障害者の姉 (自身の体験昔話)


677文字数:12154

どうしても書きたくなってしまい自身の体験を投稿させていただきます。

僕は65歳の男ですが、幼年期から思春期後半まで実姉の相手(SEX含む)をしていた話です。
今では脳障害や発達障害の子供たちは医療面など手厚く保護されてますね。そのためもあって街中を平気で歩けるいい環境になったと思いますが、昔といっても60年以上前の田舎では大変でした。
私は九州某県の庄屋の家の生まれです。今は没落というか傾いてしまって、昔のような贅沢さは無くなってしまいましたが。庄屋自体が成り立たないのです。もちろんお店は持っていて営業してます。
僕には7歳上の姉がいました。
脳の障害(知恵遅れと言われます。)で、一歩も家から出たことはありません。
そんな姉との話です。
姉が僕の初めての女性でした。姉は僕が初めての男性だった。
他に兄妹は妹が1人います。そして姉。(31歳で亡くなりました。)
田舎でしたので、姉はお蔵(土蔵)にずっといました。
田舎では、周りから障害者を隠すことが多かった時代です。家の恥でもあり、人さまの迷惑になるという考えだった。
とんでもなく間違った考えや習慣だった。
姉がいること自体知らずに、8歳になった時に初めて自分に姉がいることを知った。
母から「お蔵にはお化けがいるからね!絶対に子供が行ったら殺されちゃうからね。大人しか入れない場所なの。」ときつく言われていましたから、それまでは行ったことがありませんでした。
8歳のとき、肝試しでこっそりお蔵のカギを持ってお蔵に行って中に入ってしまった。
行っちゃダメとしつこく言われれば反対の心理が出るのは当然ですよね。
お蔵の中はシーンとしていました。1Fはいろんなものが置いてあって、階段下になぜかトイレがあった。和式の水洗トイレでした。トイレから少しずれて流し台があった。
静かに階段上がって2階に。階段から顔だけ静かに出して覗いたら、畳敷きの16畳ぐらいの広い部屋でした。ベッドが壁寄りに置いてあって、反対にはこじんまりとした机。そして僕の正面になるけどお蔵の換気用の窓があった。窓際に人の影があった。
もうびっくり!!お化け!!本当にいた!!殺される!(危うく階段から落ちそうになった。)
情けないですが「ギャッ!」と声がでてしまった。
お化けが振り向いた。顔を見てしまった!白い顔の綺麗な女性。和服姿。
「てっくん?てっくん?・・・・おいでぇ。ここおいでぇ。」と小さな声でつぶやきながら立ち上がって僕のほうへ歩いてきた。
僕は恐怖で動けなくてじっとしてました。女性がそばに来て僕の腕をつかんだ!
「あ!人間だ!お化けじゃない!」
その女性は優しい子供みたいな素直そうな顔でニッコリ笑うと腕をひっぱって僕を部屋に招いたんです。
「てっくん。てっくん。ねーたんとあそぼ?ねーたんとあそぼ?」
「君は誰?なんでここにいるの?ねーたん?」
「てっくん、てっくん、あそぼ。あそぼ。」
哲史(てつお)が僕の名前。たぶん小さいときの僕を覚えてるんだと思いました。敦と呼べないからてっくんと親が教えたと言うのを聞きました。
部屋の端にあったボール(バスケボールぐらいの大きさ)を持ってきて、僕に放り投げてきた。キャッチして女性に投げ返しました。キャッチボールが始まったんです。
しばらく遊んでたら、その女性がそばに来て抱きしめてきた。「てっくん、てっくん。おとと。おとと。(弟)」
「おとと?」
「おとと。おとと。」
「あ!弟?」
コックリ何度か頷いて笑いました。
これが姉の千代との再会でした。姉は僕が生まれたときから3才になるまで一緒に遊んでたそうです。知恵おくれながらも弟の存在を理解してとても可愛がったそうです。
