人妻をレイプ


ある公園で子連れの人妻達が子供を遊ばしながらおしゃべりしてた
俺は公園でいた、目的はレイプだぁ
そのうちの一人がトイレに向かった、俺は無性にムラムラして少ししてトイレに向かったトイレは広場から見えない
和式トイレだったから下からのぞきまんこに指入れた
女「きゃあ・・・誰」
俺は隠れた、すると女は慌ててドア開けて出てきた、恐る恐る外に出ようとしたところ俺は女を後ろから襲い多目的トイレへ
女「誰か助けて辞めてって辞めて辞めて」
俺はさっきのまんこの写真も見せた
俺「家何処だよ、一旦帰すからすぐに自宅帰れ、そうしないとこの写真バらまくぞ」
女は外出て、少しすると子供連れて家に向かった
俺は後をついていき、あるマンションに入った俺もすぐに入りエレベーターへ
俺「娘かぁ何歳だぁ」
女「10歳」
俺「可愛いな」
家に入りリビングに行くと俺はすぐに襲い掛かった
女「辞めて娘の前で辞めてお願い
俺は無視して女を裸らにして持ってた紐で両足両腕をしばった
娘は目を丸くしてみてる
まんこに持ってきたバイブ突っ込んだ
女「あああ・・・ぁぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁ・・・ぁぁぁ・・・ぁぁぁ・・・・ぁぁぁぁ・・・ぁぁぁぁ・・・辞めてお願いああ・・・ぁぁぁ・・・ぁぁぁ・・・・ぁぁぁ・・・ぁこ・・ぁ・・・・・・ぁ・ぁ・・・・・・・ぁ・ぁ・ぁ・・ぁ・ぁ・」
俺「最高のまんこだな」
女「辞めて辞めてお願い」
俺「娘お前も裸になってママの横に寝ろ」
二人を寝室に連れていった
女「娘はダメ・・・・」
俺は無視して娘を裸にしてベットに倒した
娘は泣き出したが同じく縛った
俺「お・・・たまらん親子丼だな」
女の口にはタオルでふさいだ、そして娘のあんよ舐め
子「ううう・・・・ぅぅぅ・・・・ぅぅぅぅ・・・・ぅぅぅ・・・・ぅぅぅ・ぅ・・・ぅ・・ぅ・ぅ・・・」
女のんこにはバイブ突っ込んだまま
子供は泣いたままだが身体中がピクピクしてきた
そして俺は女のまんこにチンポ突っ込んだ
女「いゃあ・・・・辞めて生はだめ・・・・ああ・・・ぁぁ・・・ぁぁぁ・・・・ぁぁぁ・・・ぁぁぁ・・・・ぁぁぁ・・・・ぁぁぁ・・・」
俺「どうだ気持ちいいだろうこの女め」
女「ああ・・ぁぁぁ・・・ぁぁぁ・・・・ぁぁぁ・・・・ぁぁ・・・・ぁぁ・・ぁ・・・・ぁ・・・・ぁ・・・ぁ・ぁ・ぁ・・・ぁ・・・ぁ・ぁ・・・ぁ・ぁ・・ぁ・・・・ぃぃぃ・・・・・」
俺「ほらチンポでいきたいだろういけよほらほら」
女「あああ・・・・ぁぁ・・・・・・いく・・・・」
いってしまった
娘に見えるようにお尻持ち上げゆっくり出し入れ
娘はじっと見てる
女「あああ…ぁぁぁ…ぁぁぁ…ぁぁぁ…ぁぁぁ…ぁぁぁ…ぁぁぁ…ぁぁぁ…ぁぁぁ・・・ぁぁぁ・・・・ぁぁぁ・・・・ぁぁぁ・・・ぁぁぁ・・・・ぁぁぁ・・・ぁぁぁぁ・・・・・・ぁぁぁ・・・ぁぁぁ・・・・ぁぁぁぁ・・・・・・いく・・・・」
またいってしまった
俺「娘の前で何回いったらいいのよ」
女は黙ってる
俺「もうだすぞ」
女「中かはダメ・・・できちゃう・・・・ぁぁぁ・・・」
俺「いく・・・・」
中だししたすぐにまんこにバイブ突っ込んだ
女「もう辞めてお願い」
俺は無視して娘のまんこにスリスリ始めた
女「娘は10歳よ辞めてお願い」
俺は無視してローションたっぷり塗り入れた
子「ぎゃあ・・・・ママ・・ママ・・・・痛い痛いよ」
大泣き
