自分の浮気、男性視点の体験談一覧

6文字数:1788

先ず俺は大学生、
後は47歳の親父と34歳の義母の3人で暮らしてる。
義母である明美さん(実際こう読んでる)は5年前に親父と結婚して後妻となったんだ。
俺の趣味は親父達の寝室の覗き見。
実は親父達の寝室には監視カメラを設置してて、スマホで見れるんだ。
親父達はこんな事には疎いからバレてない。
明美さんは凄い良い身体してる。
下着もエロいのばかりだし。
これは親父の趣味なんかな?
このエロい下...

【続きを読む】

00文字数:1816

欲張りな俺は一人の女だけじゃ物足りないので、結婚して義母は勿論、義姉・義妹が居ればそいつらも俺の女にしたいと常々妄想していた。
そして恋人を作って家族に紹介して貰った時、義母の他に義姉も義妹も居たんだ。
全員犯して俺の女に出来たら最高だろうな…と妄想に拍車がかかる。
結婚を視野に入れて恋人と付き合いを続けながら、妄想を現実化する為に先ずは義母になる人を口説いた。
娘の彼氏に口説かれて戸惑いを...

【続きを読む】

20文字数:919

嫁と付き合い始める一年前から姉さんと近親相姦していて、それは嫁と結婚してからも続いている。
そして今年で十年目の節目なのでここに記そうと思う。
嫁は実家同居を受け入れてくれた優しく女なんだが、俺がSEXしてて本気で気持ち良くなれるのは姉さんだけ。
嫁とは恋人だからとか、夫婦だからって理由で仕方なくSEXしてるだけなんだ。
愛はあるけど本気の愛じゃないって感じかな。
姉さんとの結婚が許されるな...

【続きを読む】

20文字数:528

娘が5歳の時だっかな?
初めて犯して中出しをした。
それ以来娘のマンコの虜になり、毎日妻の目を盗んで娘を犯した。
最初は嫌がって抵抗していて娘も抵抗しても無駄だと悟って素直に犯されるようになった。
マグロ状態でもイケるようになった娘は徐々に病んでいき、中学の途中から家に引き篭もるようになった。
妻は何とかして社会に適応出来るようになって欲しいと願っていたようだが、俺は部屋に引き篭もる娘を外に...

【続きを読む】

00文字数:1872

〇愛の終焉
かなことの関係が深まり、数々の官能的な時間を共有してきた私たち。しかし、いつか訪れるであろう「別れ」の時が、静かに近づいて来た。私はかなこを深く愛していたが、親子ほどの年の差がある私たちに未来は無いと感じていた。そんな思いが日々私の胸を締め付けるようになった。
別れの決意
ある日、私たちはいつものようにラブホテルで過ごしていたが、心の中では別れを決意していた。かなこの瞳に宿る純粋...

【続きを読む】

00文字数:2384

かなことの関係がさらに深まる中、私たちはより一層官能的な時間を共に過ごすようになった。
愛し合い、互いの存在を大切にしてきた。
ラブホテルに到着すると、まずは湯舟にお湯をためる。
その間、私たちは立ったままキスを交わし、手のひらでお互いの体を愛撫し合った。
肌と肌が触れ合う感覚が、次第に私たちの興奮を高めていく。
服を脱がし合い、裸になった私たちはゆっくりと湯舟に浸かった。温かいお湯に包まれ...

【続きを読む】

10文字数:2491

かなこの健気な姿に胸を打たれ、ますます彼女を愛おしく感じるようになった。
私たちは、互いの生活に対する理解と支え合いを深め、毎回の逢瀬で体だけでなく心も結びついていった。
〇深まる愛情と官能
かなこの健気さに胸を打たれ、彼女への愛情が増していく中、私たちはより深く官能的な時間を共に過ごすようになった。
私たちは定期的に会い、お互いに軽く会話を交わしながら服を脱ぎ合った。
私はかなこの見事なE...

【続きを読む】

20文字数:1218

単なる仕事仲間としか見てなかったので車の助手席に乗せても緊張も無く、ピアスが足元に落ちたと言うから信号待ちの時に運転席側から手を伸ばして拾ってあげたんだ。
その時に相手の股の間に手を入れるような格好になったけど、別に意識的にやってなかった。
だけど相手はビックリしたようで、顔を真っ赤にして様子がおかしくなってた。
信号が青になって走り始めても隣から視線を感じる。
それもガン見ではなくチラチラ...

【続きを読む】