ただ、家から外には姉は一歩も出たことがありませんでした。というか親が出さなかったんですね。もちろん恥もあるけど、交通事故とかにあったら大変なので。
そして、僕が大きくなって教育上のことを考えて姉をお蔵住まいにさせた。
今だったら虐待、監禁とかで事件になりそうです。
姉はほんとに綺麗な人でした。外に出ないせいか肌が真っ白。
顔を今でも覚えてます。20年ぐらい前ですかね?映画に出たりしていた嶋村かおりさん(たしかヌード写真集出してました)にそっくり。死んだ姉に似てるなあと思いました。

お蔵から家に戻って母親に言ってしまった。だってお化けじゃないから。
「お母さん、お蔵にお姉さんいる!なんで?なんで?お姉さんはなんでお蔵なの?」
母にこっぴどく叱られました。でもお姉さんということを教えてくれた。
しばらくして、僕は姉の遊び相手になりました。両親、祖父母が相談した結果だそうです。
姉は決して暴れたり、暴力をふるうことはしませんでした。だから遊び相手にさせたんだそうです。
それからは、学校から帰ると勉強済ませてから、ほとんど毎日姉と蔵の中で遊んだ。
ボール投げ、あやとり、お絵かき・・・。
姉は14歳。本当なら中学2年。知能は6歳程度でした。
そして遊んでる時に、僕が床に転んでしまった。
とっさに姉が来て僕を抱きしめてくれた。
ビックリしました。姉は弟の僕を大切にしてくれてたんです。
母性本能はあった。言葉は通じなくても気持ちはわかりますから。
抱きしめられたとき、姉のワンピース、体からはかすかにいい香りがしてました。お香のような感じでした。
「てっくん。いたい?いたい?じょうぶ?(大丈夫)じょうぶ?」姉に抱きしめられてなんか安心してしまいました。
「お姉ちゃん、ありがとう!大丈夫。」
姉がニッコリ笑って、頭を撫でながら抱きしめられた。
そんな状態が続いて、いつしか姉に恋心みたいなものを持ってしまった。お姉ちゃんの傍にいるとほっとするというのもありました。
一緒に居る間に言葉をたくさん教えました。姉もかなり覚えてくれた。お互いに話ができるようになりました。ただ、難しい言葉や濁点付の言葉は苦手。ですが、意味が通じるので姉との時間は楽しかったです。
姉はほんとに温厚な性格でした。そして僕にはとても優しかった。異常なくらいに。
僕を守るのは私の役目みたいに思っているのもわかった。
僕が15歳。姉21歳の時でした。
成人した姉は、本当に美人の大人になってました。
20歳のとき家族だけでお蔵の中で成人式をやりました。姉はきょとんとしてましたが、綺麗な着物を着て座ってる姿はお雛様みたいだったと記憶してます。
外見だけ見れば、どこに嫁に行ってもおかしくないだけの美貌でした。
ある日「てっくん。好き。大好き。ここ、いてね。」とお姉ちゃんに抱きしめられた。
「お姉ちゃん。僕も。大好き。」
姉が僕を抱きしめてほっぺたにキスしてきた。キスなんてわかるのか?たぶん本能だったんだと思います。僕は意を決して姉の唇にキスしました。
柔らかい唇でした。終わって目を開けると姉は目を閉じたままでした。
何度もキスしてしまった。
姉はされるがままじっとして、僕のキスを受けてた。
「お姉ちゃんのこと僕は大好きだよ。」
目を開けてニッコリ微笑んで姉にギューっと抱きしめられた。
姉の胸が僕の胸でつぶれて、ドキドキしてしまった。おっぱいはしっかりありました。
体は大人でも心は子供。
洋服の下にちゃんとブラジャーもしていた。(母が毎日着せていた。)
姉はおしゃれでした。母がきれいにしていたんですね。女の子だからってことで。
お風呂も家族が入り終わった後に、姉を入れて洗ってたそうです。
髪の手入れや洋服を選ぶのも母でした。
いつも姉は綺麗だった。いつも髪はシャンプーというかリンスのいい香りがしてました。
僕はこの匂いが好きで、姉に抱き着いて髪の毛の匂いを嗅いでました。
