中2の夏初めてのsex


俺が中2の頃は、それはもう猿の様にオナニーしまくっていた。

神社の境内でエロ本を見てオナってた時に

「ねえ、なにやってんの~」

不意に後ろから声をかけられ慌てて振り向いたが、

爆発寸前だった俺の息子は、もう俺の思い通りにはならなかった。

「あっ、ああっ・・」

どぴゅ、どぴゅ~っ、どぴゅ~っ、ぴゅっ、ぴゅ、ぴゅっ・・・・

放物線を描いて1m位ほどまで迸った。

その激しくふりまかれる精液を見て、キョトンとしている少女は

隣家の小4の萌だった。

「うわっ、なにこれ~~なんかいっぱいでちゃった~」

「・・・・・おい、萌ちょっとこっちに来いよ」

凄みを利かせて言い放ったが、チンコ丸出しで行ってもおかしいだけだった。

「おにいちゃんってさ~、いつも神社でこんなことしてたんだ~・・・・よかった」

「何、よかったって?」

ボソット口から出た言葉を見逃さなかった。

「・・・もう1回やって見せてよ、そうしたらおしえる~」

「・・・でも、そんなにすぐ出来ないぜ、じゃあ萌のおまんこ見せてくれたら出来るかな~」

「おま・・?あっ、おまたのこと?いいよ、別にかまわないよ見せてあげるよ」

「ホントかよ、じゃこの上に登って見せてみろよ」

賽銭箱の前に有る階段を4段登らせ、パンツを脱がせた。

丁度目の前に1本筋の割れ目が現れた。

良かったら「いいね」してください。誰でも「いいね」出来ます!


同じジャンルの体験談

トップページに戻る