・・腰をもっと動かす・・・の・・・お姉ちゃん・・・もダメ・・・アアアアアアア!アハッーーーーー!ダメーーー!」
叔母が声あげると僕にしがみついた。両手で僕の顔を掴むと強引にディープキスしてきた。
僕も耐えられるわけもなく
「ブフッ!」呻いて、一気に発射しました。
発射しながらガンガン腰振って奥を突き上げた。
「クーーーー!!ダッメーーーーー!」叔母が硬直。口からよだれが垂れた。
「お姉ちゃん!!大丈夫?」
もう汗だく。僕も叔母も。
そのまま射精タイム。チンチンの脈動を感じながら、叔母の中で射精を続けました。
終わって・・・がっくり。叔母の胸の谷間に顔を置いた。
谷間も汗かいてた。
「敏則ちゃん・・・大丈夫?」
「は、はい。お姉ちゃんは?」
「平気。いっちゃたわ・・・凄く良かった。」
15分ほど抱き合ってたと思います。
「なんでー!凄い!また大きくなってきた。」
「う、うん。僕、お姉ちゃんとこのまま中にいたい。オチンチン入れていたい。」
「ちょっと待ってね、1回抜こう?スキン変えてあげる。」
また、スキンを交換してもらった。
「凄い量出るわ。ねえ、こんなにいつも出るの?」
「オナニーでってこと?うーんどうだろう?まあ出るほうかも。」
「なんかお姉ちゃん見直しちゃったわ。惚れちゃいそうよ。」
「え!マジ?お姉ちゃんと付き合っていいの?」
「ダメよ。だって叔母なのよ。それはダメ。まずいわ。」
「でも、エッチはさせてよ。お姉ちゃんとずっとエッチしたい。」
「それは別枠だからいいけど。交際ってのはダメよ。わかった?」
「やったあ!あ!今度は・・・なんだっけバックってやつでしょ?」
「そう。ドッグスタイルとも言うけど。」
「ああ、犬の交尾の形態か・・・なるほど。」
叔母が四つん這いになってお尻を向けてきた。
教えてもらったとおり、叔母の両足の間に入って、チンチン握って。
叔母のお尻、ケツの穴、オマンコが丸見えで超興奮でした。
見つめてしまった。
「そ、そんな強烈に見ないで。恥ずかしいわ。」
「じゃあ、入れます。」
3度目ともなると興奮しながらも心に余裕が出てきました。
また、お姉ちゃんを行かせるんだ!奥を突けばいいんだよな?
叔母の割れ目を少し指で開いて、亀頭を膣口に当てた。
「慣れてきたのね?それでいいのよ。さ、入れて。奥までよ。」
「はい。」
押した。ヌチュっと音がして亀頭が入った。
「ああーん!入ったぁ。」
お尻を両手で掴んで(AVを思い出しながら)ゆっくりと奥へと入れました。
叔母のオマンコに潜って行くチンチンに興奮。
バックって凄くいやらしいけど興奮する!これいいな!
全部インサート完了。叔母の腰を掴むともうワンプッシュ!
奥にあたってたが、亀頭先端が肉の塊にぶつかってるのを感じました。
「あ、当たってる・・・また当たって・・・凄いのよ。いいわあ、このオチンチン。」
叔母が振り向いてニッコリ。
そして腰の動きをスタート。今度は自分なりに考えながら動いてみました。
緩急つけて突く。奥に当たったら少しじっとする。
一気に引き抜き、一気に根本まで押し込む。
「ハァハァ・・・あのね・・・押し付けたまま腰をグルグル回せる?」
「回すの?」
「うん。お尻で○書くようなイメージで。」
やってみました。最初は上手くいかなかったけど、だんだん腰の回転がわかってきた。
「アアーーーー!イイーーー!スゴイーーー!もっと・・・回して・・・回しながら・・・突くの・・アッ!アウ!アウ!」
叔母はガクンと言う感じで、上半身をべったり布団につけて枕に顔を埋めた。
背中のそりが半端無い!!
叔母は、体柔らかい!
中でチンチンが下向きになったのがわかった。グラインドしながら突き入れを続けました。
「アウ!・・・思い切りピストンして・・・突き上げ続けて・・・お願い。」
叔母の懇願と同時に、僕はピストン開始。
根本まで入った瞬間に「パン!」とはじける音がしました。
うわあ!こんな音がほんとにでるんだ。AVと同じだ!!
嬉しくなってしまって、叔母の腰をガッチリつかんで、前後に高速ピストンしました。
