アダルトグッズのNLS

驚愕…近親相姦日記!!父と娘たちの異常な愛情…


私は女子大で学んでいる20歳の真由美です。
卒業後は大好きな父と同じ仕事の税理士を目指しています。
私の家族は税理士をしている45歳の父と看護師をしている43歳の母、それに高校2年の妹のマリの4人家族です。外から見ると、どこにでも見かける普通の家族ですが・・・

実は大変な秘密をかかえているのです
この掲示板で皆の告白を読んでいると、私達家族だけの問題ではなくて、全国各地で起きている気がして、なんだか安心しています。

私の家族の秘密を日記帳から公開します。
昨年の2月4日から書き込まれています。

(2月4日)

昨夜は本当に吃驚しました。
見てしまったのです。妹と父がSEXしているところを・・・。

母は夜勤勤務があり昨夜はいませんでした。
妹は以前から確かにファザコン気味でした・・・。
でも、まさか父と妹が体の関係まで持っていたなんて、正直ビックリしました。

私と妹の部屋は僅かに襖だけで仕切られていて、昨夜は妹の部屋から変な物音があまりにも長く聞こえたので目が覚めてしまいました。
ふすまに耳をやると、父の声も聞こえてきたので、話をしているのかな?と思うと、2人の喘ぎ声が聞こえてきたので、まさか・・・と思ってふすまの少しの隙間から妹の部屋を覗くと、裸の妹の上に父が覆いかぶさっていました。

妹は父の首に腕をまわしながら

「・・・パパ・・・パパ・・・もっと!!もっと・・・ちょうだい。お願い・・・ああああ・・・」

と喘いでいました。
父も
「マリ・・・マリ・・・あああ、かわいいなあ・・・かわいいなあ、凄いぞ、マリ、凄く締まってるぞ・・・うううっっ!・・・」
父の腰がパン!パン!と激しい音と共に妹を突き上げ続けていて、私は信じられない光景に呆然としながらも、自分のオマンコがじっとり濡れているのに気付きました。

「あああああ・・・パパ・・・もうダメ・・・私イッちゃう・・・」
「よぉし、マリ・・・じゃあ、イクぞ・・・いいな・・・いいな!出すぞ・・・パパのをマリの中に出すぞ」
「出して~・・・パパ・・・マリのオマンコに出しして~~!」
「くぅぅぅ・・・出る・・・ああああああっっっ・・・」

2人のHが終わったと同時に私はふすまを閉めて布団に潜りました。
あまりの興奮に私の愛液は股を伝わって流れていました。
しばらくして2人のヒソヒソ話と笑い声が聞こえてきました。私は未だに信じられない気持ちで一杯でした。

話し声が止んだと思ったら、また父の喘ぎ声が聞こえてきました。もう一度少しふすまを開けてみると、妹が父のものを咥えてフェラしていました。
フェラで大きくなった父のモノが今度はバックで妹を突き始めました。
気持ち良さそうに喘いでいる妹に・・・

「あああ、いい締め付けだ。マリ・・・最高だ・・・もう一度出すぞ?ほら、わかるか?パパのおちんちんがマリの膣の壁をこすってるのが・・・」
「うん、パパ・・・私幸せ・・・パパ・・・マリ、パパの為なら何でもするから、やめないで・・・ううううっ」
「さあ、種付けるぞ・・・」
「ああああんんんんん!!!」
「ああ・・・マリ・・・マリ!!ううっっっ!」

私は興奮して朝まで眠ることが出来ませんでした。
今日は大学を休んでしまいました。

朝、父が私を起こしにきましたが、私は具合が悪い・・・といって部屋から出ていきませんでした。
父の顔も、妹の顔も、今日はまともに見ることが出来ません・・・

その日、妹が学校から帰ってきた時に少し話をしました。
妹に
「彼氏とか、好きな人いるの?」
って聞いてみたら
「彼氏じゃないけど、大好きな人がいて、体の関係もある。結婚はしないと思うけど成人したらその人の赤ちゃんが欲しい」
と言い出しました。

私は
「結婚出来ないかもしれないのに、赤ちゃんが欲しいなんて・・・相手は何て言ってるの?」
って聞いたら
「最初は確かにすごく困っていたし、それだけはダメだって言ってたけど、今はマリの事をすごく愛してるから、産んでもいいよ・・・って言ってくれてるよ」
と無邪気に答えました。

