アダルトグッズのNLS

子供のころ家に風呂がなかったので


子供のころは家に風呂がなかったので、父親の居なかった俺は、毎日、お袋かばあちゃんに連れられて近くの銭湯に行ってた。
信じられないかもしれないが、小3まで女湯に入ってた。
昔はおおらかだったね。
     
いつのころからか、エッチな感覚というより単に好奇心で、自分と違うところの構造がどうなっているのか知りたくて、湯船をまたぐ大人の女性をしたから眺めるようになった。
また洗い場の鏡の下から向かい側の人の下半身を観察したりした。
まさか向こう側から覗かれているとは思わないから、大胆にM字開きでイスに座って洗っているひとが多かったね。
なかでも自分の割れ目を横に指で開いて中を確認しながら、なんどもお湯をかけているところを目撃したときは、「へえ、こうなってるんだ」と納得したわな。
生々しい肉色はいまでも鮮明に覚えてる。
     
あと、そのころはシャワーなんてないから、頭を洗うときには、よく両膝をついてお尻を持ち上げながらお湯をかける人が多かった。
その後ろに立って観察してたら、お袋に「そんなところ観るんじゃないよ」と怒られたが、その理由が「汚い」からだと勝手に解釈して、目を盗んでは覗き込んでいた。
今考えると、変態なガキだったよなあ。
でも純粋だったからできたね。
     
そうした記憶は、あとになってすごく貴重なものだとわかったのは十代になってから。

良かったら「いいね」してください。誰でも「いいね」出来ます!


トップページに戻る