俺はズコズコと出し入れした
俺「たまらんまんこ」
その時玄関が開くおとした、俺は慌てて紐を持ち隠れた
男「誰もいないのか」
女「パパこないで」
寝室に入ってきた
男「どうしただれに」
その時俺は後ろから男の頭を殴り気絶させた、そして裸にして紐で縛った
しばらくして男は起きた
男「お前何してるだけ」
俺「何してるだだと見ればわかるだろうねお前の娘の処女を奪いお前のヤラシイ嫁を奪ってるだよ
俺は男の口にタオルでふさいだ
そしてむすめのまんこに再び入れた
俺「たまらんよこのまんこは」
見ると男のチンポは勃起してる
俺「お前実の娘のセックスみて興奮してるのか」
そして男の前で何度も娘と女のまんこにチンポ出し入れしては中だしした
俺は娘の手の紐をとり親父の前に座らしてチンポ舐めさせた
俺「ほらアイスクリーム舐めるようにこのチンポも舐めろよ」
娘は舐めようとしないから台所から包丁持ってきて脅したら舐め始めた
男「辞めろ千佳」
俺「ちかちゃんって言うだ、ほらほらチンポの先からトロトロしたもの出てるぞ」
女「もう辞めてお願い」
そして親父を椅子に座らしてチンポの上に娘座らして、チンポを漫湖に入れさせた
子「痛いよ痛いよパパ」
俺「最高の近親相姦だな、写真撮りまくる」
俺は女連れてきて旦那の横で立バックで激しく突きまくる
女「あああ・・・ぁぁ・ぁ・・・ぁぁ・・・辞めて辞めてお願い…ぁぁぁ…・ぁぁぁ…ぁぁぁ…・ぁぁ・ぁ・ぁ・・ぁ・ぁ・ぁ・・・ぁぁ・・・・ぁ・ぁ・ぁ・ぁ・ぁ・ぁ・ぁ・・・ぁぁぁ・・・・・ぁぁぁ・・・・・ぁ・ぁ・・・ぁ・・ぁ・ぁ・・・・ぁ・・・・・
悲鳴上げた瞬間痙攣起こしていってしまった
男「俺達はもう終わりだ」
女は泣いてる
またチンポ突っ込んで突きまくって中だし
親父は気づいたら腰降ってる
俺「お・・・親父気持ちいいか実の娘とセックスして」
男「お・・・最高だ・・・」
俺「やってろ、女飯作れ」
女は服着て台所へ俺は監視した
カレーを作ったからたべた
俺は覆面してたから顔はわからない
俺「よしこれで俺は帰る、警察に通報してみろよこの写真バらまいて暮らせなくしてやるからなぁ
親父の名刺を奪い財布に入ってた現金奪い家をあとにした
1時間後戻るが警察の気配はない
次の日、家近くで待ってると親父せびろ着て出てきた、少しして娘がランドセル持って学校に行った
俺は急いで女の家に入った
女「もう辞めてよ」
俺「黙れ、飯食わせろ」
卵焼きとウインナー焼いてくれたからたべた
俺「警察に通報しかったのか」
女「主人は今、営業本部長に就任したばかりであまり騒ぎたくないのよ」
俺「ほう・・・」
女「お金ならいくらでもあげるから写真だけは」
俺「あとはお前だな」
女「わかったは、でも娘だけは」
俺「わかったよ」
それから一緒に風呂に入りベットヘ
女「あああ・・・ぁぁぁ・・・ぁぁぁ・・・ぁぁぁ・・・ぁぁ・・・・ぁ・・・あんた結構気持ちいいわ」
俺「旦那よりいいかぁ」
女「そうね、何倍も気持ちいいわ」
それから娘が帰ってくる時間までエッチしまくった
それから家にはいかなくなったが、女とは不倫関係になりラブホで愛し合ってる
親父と女はあれら家庭内別居状態らしい
あれから10年、今は親父はアメリカに単身赴任状態
俺はというと女の家に住み着き女とも20歳になった娘ともエッチしてる
たまに3pも楽しんでる

良かったら「いいね」してください。誰でも「いいね」出来ます!


トップページに戻る