妹の話を聞いてますます頭がおかしくなりそうになりました。
妹と父の異常な関係に頭がおかしくなりそうなのか、妹に対する嫉妬心なのか、私にもよくわかりません。

(2月○○日)

今夜の父は、母のことを抱いています。
両親の寝室から母の喘ぎ声が聞こえてきているので・・・。

(2月○○日)

誰か助けて・・・
うそじゃないんです。
本当です。
今日も父と妹のイヤらしい声がふすまの向こうから聞こえてくる。
もう気がヘンになりそう・・・。

(2月○○日)

あれ以来学校は休んでいます。
今日は父が心配して早く帰ってきてくれました。
母は遅番出勤していきました。

父は
「大丈夫か?熱があるのか?」
といって私の額に手を当て、次に少しですが体のあちこちを触り始めました。
こわかったです・・・。

妹と同じようなことが始まってしまうんじゃないかと・・・。
父に犯されることが怖いのではなく、父を受け入れてしまったら私も妹のように父の心も体も激しく求めて暴走してしまいそうで怖いのです。

(2月○○日)

父は私のことを抱きたいと思っているのでしょうか・・・?
とても不安です。
父は今シャワーを浴びています。
このまま2階に上がってきたら・・・と思うとこれから起こるかもしれないことが怖いです。

(2月○○日)

やはりダメでした。
私と父はもう親子ではなくなりました・・・。
父は私にとってはもう父ではなくなりました。
ただの1人の男になりました。
でも、私は後悔はしていません。

(2月○○日)

あの後、昨日父と話をしました。
「パパ、ママは知ってるの?」
「何を?」
「パパとマリがあんなことしてるって・・・」
「・・・やっぱり真由美は気付いていたんだね」

「あたり前でしょ!たったふすま1枚隔ててあんなに激しくセックスしてたら普通気付くでしょ!・・・マリとはいつからなの?」
「半年前からだよ」
「どうして?」
「誕生日プレゼントは何がいいか聞いたら、マリが
「パパが欲しい」
って言い出したんだよ」

「そんなこと言い出すマリもおかしいけど、パパはそれで何の戸惑いのなかったの?」
「もちろんあったよ、親だからね。でもマリは“処女はパパにあげたい、パパの手で私を女の体にして欲しい”って何度も何度もねだられたんだよ」
「ねだられたからマリを抱いたの?親でしょ!?」

「そうだな・・・でもいずれ他の男のものになってしまうなら、一番最初・・・一度だけなら・・・と思ったんだよ。そしてマリにも説明したんだよ「一度だけだぞ」って」
「それが何で半年も続くのよ!!」

「それは・・・マリの体が・・・マリとのセックスがあまりにも素晴らしかったからだよ。そして、一度抱いたら、マリのことを娘としてではなく女としてとても愛しく思えたからだよ・・・」
「じゃあ、パパは私のことも抱いたら、娘としてではなく女としても愛してくれるの?」

私は思わずそう父に言ってハッとしました。
やっぱり私自身、心のどこかで妹がうらやましかったのかもしれません。

「それはわからない・・・でも、真由美もかわいいかわいいパパの娘だ。マリに対しての想いに負けないくらいパパは真由美を愛してるよ」
「じゃあ、愛しているなら抱いてみてよ、パパ。マリにしてたことと同じことを私にもしてみてよ・・・そうしたら私のことも娘としてじゃなくて女としても愛してくれるワケ?」「それは・・・そうなってみないとわからないよ・・・」

暫く私と父は無言でした。
私は無言のままベッドの上で服を脱いで、下着姿になりました。
父は私の肩を抱き寄せて、無言のまま私をベッドに横たわらせ、静かに私のブラを外していきました。

「真由美は随分成熟した女らしい体だね・・・胸のサイズはいくつだ?」
Cカップだよ・・・と答えると同時に父は私の胸をやさしく揉みほぐしはじめました。

私は声を殺して父に身を任せました。
そのうち静かな部屋に段々と激しくチュパチュパと私の乳房を吸い始める音と、父の荒い息遣いが響きました。
父の舌先で乳首を転がされ、私は感じ始めて息遣いも段々と荒くなってきました。