「ダメ!・・・ア!ア!ア!ア!ア!・・・はげ・・しい!・・もう・・・もう無理よーーーー!ダッメーーーーー!」
語尾を伸ばして叔母が声あげた。
叔母はお尻を高く上げたまま両足を閉じたてブルブル震えながら硬直。
締まる!!何これ?こんなに締まるんか!!
強烈な締りと膣内の蠕動に負けました。
「おねえちゃーーーん!!」最後に打ち付けて、叔母の腰を引きよせてのけぞって発射。
下向きのチンチンから膣深くへと発射。
叔母が横向きにゆっくり倒れました。
中にチンチン入ったままです。横向きに布団に寝た叔母の上に倒れ込みました。
目の前におっぱいが有ったので、そのまま乳首に吸い付いた。
「敏則ちゃん・・・終わったの?出たの?」
「は、はい・・・また、たくさん出ちゃいました。」
「そう・・・いいのよ。今日は敏則ちゃんが納得するまでって約束だもんね。」
「お姉ちゃん、疲れた?休む?それとももう終わりにしようか?」
「まだ平気よ。でもちょっと休ませてね。そっか・・このまま横向きの体位もいいわね?」
「え?横向き?」
「うん。お姉ちゃんが右足伸ばすから、跨いで腿に座って?左足は敏則ちゃんがしっかり持ってね。」
叔母は右を下にしていたので、右足を跨ぐようにして左足は90度まげて僕の方にひきつけた。
ぴったりと横向きで股間が密着してた。
こんな体位もあるんだな・・・あ!AVでもあったっけ。結合部を見ながら思い出した。
確か、このまま腿の上で腰振ってピストンするんだっけ。
とはいえまだチンチンの準備ができていません。まだ勃起していない。
叔母の上に倒れ込んでおっぱい揉みながら乳首を舐めた。
「ふぅ~ん・・・舐めてくれるのね?」
コクリ。
だいぶ時間がかかりましたが、膣内でムクムクと勃起した。
「ほんと、あなたのオチンチン凄いわ。もしかして敏則ちゃんは絶倫の素養があるかもよ?」
「絶倫?僕が?」
「ええ、だってこんなに回復力が凄いのは初めてよ。お姉ちゃんは。」
そして、またまた運動開始。
叔母の腿に僕のお尻の穴が当たって擦れて、なんとも言えない気持ち良さでした。
持続時間が延びてるのを実感した。
叔母の左足を抱えながらひきつけるようにして奥へと突き入れた。
叔母もかなりヘロヘロでした。
これが最後かなって思いながら動きまくった。
「クーーー!イッ!・・・ダメーーー!」また叔母が声をあげた。
グッタリしてる叔母を無視して腰を動かした。
締まる!締まる!動く!動く!
数分後「お姉ちゃん!いくよ!」
左足にしがみつく感じで引き寄せると股間を密着させて発射!!
発射が終わって叔母の上にまたまたグッタリと乗りました。
「終わったのね?・・・あれ?あれ?スキンつけてるよね?」
「う、うん。」
「ちょっとお腹が温かいの。中がね。ゆっくり抜いてもらってもいい?」
「わかった。」ぐったりしながら起き上がってゆっくり叔母の中から小さくしぼんだチンチンを抜いた。
抜けた瞬間ビックリした。
「スキンがぶっ壊れてるーーー!」
スキンが破けてしまってました。亀頭が丸出し。スキンの残骸がサオの部分にだらしなくついてました。そして叔母のオマンコからはタラタラと白い液体が出てきてた。
僕が出し続けた、たっぷりザーメン。
「ええーーー!ほんとなの?」
叔母は飛び起きて、膝立ちすわりで両足開いて股間を覗き込むと・・・
「あちゃー!!中に出ちゃってるわ。」
「大変だ!妊娠しちゃう!!」
「だ、大丈夫。心配しないで。あのね・・・先にトイレに行くね。」
叔母は片手でオマンコを塞ぐとトイレに入った。
ど、どうしよう!!ヤバイよ!お姉ちゃんに赤ちゃんできたらどうしよう!!
僕も慌てまくった。
数分して叔母が戻ってきて、僕の両手を掴むと抱き寄せた。
「大丈夫、大丈夫よ。お姉ちゃんは今日たまたま運がいい日なの。」
「運がいい?」
「そう。あのね女の子は妊娠できる日ってある期間だけなの。それ以外はどんなに頑張っても赤ちゃんは出来にくいのよ。おとといから赤ちゃんができにくい期間なの。だから、大丈夫よ。びっくりしちゃったね?」