姉も嫌がらずに僕を抱きしめてじっとしてました。
「お姉ちゃんはいいにおいがするね?」
「うん。」ニコニコ笑ってました。
姉とベッタリでした。何する訳もなく姉が抱き着いて離さなかったんです。
一緒にお蔵でご飯も食べた。朝ごはん、お昼ご飯。時々夕ご飯も。
お蔵から自分の部屋に戻るとき、必ず姉に言う言葉がありました。
「またあした。」この言葉で姉は今日はこれで終わりと理解するようになりました。
いつからか僕は、お蔵で姉の机を借りて勉強したりしてました。
姉は理解していたようで、勉強中は横でお絵かきをしていました。
姉の絵は上達してました。いろいろ教えたからですが。
蔵の窓から見える風景です。それしか外を知らないから。
時々、こっち向いて唇をとがらせて目をつぶる。キスを要求してきたんですね。
何度もキスしてました。キスの快感を知って性に目覚めたんだと思います。
抱きしめてキス。無意識に姉のおっぱいを触ったりしてしまった。
姉は微笑んで僕の手を掴んでおっぱいに当ててました。快感を感じてたのかもしれません。
キスすると必ずおっぱいを揉ませました。
もちろん、この行為は姉も僕も「内緒」ってことで守ってました。
姉も「ないしょ」ってことの意味を理解できるようになってたので余計なことは言わなかったんですね。
そんな状態が続いて僕が高校3年。姉は25歳。この時初めて姉と結ばれてしまったんです。
僕が我慢できなかった。
この年齢になって姉と自分だけという状況になるのに、お蔵に毎日行ってました。
両親も姉の遊び相手になってくれる僕に一目置いてくれていたんです。
なにより姉がこのころにはある程度まともな会話ができるようになっていたのと知識もついてきていた。全部僕が教えた。そんなことから両親は僕と姉の時間を許してくれていました。
もちろん僕は勉強もしっかりやってましたから。
そして、蔵で毎度のようにキスしながらおっぱいを揉んであげました。もちろん遊んだりして休憩してる時ですよ。ずっと揉みっぱなしってことではありません。
キスして揉みながら、直接触れてみたくなりました。僕も少し興奮してたんです。
ブラウスのボタンを外して、中に手を入れてブラの上からおっぱいを包むように揉んでました。
そこそこ大きかったですよ。ブラがCカップでした。
姉は黙って僕を見てにっこり微笑んでました。姉の体が見たい!欲望が湧いてしまったんですね。
ブラウスのボタンを全部外して脱がしてしまった。薄いピンクのブラでした。
両手でブラの上から揉んだ。柔らかいが張りがあって揉みがいのあるおっぱい。
姉は「てっくん。好き。好き。」と言って嫌がりもせず、ニコニコしながらずっと揉ませてくれました。
「お姉ちゃん、好きだ!好きだ!」ブラのホックをなんとか外してブラも取りました。
ピンクの乳首、乳輪を今でも覚えています。
じかにおっぱいを触ってしまった。手が震えてたのを覚えてます。ひんやりとしていて柔らかい。夢中で揉んでしまったんです。僕自身思春期後半で早い話がセックスに興味がありました。
姉は黙って揉まれてる自分のおっぱいを見てました。
「てっくんは、これが好き?」
「う、うん。お姉ちゃんのが大好き。」
にっこり笑ってました。
僕は本当に姉を愛してた。中学3年ころから姉に恋愛感情があった。姉といつか一緒になりたいとも思っていた。
確かに障害者ですが、僕には優しくて大切な女性だった。言葉がある程度話せるようになって、気持ちが通じていたんだと思います。
僕は我慢できずに姉の乳首に吸い付いてしまいました。姉は嫌がりませんでした。
姉を抱き寄せて必死に乳首を吸ってました。体からかすかにお香の香り。
姉が僕の頭を抱きしめた。
「てっくん。かっちゃんといっしょ。パイパイね。」
思わずおっぱいから口を離して姉を見上げた。姉は微笑みながら何度も頷いてました。