不思議と父に対する嫌悪感はありませんでした。
父はあくまでも優しく、私の体を愛撫して所々にキスをしました。
たった一枚だけ残っていたパンティも剥ぎ取られ、父はそのまま長い時間クンニをしてくれました。

父の熱い舌先が私のクリトリスを刺激し、グリグリと膣内に進入するたび、私のアソコからはとめどなく愛液が溢れて滴り落ちてきました。
「あぁ・・・ああ・・・あ・・」
快感のあまり思わず声が出てしまいました。

私はいけないこととは解っていながらも、いけないことだからこそ激しく感じずにはいられませんでした。
暫くすると父は
「真由美は処女なのかい?」
と聞いてきたので違うと答えました。

私は高校時代付き合っていた彼と何度か経験はあったものの、淡白なセックスだったのであまり快楽を感じる事は出来ませんでした。

「・・・そうか・・・じゃあ、真由美、いいかい?パパのを入れるよ?」
間近で見る父のペニスはとても太くて逞しいものでした。
そして、父が私自身にゆっくりと侵入してきた時、私はあまりの存在感に思わず

「ア・・・アアッ!!」
と声を上げ、腰をビクビクと上反らせてしまいました。

ゆっくり進入してきた父は、暫くは入れたままの状態で私を見つめていましたが、次第に激しく私の乳房にむしゃぶりつきながら、腰を動かし始めました。

私は私の膣壁にこすりつけられる父親のペニスによる刺激に耐えられず、いつの間にか大きな声で喘いで、父を求め続けました。
「あああっ・・・パパ・・・パパ~・・・」
まるで妹と同じでした。

あの日の夜の妹とまったく一緒でした。私は父に
「もっと・・・もっとパパのをちょうだい・・・もっと奥まで突いて!」
と腰を激しく振ってねだっていました。
「ああああ・・・真由美・・・真由美・・・愛しているよ」

愛液まみれの私のアソコに父のペニスが出し入れされる度に、部屋の中には
「グチョッ・・・グチョッ」
という卑猥な音が響きました。

「パパ・・・私もう・・・イキそう・・・パパ早く来て・・・来て!」
「・・・!・・・いいのか・・・?真由美?」
「パパァ・・・あああ~・・・イク・・・いっちゃう・・・お願い出して・・・パパのをちょうだい!」

「うううっ・・・あああっっっっ!」
父が叫んだ瞬間、父のペニスがビクビクと波打ち、ドクドクと父の精液が私の中に注がれました。

それでも父は私の中から自分自身を抜こうとはせずに、暫くは私の事を背中から強く抱きしめてくれていました。
私は初めて味わうこの上ない快感に暫く放心状態でした。
父がゆっくりとペニスを抜くと、中からドロリと父の放った精液が流れ出てきました。

暫くすると父が
「真由美・・・真由美のオマンコは凄いよ」
と言ってきました。
「真由美のオマンコはね・・・パパが今まで味わったことのないオマンコだったよ」
どういうこと・・・?と聞くと

「真由美のオマンコの中には普通の人よりもたくさんヒダヒダがあるんだよ。それがパパのおチンチンに吸い付くようにまとわりついて、パパは真由美の中におチンチン入れてスグにイキそうになったよ・・・」と教えてくれました。

(2月○○日)

先ほど妹がお風呂に入っている間に1度、父とセックスしました。
父らしくなく、焦っている感じでした。
私のアソコをベロベロに舐めまくりまだ充分濡れていないうちに挿入してきました。
最初は少し痛かったのですが、挿入後すぐに濡れ始めたので問題はなかったのですが、私の口にタオルを咥えさせて
(母が1階の台所で後片づけをしていたので・・・)

まるで無理やり犯されている気分でした。
父は昨日とは違い、荒々しく激しい腰使いで、私を突き上げたあと、たっぷり中出しをしてアッという間に果てました。

行為が終わったあと
「パパな・・・実は、昨日の真由美のオマンコの具合がどうしても忘れられなくて・・・真由美を感じさせる余裕がなかったね。すまないね・・・
でも、こんなに気持ちいいセックスは今までに味わった事がないから・・・真由美・・・好きだよ。愛してるから。
もっとパパとセックスしてくれるかい?」
と言われました。

父に求められるのはとても嬉しいのですが、まるでケモノのような父の変貌に少し恐怖を覚えました。

(2月○○日)

