お母さん・・が ②


351文字数:2262

俺のお母さんはお母さんがパートで勤めている会社の専務を始め
社員に犯されている、そして枕営業にも使われている。
事実はわかった、でもどうしてそんな事になったのだろう?
そして、どう始末を付けたらいいのだろう?
18歳の俺には難しい問題だ。

恥を忍んで友達に話した、そして協力を頼んで了解してもらった。
最初にする事は事実の確認となんで?の答えを知りたい。
そして次は母の本当の気持を知りたい、そしてあいつらへの報復。
親父には・・・わからない。

俺は関西の大学に戻った、友達のあの居酒屋であいつらの会話を
聞いて録音を続けてもらった、そして家の鍵をコピーしそれで
室内に取り付けたビデオカメラの確認と充電などを頼んだ、
友達は俺の為というのが一番の目標だが、探偵の真似事が好きに
なり今、無職なんで興信所に就職したいんだって、俺は謝礼は
必ずするとの約束をした。

音声の確認
「亜由美ちゃんは相変わらずすげえなあ」
「そうか昨日お前は専務とA社の会長との飲み会だったもんな、
どんな風に凄かったんだ?」
「最初は4人で大人しく呑んでいたんだが、会長が亜由美ちゃんの
おっぱいを触り始めてからおかしくなったんだ」
(亜由美ちゃん=俺の母、41
「専務はすぐにあそこのビル工事を頼みますね、って」
「会長は、おお任せておけってさ」
「それから3人で亜由美ちゃんの服を全部脱がせてさ、会長は
全裸の亜由美ちゃんのあそこの真ん前に座って口に含んだ酒を
舌で塗り付けていたよ、亜由美ちゃんは黙っていたけど気持ち
悪かったかも、会長は横になってと亜由美ちゃんに言ったんで
専務と俺は少し外の風を当たっていたよ、30分位して部屋に
戻ったら会長はもうパンツを履いていた、早いよね、ははは」
「亜由美ちゃんは?」
「手であそこを押さえていたけど会長のが垂れていた、俺はおしぼり
で拭いてやったよ、いい人だろう?ははは」
「それから?」
「会長は終わったら帰ったんで専務と俺は亜由美ちゃんの所に
戻ったんだ、すると亜由美ちゃんはパンツを履いていたんで、
だめだよ、まだ早いよ、って、専務はパンツを脱がせると自分も
すぐ脱いで亜由美ちゃんの口に突っ込んだよ、俺は横からお乳を
揉んだよ、して専務が亜由美ちゃんの中に突っ込んで、それから
俺がしたんだ、亜由美ちゃんは俺の時が一番良かったんじゃないかなあ、眉を寄せていたもんなあ」
「バカ言え、ははは」
「そう言えば、亜由美ちゃんも酷い奴につかまったもんだなあ
知ってっか?一番最初は専務がさあ、歓迎会で結構飲ませてさ
ホテルに連れ込んでやったんだよ、その時スマホで何枚も裸とか
やっている所とかあそことか撮ったんだって」
その後の話しは知らない、教えて」
「次の日、亜由美ちゃんが泣きながら専務に怒って来たんだって
当然だよな亭主も子供もいる主婦だよ、普通の、怒るわなあ」
「専務の酷いのは、さあ、スマホを見せてさあ、ならこれを
ご主人と子供さんに見てもらおうか?」
「いいですよ、なんて言うわけない、黙ってしまったんだって
そして10枚入った封筒を渡したんだって、亜由美ちゃんは
それをもらった事で、もう何も言えなくなってしまったんだよ
それから専務は亜由美ちゃんをホテルに連れて行ってはやって
いたんだ、でも専務も家庭があるから、亜由美ちゃんが少し
重荷になったのかも、社員のギャラが低いから亜由美ちゃんを
利用したんだよ、専務だけの時は3枚だって、でも誰かを連れて
の時は10枚だって、ああそれから営業で役に立った時は50枚
だって、だから今は亜由美ちゃんは怒れなくなってるんだよ、
妊娠しないようにピルも飲んでいるしね、だからみんな中だし
だろう、お前もさあ、ははは」
「ふーん、そうかあ」

酷い会話です、全てコピーを取りました。

隠しビデオも確認しました。
両親の寝室です
全裸の母がいて専務がいます、専務と二人だけです。
専務は性器を母の口に入れています、会話も聞こえます、
「亜由美ちゃん、良かったよおかげでA社の工事取れたよ、お礼は
するからね、だけど又会長ともしてもらうよ」
母の口から性器を抜くと母を横にして足を広げ、性器に口をつけて
いる様子、母の顔が見えます、逝きそうな顔です、母は喜んでいる
のかも・・・専務は正常位で入れました、でもすぐに抜くと母を四つん這いにさせてお尻の穴を指で弄り始め、性器からお汁をもって
くると塗っています、また後ろにするのでしょうか、
そうでした、指で弄った肛門に先をあてると・・母の顔は見えません
が「いやあ」と言っていました、でも専務は押し込みました
「ここって結構いいもんだよ」なんて
専務は逝きました、抜くと肛門は開いています。
二人でシャワーに行ったみたいで何分かしたら写りました
専務は母をM字にして性器をじっくり眺めています
「びらびらが大きくなったよなあ、ご亭主にばれないといいけどね」
母は何もいいません、「いつ帰ってくるんだっけ?」
「来月です」
「それまで毛は生えないしなあ、剃らなければよかったなあ」
「そうだ、またしなければいいんだよ」
「・・・」
「それとも真っ暗でならわからないかも、ははは」
酷い会話です
俺も変です、画面でですが、毛の無い性器とそこに入れられている
のを見て、母どと理解しているのに大きくなっています、
俺は出しました、おかしいです。

どうしょう?
どうしょう?
次回に。

 

良かったら「いいね」してください。誰でも「いいね」出来ます!


同じジャンルの体験談

みんなのコメント

1 名前:名無しさん2022年12月12日(月) 09時27分54秒

旦那さんが可愛そうです。

トップページに戻る