かっちゃん=お母さん。母のこと。「かっちゃんといっしょ?」最初は意味が分からず姉を見てましたが、あ!そっか!きっと姉は僕が赤ん坊の時、母のおっぱいを飲んでいたのを覚えてるんだ!!納得できました。
「お姉ちゃん、いい?おっぱい吸ってもいいの?」
「かっちゃんといっしょ。パイパイいいよ。」姉を僕の膝に乗せて、姉のおっぱいを吸い続けました。
姉は僕の頭を抱きしめながら頭を撫でてくれた。
乳首を舌で舐めたり吸ったりをずーっとしてました。安心というか好きな姉に甘えてる気持ちでした。
姉の呼吸が速くなったのにはびっくりしました。興奮というか感じてたんでしょうね。
でも、そこから先にはいきませんでした。自分でもまずいことしてると思ったのと罪悪感もありました。
でも姉が、僕と遊んで休憩になると自分で上を脱いでくるんです。
「てっくん。かっちゃんと一緒。さっちゃんのパイパイいいよ。」
そしてずっとおっぱいを吸って舐めてました。
姉に抱きしめられながらおっぱいを吸っていると安心できた。
嫌なことも全部忘れられましたね。
姉はその気持ちを掴んでたようです。僕が目を閉じておっぱいを吸ってる顔をずっと見てました。時々目を開けて姉を見ると、小さく頷いてくれました。
しかし、ある時、吸ってる最中に姉が「ふん!」と息を吐いてブルブル震えたんです。もうびっくり!何か体の具合が悪くなったのか!あせりました。
「お姉ちゃん!大丈夫?大丈夫なの?どうしたの!」
姉が僕の頭を撫でながら「じょうぶ。じょうぶ。(大丈夫)」と言いながら抱きしめてキスしてきた。姉の顔が火照ってました。
この時は知りませんでしたが、姉は快感で昇天してしまったんです。初オーガズムでした。姉がもっと吸ってとばかりに僕におっぱいをくっつけてきた。
僕も嫌じゃないから吸って舐め続けました。
「はあ、はあ、はあ」姉の呼吸が荒くなってきて、お姉ちゃんもしかして感じてるのか?と思いました。
そんなことが続いてだいぶしてからでした。受験勉強が思うように進まずイライラもしていた。
「クソッ!なんでこの問題が解けないんだ!!」と声出してしまった。
姉が横でお絵描きしていて、すぐ抱きしめてきた。
そして、毎度同じくおっぱいを出して僕に向けた。
姉なりの慰めだったと思います。姉は僕の感情を読み取るのが速かった。
夢中で姉のおっぱいを吸いました。
感謝もしましたが、姉に甘えたくて。
そのうち姉が「いいよ・・・いいよ・・いいよ」と言いだした。
気持ちいいということが言いたかったみたいです。
それを知ったら僕も抑えがきかなくなりました。お姉ちゃんを抱きかかえるとお蔵の部屋の端にある姉のベッドに行きました。
姉はずっと僕を見てた。僕にだっこされるなんて初めて。
「てっくん?じょうぶ?遊ぶ?何遊ぶ?なに?」
「お姉ちゃんのこと好きだから。」
「さっちゃんもてっくん、大好き。」
ベッドに姉を寝かせて、履いているスカートを脱がしてしまった。姉はもうピンク色のパンティ1枚だけの姿。
「お姉ちゃん!」もう姉の上に被さっておっぱいを吸い続けました。
吸いながらTシャツ脱いで上半身裸になって姉に抱き着いた。
「てっくん。大好き。大好き。」お姉ちゃんは抱きしめながら大好きと言い続けてました。
僕は、姉の秘密の場所をパンティの上から触ってみました。
「お姉ちゃん、いい?いい?好きなんだ。」
「てっくん。大好き」僕を見つめてました。姉はゆっくり足を開いた。
何されているのか理解はしてなかったと思います。いや、本能的に何かを理解したのかもしれません。
パンティの上から姉のアソコをもみました。少し濡れていた。さっき感じてたから、その時の快感のせいだと思います。
姉は股間を揉まれている間目を閉じていました。
「お姉ちゃん、お姉ちゃん、いい?いいの?」僕は甘えた。
