PR

借金のカタに (Ver1)


13文字数:1769

 狭い階段を上って雑居ビルの3階にある会社の事務所に行くと、部屋の中から女の呻き声が聞こえてきました。あれは妻の声に違いありません。急いで部屋に入ると、入り口にはあの男が立っていました。口髭にサングラス、黒の革ジャンを着た借金取りのヤクザです。私を見るとニヤニヤと笑います。部屋の奥を見ると、なんと妻が別の男に背後から犯されているのでした。机の上に両手をつかされ、仕事着の黒のスカートをたくし上げられ、パンストもパンティーも無残に破られてむき出しになった妻の尻に、下半身裸になった格闘家のような体格の男が、背後から腰を激しく打ち付けているのでした。
「ああっ・・ああっ・・・あああっ・・」と苦しそうに呻く妻。
「やめろよ」
私はその男を止めるために近づこうとしたのですが、入り口の男が私の腹に膝蹴りをして、あまりの痛さに床に倒れてしまいました。
「おっさん。金返せよ」
男は吐き捨てるように言います。
妻は苦しげな表情で私の方を見ましたが、犯している男が妻の顎を手で自分の顔に向けると、太い舌を妻の口に入れました。妻の小さな舌がチラチラと奥に見えました。なすすべもなく倒れたままその光景を呆然と見つめる私。すべて私のつくった借金のせいです。街金に手を出すまでに経営が悪化した私の会社のせいなのです。倒れた位置からは男が妻の女陰に出し入れするペニスが丸見えでした。あんな大きなペニスを出し入れされたら、妻は痛いに違いありません。
「あうっ・・あううっ・・・いやっ・・・」
振り向く妻は眉間に深いしわを寄せ、眉を八の字にして苦しげな表情です。
妻は27歳で、まだ子供を産んだこともありませんでした。5年前に結婚する以前のことはよく知りませんが、奥手の妻は私の平均サイズのペニス以外には、あまり男を知らないはずですので、格闘家のような男の、鍛えられたような硬くて太いペニスで突かれたら、子宮の奥まで痛むのではないでしょうか。
しかし・・・少し冷静になってよく見ると、妻の脚には幾条もの液が流れています。その源はまぎれもなく男のペニスが深く差し込まれた女陰なのでした。
男は背後から妻のブラウスのボタンをはずし、ブラジャーも脱がせて、妻のFカップの白いお椀のような胸をもみます。時々乳首をつまんだりもします。そこは妻の性感帯なので、妻は一瞬ボッとした表情になりました。
「おっさんの嫁さん、感じてるんじゃないか」
入り口の男がからかうように言います。妻と私は20歳以上も年が離れているので、おっさんと呼ばれてもしかたありません。犯している男は仕事机の上の物を全部手で床に落とすと、今度は妻を机の上に仰向けに寝かせ、両脚を抱え込んで挿入しました。挿入の瞬間、妻が机の上で声を出しのけぞりました。男が腰を激しく振り続けると、妻の両足の指は親指だけが反り返り、ほかの4本の指は内側に強く屈曲するようになりました。男も極まってきたのか、さらにペニスを出し入れする速さを増してきました。男の全身から玉のような汗が出てきました。突然妻が
「ああああっつ、いっちゃう」
と大声を出すとお腹のあたりをびくんびくんと痙攣するように動かしました。男は急に腰の動きを止めると、ゆっくりと何度か腰を妻に押し付けました。よく見ると陰茎の付け根あたりが、ピクンピクンと不規則に動いていました。
 男がペニスを引き抜くと、一瞬黒く口を開いた妻の膣が見えましたが、すぐに奥から白い精液が溢れてきました。それはドロドロと机に向いて流れおちてゆきました。
入り口の革ジャンの男は妻のそばに来ると、
「奥さん、ソープで働いてもらうことにするから、明日でも事務所に来て。奥さんが、がんばれば1年足らずで借金返せるから。あ、それと後ピルここに置いとくね。危険日なら飲んどいて」
そう言って机の上に横たわる妻の脇にクスリを置くと、男たちは帰ってゆきました。私はゆっくりと立ち上がると、まだ痛む腹をおさえながら、妻のそばによりました。妻は悲しげに目をそらせて横を向きましたが、私は妻を抱きしめキスをしました。
「ごめんよ、ごめんよ」
私は泣いていました。抱きしめながら妻のものと男のものが混ざった汗のにおいと肌の感覚を、みじめな気持で感じていました。

 

良かったら「いいね」してください。誰でも「いいね」出来ます!


同じジャンルの体験談

トップページに戻る