妻のAV出演

素人の人妻四人をAV監督とAV男優がAV女優にしてしまうという企画物AVを見付けた。パッケージを見て驚愕!その内の一人は間違いなくうちの妻だ。DVDを借りて急いで帰宅し、家族に大事な仕事が有ると言って食事も入浴もスルーして書斎に立て籠る。妻以外の3人(②小柄ショートカット茶髪③可愛いらしいチョイポチャ④中年の淫乱妻)は監督と男優に生ハメされて顔やオッパイや腹にスペルマをブッカケられていた。①はうちの妻だ。監督の支持で服を脱ぐがパンティーがなかなか脱げず監督に叱られてやむ無く脱ぐが、手で股間を隠したので監督に「ハイ!バンザーイ!」と言われ照れながら御開張。立ったまま監督にマンコを弄り廻されて「ア~ン!」とヨガッている、嫉妬してしまった。陰毛がアップになり「毛が柔らかいねえ。」と言われ照れ笑い。男優と交代しクンニ、フェラ、69の後にイマラチオ。男優は妻の頭を掴み激しく腰を前後に降る。妻のすぼめた口に男優のデカチンがピストン運動、堪ったもんじゃない!激しい突きに妻の表情が苦痛に歪み、男優は「グワアアア~!」と呻きビクッと腰を奮わせて妻の口の中に射精した。すかさず監督の差し出したティッシュに大量のザーメンを吐き出す妻は意外にも笑顔だった。いよいよ本番かと思ったところで字幕が入る、「一人目のA子さんは怖気付き、この後帰宅してしまった。」?なんと妻は男優とセックスしていなかった。安心したが、このまま妻を許す訳にはいかない。深夜子供達が寝静まった頃、寝室に行きDVDのパッケージを妻に見せると妻は青ざめて「ごめんなさい!許して!」を連呼した。お仕置きと称してイマラチオをし苦しそうにするとビンタを張って継続した。妻は泣いていた。その後俺は妻を許し、本番をしなかった事を褒めて膣にぺニスを挿入して陰毛に射精した。多忙でセックスレス気味だった俺が悪いのだろう。