そしてパンティ脱がして姉のアソコを見ました。25歳の女の体です。スタイルがとてもよかったのにも驚きでした。肌は真っ白。
毛は多かったです。今みたいに手入れなんてしない時代だったと思います。
姉のアソコを直にさわりました。童貞でしたからもう訳わからずに触ってました。
姉は目を開けて僕を見てました。
「てっくん、さっちゃん、好き?いじる?ここ?好き?」
「お姉ちゃん、触りたい。大好きだ。」
「うん。いいよ。」
それなりの濡れ具合でした。ズボン、パンツ脱ぐと僕も真っ裸になって姉に被さった。
「てっくん。てっくん。大好き。」裸で抱き合ってるのが嘘みたいでした。
姉のおっぱいを吸いながら、アソコを触り続けました。
姉が目を閉じて呼吸を荒くしていました。感じてた。声は出さなかった。
僕は割れ目にそって指を動かして、入口を探しました。下の方に凹んでる場所。そこが一番濡れていた。(ここだ。ここに僕のが入るんだ。)
指を静かに入れてみました。
「てっくん、いたい。いたい。」
「ごめんね。」
急いで指抜いて、姉にキスして謝った。姉はにっこり笑った。
「てっくん、じょうぶだよ。いいよ。」
「ほんと?いいの?」
「てっくん、大好き。」姉が僕の手をとって、アソコにあてた。
「ありがとう!」
お姉ちゃんの股間に移動して足を広げて、初めて姉のアソコを見ました。
毛深いけど、綺麗に割れて膨らんでいた。
まだ男を知らない姉の秘密の場所。
夢中で開いて中を見た。もう大人の物そのものでした。
やはり処女だけに秘部は綺麗だったです。
ピンク色の濡れて光る秘密の場所。興奮しながらも見つめてました。
女性の秘部の形状を知って異様に興奮した。
姉は、右手で自分の股間を触ってきた。濡れているのに驚いてた。
「てっくん、さっちゃん、ちっこ(おしっこ)でちゃった。お便所行く。」
姉が起き上がって蔵の1階にあるトイレに行こうとした。
「お姉ちゃん、待って。」
「ちっこでる。」
「お姉ちゃん、ちっこじゃないよ。ちっこじゃないの。」
姉はおしっこ漏らしたと勘違い。知らないから当たり前です。
僕は姉をベッドに寝かせて抱きしめてアソコを触った。
「お姉ちゃん、わからないよね?女の人は気持ち良くなるとココはこういうふうに濡れるんだ。」
姉はキョトンとした顔で話聞いてた。
「これはちっこじゃないよ。」
「ほんと?ちっこ違う?さっちゃんびーき(病気)かな?」
「違う。それも違う。」
「何かな?」
「・・・・」(説明に困りました。)
「てっくん、触りたい?いいよ。」
ずっと姉の股間を触り続けました。
姉は「はあはあ」言いながら目を閉じてた。
「お姉ちゃん、気持ちいいでしょ?」
「てっくん、好き。いい。いいよ。」
かなり時間立ってましたが、姉が深く息を吸った瞬間ブルブル震えて硬直してしまった。
僕を思い切り抱きしめてきた。
姉が昇天しちゃったんですね。SEXの快感を知ってしまったんです。
ゆっくり目を開けて、潤んだ目で僕を見つめてました。
「お姉ちゃん、よかったの?」
「よかった。これ何?これ何?」
「うーんとねえ。お姉ちゃんは大人になったんだ。」
「オトナ?さっちゃん、ことも(子供)だよ。」
「うーん、お姉ちゃんはもう大人なんだ。」
「そう?オトナ?てっくんと一緒?」
「そう!一緒。大人なになったんだ。」
姉はとっても嬉しそうな顔で喜んでました。
(お姉ちゃん、一緒に大人になろうね?僕を男にしてください。)
姉の上に被さって、姉の股間に息子を当てた。姉のアソコにあてて擦った
姉の呼吸が速くというか荒くなってきました。うるうるの目で僕を見つめてました。
「お姉ちゃん、いいでしょ?いいでしょ?ごめんね。でもお姉ちゃんのこと大好きなんだ。」
僕は息子握って、入れ場所を探しました。さっき下のほうだったな?
