満員電車内で、可愛い女子大生がキモい赤ん坊にペロペロされまくっていた話

この前電車に乗った時の出来事。


帰宅ラッシュの時間で、車内は押し潰されそうな満員だった。
俺のすぐ真横に、ブクブクと太った肥満体型の赤ん坊を抱えた母親が立っている。
その後途中駅で、ミニスカートを履き、肩出しトップスで大胆に肩を露出させている20代くらいのメチャクチャ可愛い女子大生(多分)が乗ってきて、その母親の前に立った。

すると、しばらくしてから、母親に抱きかかえられている赤ん坊が突然バタバタと暴れ始めた。そして目の前に立っている女子大生の肩や首すじにジュパジュパと音を立てながら吸い付いたり、ベロベロと舐め回したりし始めたのである。


「ひゃっ……!?」


驚いて振り返る女子大生。やっぱりメチャクチャ美人で可愛かった。
赤ん坊は女子大生と目が合うと「あばばばばー」と声を上げながらニヤニヤと笑っている。鼻の下を伸ばし、口は半開きでヨダレがダラーッと垂れている。

そして次に赤ん坊は、女子大生の可愛い顔に手を伸ばして、いやらしい手つきで頰を愛撫し始めた。
ムニュムニュと、両手で柔らかい頰を堪能するように撫で回したり、揉みしだいたりしている。


「ちょっ……やめて……」


女子大生は小声でそう言いながら顔を逸らそうとするが、満員電車でまともな身動きも取れない。結局、赤ん坊にされるがまま。
鼻息を荒くし、気持ち悪い表情を浮かべながら女子大生の頰を撫で回していく。
まるで可愛がるように、愛でるようにネットリと。

一方で、赤ん坊の母親はスマホをずっと見ていて、時々「ほら〜、大人しくしなさい〜」などと適当にあやすだけだったため、この状況にも気付いていないようだ。


その後、次第に赤ん坊の行動はエスカレートしていった。
女子大生の頬っぺたを先程よりも激しく撫で回したり、強く引っ張ったり、サラサラの茶髪をいやらしい手つきで撫で回したりと、好き放題に弄んでいる。

そして更に、なんと突然、唇にジュパジュパと吸い付き始めたのである。
「んふー♡んふー♡」と、興奮したように鼻息を漏らしながら、女子大生の唇を堪能している。
それに伴い、赤ん坊が女子大生の唇に吸い付くイヤラシイ音がジュルジュルと聞こえてくる。

女子大生は涙目になりながら赤ん坊を引き離そうとするが、やはり身動きが取れないため無意味だった。
 

さらに調子に乗った赤ん坊は、女子大生の頭に両手を伸ばしてガッチリと押さえた上で、可愛い顔面を大胆にベチャベチャと舐め回し始めた。舌の根元からベヂョォォォォォォォォッと、じっくりと味わうかのように舐め回していく。
そして綺麗な顔があっという間に、赤ん坊の生臭い唾液まみれになって汚れてしまった。
ニタニタとした表情で、美味しそうに女子大生の顔面を舐め回すその様子は、赤ん坊とは思えないほど気持ち悪いものだった。


「こらぁ…!やめてってば!」


女子大生はなんとか赤ん坊を引き離そうとするが、やはりこの混雑の中ではどうにもならないようだった。
一方で赤ん坊は、嫌がっている女子大生の表情を見てニヤニヤし、さらに弄ぶかのようにペロッペロッと女子大生の唇を舐めていた。

その後、女子大生のサラサラ茶髪を両手で掴んだかと思うと、そのまま口に入れてしゃぶりつき始めた。


「んふぅ♡んふぅ♡あばばばば〜♡」


ニヤニヤしながら、美味しそうに女子大生の髪にむしゃぶりつく赤ん坊。
女子大生はもう泣きそうになっていた。


が、ここでタイミングよく次の駅に到着したため、女子大生は赤ん坊を振り払って、逃げるように電車から勢いよく降りていった。


その後赤ん坊は不満そうな表情を浮かべ、先ほどまでの暴走がウソのように大人しくなった。


俺は帰宅後、赤ん坊が女子大生の顔を舐め回している様子などを思い出しながらオナニーに耽った。

大人のお姉さんが、あんなキモい赤ん坊にペロペロされたりナデナデされたりしているというシチュエーションに物凄く興奮してしまったのだ。