今日は、隣の部屋で妹と父のセックスが始まりました。
妹が感じ始めて徐々に声が大きくなってきています。
明日は昼間、父と買い物に行く口実で、ホテルに行きます。
ホテルでのセックスなので思い切り声を出して激しく乱れたいです。
今夜は我慢します。

先ほど父は自分の寝室に戻りました。
今日は1回だけだったらしく、妹は父に不満をもらしていました。
明日は私の為に備えていてくれているのかな、と、ちょっと
ずうずうしくも思っています。

また父に荒々しく、そして優しく抱かれるのかと思うと
アソコが熱くなって中々眠れません。指をオマンコに持っていくオナニーしてしまいました。明日は私も父にたっぷり奉仕したいと思っています。

(2月○○日)

父とのホテルでの時間はまるで夢のような時間でした・・・。
優しく、そしてねっとりと舌でクンニをしてくれた父は私の胸を揉みほぐしながら、ヌメヌメとそそり立った太くて固い肉棒を私の口に出し入れしました。

私はいとおしい父のそれを口に咥えながら、女として父に体を任せることができる幸せに浸りました。

「真由美・・・真由美愛してるよ・・・いつまでもパパだけの真由美でいてくれ・・・」

そう言いながら、父のぶっとい肉棒がズフズブと私の中に進入し、私は父と一つになった喜びと激しい快楽に父を求めながら大声で喘いでいました。

「ああっ・・・あン・・・パパぁ・・・パパの・・・大きい・・・」
私も父もゆっくりと腰を振りはじめました。
「真由美は、パパのコレが好きか?」
「大好き・・・」

「そうだ・・・パパのが一番いいだろ・・・他の男となんかするなよ。約束できるか・・・」
「うん・・・」
「よし、じゃあ、ごほうびをあげるぞ」
そう言うと父は激しくピストンをし始めました。

「あっあっあっあーーっっっっ・・・パパー・・・イヤーーーー!」

「イヤじゃないだろ。もっと下さいだろ!イヤなんて今後言ってみろ!このままやめるぞ!やめてもいいのか!」
急に襲ってきた快楽の波に、私は叫び声をあげていました。

「ああっっっ・・・やめないで・・・パパ・・・もっと・・・もっとちょうだい!」
「よし・・・いい子だ・・・今日は真由美の口の中に出すぞ・・・」
「ダメっ!・・・中に・・・中に出してよぉ~・・・」
「妊娠するぞ。それでもいいのか?」

この日は微妙に危険日っぽかったのですが、それでも父のを中に出して欲しかった私は父に、中出しを催促しました。
「お願い・・・パパ・・・パパのを真由美の中に注いで・・・」

「よし・・・出すぞ、真由美。いいな・・・ああっあーーっっいく・・・いく!ああーーーー真由美ーーううっっっっっっ!」

私は腰と膣を痙攣させ、ビクビクしながら父の精液を受け入れ、父は放出した後、大きく2、3度腰を振りそのまま果てました。
その日は父との濃厚なセックスが2度続き、夢のような時間を私と父は過ごす事が出来ました。

あれから1年あまりの月日が経ちました。
父と私達姉妹の間がママにばれて離婚騒ぎになったこともありました。
パパは必死にママに謝りやっとママに許してもらったのです。
そのママも今では私達と一緒になって3P、4Pをしています。
可笑しな家族ですが私達は仲良く平穏に暮らしています。

良かったら「いいね」してください。誰でも「いいね」出来ます!


トップページに戻る
アダルトグッズのNLS
アダルトグッズのNLS
両想いだった彼女が堕ちた理由。
20%OFF
両想いだった彼女が堕ちた理由。

メロン工房

寝取られ   5 位
人妻セフレ
人妻セフレ

牧野駅

寝取られ   11 位
濃密ジムSEX
濃密ジムSEX

ラチマニア共和国

寝取られ   31 位
ビジネスセックスマナー復讐の上司編
20%OFF
ビジネスセックスマナー復讐の上司編

東京プロミネンストマト

寝取られ   41 位
ラブコメ主人公が友達にヒロイン全員寝取られるお話
20%OFF
ラブコメ主人公が友達にヒロイン全員寝取られるお話

ハムスターの煮込み

寝取られ   46 位
ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?
20%OFF
ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?

チンジャオ娘。

寝取られ   48 位