なんとなく凹んだ場所に当たったのがわかって、ゆっくり腰を落とす感じで押してみた。
何度か押し付けているうちにヌルリと言う感じで何かに潜り込んだのがわかった。
潜った瞬間、姉が「ああー!」声を上げて目を見開いて僕を見た。姉の体は全身硬直してました。今でも姉の処女喪失の瞬間を覚えてます。
感動でしたし、何より嬉しかったので鮮明に覚えてます。
痛かったんでしょう。でも僕を抱きしめてました。嫌がらなかった。
そのまま中に潜り込みました。姉の中にすべて入った。
「ううう・・・てっくん・・・いたい。いたい。」
「お姉ちゃん、ごめんね。ごめんね。」
「てっくん、じょうぶ。じょうぶ」
「お姉ちゃん、僕も大人になれたよ。お姉ちゃんのおかげだ。」
「てっくん、さっちゃん、オトナ。いいよ。いたい、いたい。じょうぶ。」
そのまま姉の中に入ったまま抱きしめてじっとしてました。
数十秒だったかもしれません。動く間もなく膣内に射精してしまいました。もう凄い快感だった記憶があります。
姉の中に射精。お姉ちゃんと一緒になれた。罪悪感より喜びいっぱいになった。
姉は目を開いて僕を見つめてました。
僕がうめいて、しかめっつらで射精してたので、きっと痛いのを我慢してると思ったんでしょう。
出し終わって姉の胸に顔つけてグッタリしてる時に姉が頭を撫でてきた。
姉の顔を見上げた時に泣いてしまった。ごめんなさいって気持ちでした。
「てっくん。泣きない。泣きない。痛いの痛いのとってけー。(痛いの痛いのとんでけー)
てっくん、じょうぶ?じょうぶ?」
姉は自分が痛いのに僕も痛いから泣いてると思ったんでしょう。しきりに心配してくれてました。
姉は泣いている僕の頭をいい子いい子するみたいに撫でてました。
「お姉ちゃん、ありがとう。大好きだ。」
「てっくん、大好き。」
姉の中にしばらくいました。
困ったのはまた息子が元気になってしまったこと。
そのままじーっと姉の中で小さくなってくれるのを待ちましたが無理でした。
ゆっくり腰を動かしました。
お姉ちゃんはぎゅっと目を閉じて僕の頭を抱えた。
姉の両足が僕の腰に回す感じでしがみついてきた。無意識にそうなったようです。
「いたい・・・いたい・・じょうぶ・・・いたい・・・てっくん、じょうぶ?じょうぶ?」
姉のおっぱいに顔埋めながら腰を動かした。
「はぁはぁ、お姉ちゃん痛い?大丈夫?」
「じょうぶ・・・はぁはぁ・・・てっくんじょうぶ?じょうぶ?」
僕を心配してた。姉の優しさが嬉しかったです。
動き始めて数分。そのまま奥に入れて、2回目も発射してしまったんです。
姉は頭撫で続けながら、僕を抱きしめてた。
何をしているのか、何をされたのか・・・姉はわかったみたいでした。
生殖行為=本能ですからね。
終わって僕は息子を姉から抜いた。姉は出血してませんでした。姉の股間から精液が垂れてきたので、急いで拭いてあげた。
「てっくん、ありとうね。(ありがとうね)」
姉を抱き起して、股間から出てくる精液を全部綺麗に拭いてあげた。
「お姉ちゃん待ってて。そのままでいて。」
「てっくん?」
「待ってて。」
僕は急いで1階の流し台でタオルを濡らして戻った。
姉はベッドの上に正座してました。
「お姉ちゃん立ってくれる?」姉を立たせて、全身を濡れタオルで拭きました。
もちろんアソコも入念に拭いてあげた。
そして姉にパンティ履かせて、ブラをつけて洋服を着せてあげた。
僕も服を着て、姉を抱きしめたとき姉が涙を流した。
「てっくん、ありとう。ありとう。大好き。」「お姉ちゃん?」
姉のお礼の言葉の意味が理解できませんでした。何に対してありがとうなのか?
