低学年JSと


10文字数:1036

私は年下の女の子が好きな女です。
特に10歳未満の子が好きで普段は6歳の姪と遊んでいます。
私が初めて年下の女の子と遊んだのは高校1年の時で、当時8歳のあかりちゃんが彼女でした。小柄な私はあかりちゃんと20センチ程度の身長差しかなかったのでキスはとても楽でした。
会うたびに舌を絡め合うようになり、その時の秋ごろ、たまたまあかりちゃんを家で預かる事になって私の部屋で2人きりになった時にあかりちゃんと初めて裸で絡みました。事前準備で私がオナニーを教え込んでいたので軽く割れ目を撫でると簡単に濡れたので私の割れ目と擦り合わせて貝合わせをしました。私はあかりちゃんのまだ生理も来ていない汚れなき割れ目と私の色々と汚れた割れ目が合わさっている事に興奮してしまい、普段のオナニーよりもかなり快楽が強く、ついうっかり激しい腰振りをしてしまい、気づいた時にはあかりちゃんはイキ狂って失神してしまいました。
理性のタガが壊れた私は失神したあかりちゃんの割れ目に顔を埋めて割れ目から分泌される体液を味わいました。
しばらくして伸びていたあかりちゃんが復活したので続いてはあかりちゃんにペニスバンドをつけさせて正常位で挿れてもらいました。この時が私の初めてでしたが、おそらくオナニーの時に処女膜が失われてしまったのか、痛みは皆無であかりちゃんのブツを全て飲み込むことができました。
私はあかりちゃんと抱き合ったまま体勢の上下を入れ替えて騎乗位になり、背徳感を味わいつつ初めての中イキを果たしました。
続いて今度は私がペニスバンドを着けてあかりちゃんの割れ目に入れました。流石に処女膜貫通の時は痛かったらしく泣いてしまいましたが、奥を何度も突くと気持ちよさそうに喘いでくれたので結果的には良かったです。
あかりちゃんとの初体験を終えた後はいちゃつきながらお互いの体液を啜ってからお風呂に入り2人で洗いっこをして上がり、ご飯を一緒に作って食べさせ合ったりしました。
この関係はあかりちゃんが11歳になり、生理が始まってクラスの男の子と真の初体験をするまで続きました。あかりちゃんが私の元を離れた後、しばらくは心に穴が空いたようになっていましたが、一年くらい経った頃に姪が生まれ、姪がまだ小さい頃から世話をして懐かせ、5歳の時に初めて貝合わせをしてからは2人で会うたびに色々なプレイをしています。
6歳にして貝合わせでイき狂う女の子は見ていてとても興奮するし、早く処女を奪いたいと思っています。

 

良かったら「いいね」してください。誰でも「いいね」出来ます!


同じジャンルの体験談

みんなのコメント

トップページに戻る