酔いつぶれていた私は痴漢に駅のトイレに連れて行かれ…

朝のラッシュ時の痴漢ではなく、終電での事です。

大学のサークルの飲み会で飲み過ぎた私は、フラフラになって何とか駅のホームまでは辿り着いたんですが、ベンチに座った途端に眠り込んでしまったんです。

次に気がついた時は、誰かに肩を揺らされてました。

「お姉さん、これが終電だよ。乗るんじゃないの?」

終電の時間まで寝込んでしまったようです。

「の、乗ります」

そう言ったつもりでしたが、言葉にはなっていなかったと思います。

しかし、理解はしてくれたらしく、

「じゃほら、立てますか?」

と脇を抱えられるようにして立たされました。

電車に乗るまでは気付かなかったんですが、脇に回された手が私の胸に当たっていて、反応のないのををいいことに徐々に手を伸ばして来て、電車に乗り込んだ時にはしっかりと揉まれていて、それで気がつきました。

しかし、意識が朦朧としている上に身体が思うように動かず、抵抗らしい抵抗が出来ないうちに胸を揉まれ続け、車両の半分位を占めている対面型のシートに座らされました。

普通のシートもあるのに、対面型のシートに誘導したのは、最初から痴漢が狙いだったのでしょう。

席に座った時、無理矢理に歩かされた事で気持ち悪くなって、頭を低くしたくて、背もたれに寄り掛かからないでうなだれるようにしたので、男はそのまま私の胸を弄び続けました。

『いや、やめて』

と言いたいのですが、やはり言葉にはならず

「うう…うあ…」

と呻くだけの私に

「なに?苦しいの?じゃブラ外しますね…」

とわざと意味の違う解釈をされてブラのホックを外されてしまいました。

確かに楽にはなりましたが、男はそのままシャツの下から手を入れて、背中から脇に回り、緩んだブラの下から胸を直に弄びにきました。

(これはマズイ…)

という意識はありましたが、身体が自分の物ではないようなボヤっとした感覚で思う通りにならず、辛うじて首を振ったのですが…

「なに?身体起こしたいの?」

とまた都合の良い解釈をされ、上体を起こされました。

すると頭が上がったせいか、軽い貧血のようになり、意識が遠のいていきました。

微かな意識の中で、シャツの前をブラごとズリ上げられ、両方の乳房を剥き出しにされて弄ばれ始めたのを感じながら眠ってしまいました。

気がつくと上体が横倒しになり、男に膝枕されるようにして寝ていて、剥き出しにされた乳房を弄ばれ続けていました。

「ううぅ…」

呻き声を上げた私に

「ん、起きた?」

と、再び上体を起こされました。

朦朧とした意識の中で、男に乳首を吸われ、内股に手を差し込まれたのを感じました。

だらしなく開いた股に手を差し込まれ、一気に股間へと上がって来てパンツ越しにクリトリスを嬲られました。

「んあ、やぁ…」

必死で声を出して拒絶しようとしましたが、男に唇を塞がれ無理やり舌を入れられてしまいました。

今まで数え切れないくらい痴漢されてきましたが、首筋や耳を舐められた事はあっても、唇を奪われた事はありませんでした。

股間の手はパンツの中にまで侵入してきて、アソコの中を指で嬲られ始めディープキスまでされて…。

酔ってボーッとした頭では、痴漢に凌辱されてるのか、彼氏といちゃついてるのか混同しそうになりました。

それでも、

(違う、痴漢されてるんだ!)

と必死に首を振って拒絶の意を表しましたが、頭を振ったせいで目眩がし、身体が窓側へ倒れ壁にもたれ掛かるような格好になりました。

すると男は一旦私の身体から離れ、私の前にしゃがみ、両手をスカートの中に差し入れてパンツの縁を掴むと、私の腰を浮かすように持ち上げながら一気に引き抜きいたんです。

そして足からも抜いて自分のポケットにしまいました。

それから再び横に座って、私の唇を奪いながらまたアソコを嬲り始めたのです。

(いや…やだ…やだ!)

悔しくて涙があふれ、股を必死に閉じようとしましたが、男の手で簡単に押し広げられかなり奥深くまで指を挿入されて弄ばれました。

男は乳首にも吸い付き、優しくクリトリスをこね回すように撫でまわされ

(だめ…だめ…イッちゃう!)

意識が半分なくても、絶頂にも達するものなんだと初めて知らされました。

絶頂に近づくと抵抗する力も気力も意識もなくなり、男のされるがまま受け入れてしまい、男の舌を反射的にしゃぶったりもしてしまいました。

もしこの時、口に含まされたのが男のペニスであっても、しゃぶってしまったのではないかと思います。

「ああんっ…ぐっ…うぐうぅっ…んっ!んんんんーっ!!」

やがて絶頂に達し、更にぐったりとなった私は次の停車駅で降ろされ、腕を引かれるようにしてそのまま駅地下の身障者用のトイレに連れ込まれました。

(イヤ…このままじゃ犯される)

心ではそう思っていましたが、アルコールがまわり、絶頂を迎えた身体では抵抗もできず、よたりながら痴漢にトイレに引きずり込まれました。

男はトイレに入るとすぐに鍵を掛け、私を壁に押し付けてミニスカートを捲り上げました。

そしてミニスカートを着けたままバックから男に一気に貫かれました。

「うあっ…んああああーっ!!」

これまで味わったことのない、激しいピストン運動でした。

「あうっ…あうっ…うあああーっ!」

バシュッ、バシュッという音が何百回も繰り返され、私は何度となく昇りつめました。

「ああ…いやっ…ああ…うーっ…うあぁ!」

今までには味わったことのない強烈な快感が体中を駆け巡り、直ぐに私はぐったりとして崩れ落ちました。

男はそんな私にお構いなしに私の腰を掴んで、持ち上げながらまたさらに激しく突き上げて来ました。

太くて長い…すごい大きい…こんなペニスは初めてでした。

「あ…あんっ…いやっ!!あああああーっ!いやあああぁぁーっ!!」

レイプされて怖くて悔しいはずなのに、声を抑えることは不可能でトイレ中に私の感じてる声が響き渡っていました。

「ああんっ、いい…いく…いっちゃう!やめてっ…本当にダメいっちゃう!いくいくいく!あああ!いやあぁっ!あああーっ!!」

男はニヤニヤしながら涙を流して叫ぶ私に

「気持ちいい?俺ももうイクよ!精子中に出してあげるからね!」

と言って出し入れのスピードが上がりました。

「いやっ…絶対っ…だめ!なか…だめ…だめっ、だめっ」

私は必死に叫びました。

「お願い…中になんか出さないで…いやっ!出さないでっ!いやっ、いやっ、出さないで!」

しかし男はそのまま膣内に射精すると、走って逃げていきました。

ペニスを抜かれると、私はその場にへたりこみました。

痴漢にレイプされたのはこの日が初めてでした。

本当に自分におこった出来事なにか信じられずにいましたが、アソコから男の精子が流れてくるのが見えると、本当に犯されたんだ、痴漢にレイプされたんだと理解できました。

すぐにトイレに鍵をかけて、ウォシュレットで洗い流しましたが、奥から溢れてくる精液の感触に涙がとまりませんでした。