でも、このお礼の意味は後になってわかりました。
姉とはこのお蔵で何度もセックスしました。もちろんコンドームなんてありませんでしたから当然姉の体内に中だしです。
姉もセックスの快感を知りました。セックスでイクことを覚えました。
姉にクンニもしました。
僕もSEXの知識を少し身につけて、女性のアソコを舐めると女性は喜ぶということを知って・・・。
姉は最初のクンニの時びっくりしてましたが抵抗せず足を開いてくれた。
そのうち姉の感じる場所がわかってきたのもあって、クンニで姉は必ず1回オーガズムになるようになった。
そのあと僕を受け入れてくれて必ず体内に放出していた。
体位・・・といってもそんなにできるわけないですが、対面座位、正常位、屈曲位ぐらいしかできませんが、姉も僕も夢中で抱きしめあってました。
対面座位はどちらも動かずでした。
ただインサートのまま抱きしめあって・・・そして僕が我慢できなくなって姉の中に放出というパターンです。
さすがにフェラチオは姉にお願いはできません。
姉とは「ぜったいないしょ」ということでお互いに黙ってた。
「お姉ちゃん、僕とお姉ちゃんだけの秘密だよ。誰にも言わないでね。」
「てっくんとさっちゃん内緒。内緒。うん、いいよ。言わない。」
1度結ばれてからは僕がお蔵に行くと、姉は大喜びで抱き着いてくる。
SEX=姉の愛情表現でした。
姉は僕が夢中で抱いてくれることを理解して、体を僕に差し出し続けたんです。
そして姉の体内に放出することが、姉の満足感になってました。
僕が快感で放出始めると、毎回強烈に抱きしめながら
「いいよ。てっくん。おいでぇ」と言ってました。
僕も思春期だったのもあって2回、3回の時もありました。
そんな時でも出し終わって姉を見ると、姉は頷きながらにっこり笑ってくれる。
「いいよ。おいでぇ。」と言ってました。
姉は僕のことを弟であり、恋人であり、自分の子供の3つに分けて見ていたふしがあります。
SEX中は恋人&子供。
普段は弟。
そのときそのときで姉の対応の仕方がかわりましたので。
姉と僕の関係がよくばれないと思いました。いや、実はばれてました。
母が一度、僕たちが夢中で愛し合ってるのを見てしまった。
ただ、母は黙ってました。父にも祖父母にも一切言わなかった。
そして、中だししてるのに妊娠しなかったこと。あとで知ったのですが、姉は妊娠できない体だった。
うすうすわかってました。なぜなら生理が無かったから。毎日一緒にいればわかります。
姉は知恵おくれだけではなく、女性にとって大切な妊娠の機能がなかった。完全な不妊だったんです。
姉の言ったお礼の言葉。「自分を愛してくれてありがとう」ということだったようです。
最初は痛かっただろうに・・・。でも動物の本能なんでしょうね。セックス=種族保存の本能であること。愛する人との子供を作る行為であることを本能で感知してたんでしょうね。
大学に入学となって、僕は実家を離れることになりました。
最後に抱き合いながらお蔵で姉に話した。
「お姉ちゃん、しばらく会えないけど元気でいてね。お姉ちゃんありがとうね。さようならだよ。さようならだよ。」
姉はじーっと聞いてました。「さようなら」と言った瞬間、ボロボロ泣き出した。
