小学生の頃から続く姉とのアナルセックス


姉とは3つ歳が離れてて、小学生の頃からアナルで遊ばせてもらってる。
姉が見つけて初めて観せられたのが父親のAVコレクションの中のアナル物で、姉と二人でめちゃくちゃはしゃぎまくってたの覚えてるよ。
観てるうちに試したくなってAVの真似してチンコ舐めてもらったり姉のアナルを舐めたりした。
チンコ舐められるのもアナルを舐めるのも凄く興奮して、指を入れても姉は平気そうだったし寧ろ気持ち良さそうな声を出してた。
それでチンコも入れてみようって事になって、アナル唾を垂らして塗り付けてから挿入。
入れた時にチンコの皮が剥けたんだ。
姉のアナルで大人チンコになれた俺は夢中で腰を振って姉の中で射精した。
姉はチンコ入れられても気持ち良くなれたみたいで、中出しされたのも凄く気に入ってくれた。
それからは風呂とか隣の家との壁の隙間とかで隠れてアナルセックスした。
偶に放課後に待ち合わせして校舎裏とか帰り道にある公園のトイレなんかでも楽しんだ。
夏休みや冬休みになると両親が仕事で昼間は家に居なくなるから、朝両親を玄関で見送った後は鍵を閉めてパンツをすぐに脱いで夕方まで休憩入れながら何度もアナルセックスする。
小学校卒業して中学生になると、これまでは下しか脱いでなかったのを全裸になってやるようになり、学校の保健室とかも使うようになった。
ほけんしつのベッドで裸になって姉とアナルセックスするのは最高に気持ち良かったよ。
いつ同級生や先生に見つかるか分からないスリルがあるんだ。
家では一緒に風呂に入れなくなったから、夜になると姉か俺の部屋で楽しむようになった。
マンコには一度も入れたことない。

良かったら「いいね」してください。誰でも「いいね」出来ます!


同じジャンルの体験談

トップページに戻る