「お、お姉ちゃん、本当のこと言ってよ。赤ちゃんできちゃうんでしょ?僕とお姉ちゃんの赤ちゃん。」
「大丈夫だって!!本当よ。だから、怖がらなくても平気。でも、お姉ちゃんもちょっとびっくりしたわ。まさかスキン破けるなんて思わなかった。ん?待って。あのさ、さっき出す前にスキン交換してなかったね?」
「ええっと・・・バックして。そのまま横で・・・あ!替えてなかった。」
「あっちゃー!!そっか。だから・・・破けちゃったんだわ。」
「うう、ごめん・・・なさい。」
「ううん、お姉ちゃんが悪いの。交換してって言い忘れたの。それにほんとにほんとに大丈夫だからね?妊娠なんかないからさ。」
「そっか。」
「ところでさ、敏則ちゃん、今日は満足できたの?もういい?」
「ええっと・・・でも、もういい。」
「ダメよー。ちゃんと満足しないと。じゃないとお姉ちゃんと約束したでしょ?」
「じゃあ、じゃあ、もう1回だけ。」
「うん、わかった。じゃあさ、正常位でお姉ちゃんを見て。そしてゆっくり愛して?」
「うん!」
とはいえ、中出し大騒ぎ事件で、お互いに冷めてしまった。
なので、もう一度最初から。
クンニも慣れました。なので、叔母はすぐに挿れても大丈夫なくらいに濡れ濡れに。
M字開脚で叔母が誘ってきた。
ゆっくりと中に入れました。念のためスキンは2枚装着。
時間にして30分近くだったろうなあ。
お互いに気持ちが盛り上がり、一緒にゴールイン!
叔母に抱きついた。満足以外のなにものもありませんでした。
叔母は僕の頭を撫で続けてた。
「お姉ちゃん、今日はほんとうにありがとう。」
「私こそ。ありがとうね、気持ち良くしてくれて。」
「お姉ちゃん、帰ってからもいいんだよね?」
「うん。家の中じゃだめよ。だから、お姉ちゃんと一緒に出かけてホテル行こうね?」
「あら、もう夜中の1時よ。そろそろ寝ようか?」
「お風呂入る?」
「このまま寝よう?明日の朝温泉入ろうね。混浴ね。」
起きて、スキンを取って。
叔母もショーツ履いて浴衣を着た。
僕もパンツ・・・まだびしょ濡れ。さすがにもう替えのパンツが無い。
「お姉ちゃん、パンツが無い・・・」
浴衣羽織ってノーパン状態でチンチンがぶらぶら。サマになりません。
「パンツ無いの?・・・あ!そうだ。」
叔母がバッグから、白いものを持ってきて僕の手に置いた。
「貸してあげるから、これで我慢ね。」
真白なショーツでした。
「でもお・・・」
「いいじゃない。私のお気に入りよ。それに誰だっけ?こっそり人のパンツと水着持って行って履いたりした人。」
「参ったなぁ。」
叔母の純白ショーツを履いた。
「うん。似合うわ。ちょっとセクシーね。」
叔母と一緒に寝ました。
帰宅後、叔母とは週末ホテルで何度もエッチしました。
そんな関係も叔母が34歳の時に終わったんです。
なぜなら叔母の結婚したから。お見合いでした。
結婚式の3週間前の週末のこと。一緒に温泉に1泊で行きました。
それが叔母との最後のセックス。この時はノースキンでした。安全日と言うことだったので叔母からスキン無しでと言われた。
叔母の中に6回も出してしまった。もう最後と思えば叔母の体を離したくなかったです。
叔母も同じ感じでした。

今、叔母は子供が2人います。
もちろん、旦那さんの子供です。
叔母に会うと時々話してきます。
「敏則ちゃん、あなたのオチンチンは最高だったわ。また、欲しいけどね。」
「お姉ちゃん、さすがにまずいでしょ。」
「だよね?もし、もし旦那と別れるようなことがあったら、その時はいいでしょ?」
「まあ・・・その時は。」
「なーんてね。」

叔母は44歳ですが、性欲がお盛んのようです。
もしかすると・・・いや、そんなことがあっては困りますが。

僕と叔母の話でした。
長い長い告白話にお付き合いいただきありがとうございました。
思い出として、元旦に投稿です!!

良かったら「いいね」してください。誰でも「いいね」出来ます!


トップページに戻る