「てっくん、大好き。大好き。さよなら、だめ。だめ。さよならなし。」
「大丈夫。帰ってくるから。夏休みにかえってくるから、待っててね。」
「さよなら、だめ。だめ。大好き。一緒。ここに一緒。さっちゃんとこうするの。」
実家を出て一人暮らしして、1か月ぐらいたったときだったと思います。実家から連絡が来た。
姉が落ち込んでしまって、体調崩してしまったと。僕がいなくなったのが原因です。
恋わずらいだった。すぐ後のGWに実家に急いで戻りました。
お蔵に即行った。
「お姉ちゃん!帰って来たよ!」
ベッドに寝てた姉が飛び起きて抱き着いてきました。凄い力で抱き着いてきた。痛いくらい。
「てっくん!てっくん!てっくん!」もう全身で「会いたかった」と表現してきました。
母からは、「あなたのことがほんとに好きなのね?ずっと愛してあげて・・・お願い。せめて千代が好きな人を愛することを許してあげたいの。姉弟でも。いけないことだけど・・・」と言われました。
実家に戻って半日で姉は元気になってしまいました。
完全な恋煩い。僕にべったりくっついてニコニコでした。ずっとおっぱいを触らせてました。
僕が手をどかすと、イヤイヤと頭振って僕の手をおっぱいに当てる。
僕がこのまままた大学にもどったら、今度こそ姉はこわれてしまうんじゃ?とも思いました。
GW中に姉に教えました。
僕が姉を嫌いで出たわけじゃないこと。学校に行っていること。家からじゃ行けないこと。
そして、今度僕が帰ってくる日をカレンダーで教えました。
帰ってくる日(夏休み)に○をつけた。
姉に毎日朝起きたら、カレンダーに×を書かせた。〇が来たら僕が帰ってくると。
姉はやっと理解してくれました。
夏休み。戻ったら姉はお蔵の入口で僕を待ってた。
「てっくん、かえり~(お帰り)」
凄く嬉しかったです。だって外出たことが無い姉が、お蔵の入口にいた。
GW過ぎて少しして両親が姉を庭に出すことをしたそうです。もちろん門から外には出さない。事故にあったら大変だから。
お蔵のカレンダーを見たら、ちゃんと×がついてて、○の日(花丸になってました!)が今日でした。
もっと驚いたのは、姉がネコを飼ってたこと。気をそらすために子ネコを与えたそうです。
最初はおっかなびっくりだった姉だそうですが、母性本能の強い姉ですから、すぐに可愛がりはじめたそうです。
夏休み中、姉とお蔵で昔みたいに遊んだりしました。
もちろんセックスも。姉の方から求めてくるので必ず応えてました。
僕が大学院に入った年。姉が急逝してしまいました。病気だったのですが。
両親からの連絡で急いで実家にかけつけて、姉の最期を看取ることができました。
「てっくん、ありとうね。ありとうね。ありとうね。」
ずっと僕の手を握ってた。握りながら何度も頷いていました。そして・・・息を引き取った。

姉が他界して40年。
今も遺影の姉は優しく微笑んでます。ずっと綺麗なままです。
思い出を書いてみたくなったしだいです。
乱筆で失礼しました。また、読んでいただきありがとうございました。

 

良かったら「いいね」してください。誰でも「いいね」出来ます!


同じジャンルの体験談

トップページに戻る