変態彼女にアナル開発されてしまった


1文字数:1164

初めての彼女は俺が高一で彼女が高三。
彼女の家にも初めて行って緊張したのは懐かしい思い出だ。
そこで俺は人生初のアナルを経験した。
ファーストキスして震える手で服を脱がせ合い、マンコとチンポを舐め合った後に彼女が太っといバイブを取り出した。
「ちゃんと舐めてから入れるから開発させて♡」
サァーっと血の気が引く思いだったが、大好きな彼女のお願いだったのでOKしたらアナルを入念に舐めてくれた。
舌が入ってきて中までしっかり舐められる。
恥ずかしいのに気持ち良くなって勃起力が過去最高に達して痛いくらい硬くなった。
そしてゆっくり入れるから力を抜いてと言われて息を細く長く吐き出して力みを取るとアナルにローションを塗った指がそのまま入ってきた。
いきなりバイブじゃなくて安心したけど、指が中で暴れて射精してしまった。
ビクビクと腰を震わせて果てる俺を見て興奮したのか、次は太っといバイブを奥まで入れられた。
果てた直後なので余計な力みは完全に消え去っていて痛みは感じなかった。
電源を入れられて中でバイブが唸りを上げて動き回る。
萎えたチンポが即座に復活して彼女に手コキされた。
アナルとチンポで気持ち良くされてまた射精したけど、1回目よりも更に気持ち良い射精になって精子がめっちゃ出た。
射精してるのにバイブも手コキも続けられて何度も連続で行くかされる。
何も出なくなると漸くバイブに抜いてくれたけど、その汚れたバイブを今度は彼女のアナルに入れて欲しいと言われたんだ。
「同じバイブでお互いのアナルを犯し合うなんて最高だと思わない?私もアナルで気持ち良くなってみたいの」
射精しすぎてヘロヘロだったけど、頑張って彼女のアナルを俺がしてもらったように舐める。
そして指にローション付けて入れるのも真似した。
アナルに興奮なんてするはずないと思ってたけど、実際にやってみると凄え興奮する。
そして汚れたバイブを彼女に深く入れて電源ON!
彼女がめっちゃ感じてる声を上げてるのを見て、何も出なくなってピクリともしなかったはずのチンポがまた元気になった。
腰も震わせてイキそうになってる彼女に後ろからマンコへチンポを挿入した。
アナルに入れたバイブを唸らせたままズボズボと動かして腰も振る。
アナルとマンコを同時に犯されて激しくイク彼女。
俺はもう何も出ないんだから中でイッちゃえ!と彼女の中で果てた。
するとどうだろう…さっきはイッても何も出なかったはずなのに、彼女の中で少しだけど精子が出てる。
ヤバい!と思ったけど本当に少しだったので彼女も許してくれた。
お互いにアナルをバイブで犯し合ったので普通のカップルよりも深く愛し合えたんじゃないかな?
でもこの経験のせいでSEXの時はアナルもやらないと満足出来ない身体になってしまった。

 

良かったら「いいね」してください。誰でも「いいね」出来ます!


同じジャンルの体験談

トップページに戻る