我が家は終わってる


4文字数:1323

父は外に女を作り、母は中に男を作ってる。
どちらも不倫してるからお似合いなのかも知れないけど、人として駄目なのは母と俺だろうな。
「お父さんみたいに外に不倫相手を作るからバレるのよ、やるなら家の中に作らないとね」
「だからって普通は息子を誘惑しないと思うよ?」
「何よ?コロっと母さんに落ちたあんたが言える立場?」
「ごめんなさい」
「まったく…生でやらせてくれる母親なんてそうそう居ないんだからね?」
「感謝してます」
「解ったらもっと激しくして」
「はい!こんな感じでどうかな?」
「もっと奥をガンガン突き上げて!」
「これならどう?」
「ああっ!良い感じよ!やれば出来るんだから出し惜しみしない!」
「だって激しくすると母さんのマンコ気持ち良すぎてすぐに出ちゃうんだもん」
「あんたお母さんのオマンコ大好きだもんねえ」
「やっぱり自分が生まれてきたマンコだからかな?入れてると安心するしギュッて包み込まれて凄く気持ち良いんだ」
「ほら、身体も抱きしめてあげるからおいで…」
「母さん…」
「ふふ…甘えん坊な所は昔から変わらないわね…おっぱい吸っても良いのよ?」
「ああ…母さんのおっぱい…吸ってると落ち着くなあ…」
「腰は激しくしたままよ?緩めたら駄目たがらね?」
「うん…でももう出そう…」
「もう少し頑張って…我慢して我慢して限界まで我慢してから出した方が精子も濃くなってお母さんも気持ち良いの」
「また中に出すの?」
「当たり前よ、せっかく親子でSEXして?のに中に出さないなんて許さないわ」
「でも…妊娠…」
「息子に孕まされるかもしれないってスリルが良いんじゃないの、大丈夫…もし妊娠してもお母さんを孕ませた相手があんただって事は絶対に漏らさないから」
「ちゃんと産むつもり?」
「あんたねえ…授かる命を何だと思ってるの?」
「母と息子の子供だよ?」
「だから何?命は命、それに誰よりも愛する息子との赤ちゃんだもの…何よりも大切な存在になるわ」
「あっ…出る!」
「奥よ!奥に出して!」
ガバッと脚も使って俺を抱え込む母。
「ううっ!あっ!ああっ!」
「ほらね?いっぱい出て気持ち良いでしょう?お母さんも熱くてドロドロの濃いぃ精子出してもらえて凄く気持ち良いわ」
「はあっ!はあっ!まだ出てる…」
「一回で全部出ちゃうかしらね?でもまだ抜かせないわよ?若いんだから3回は出来るでしょ?」
「明日起きれなくなりそうだね…」
「学校なんてサボっちゃえば良いのよ、そしたらお母さんと一日中SEX出来るわ」
「それずっとサボりが続くやつ」
「オマンコにチンポ入れっぱなしで一日過ごしたくないの?」
「母さんの熱いマンコに入れっぱなしにしてたらチンポ溶けちゃう」
「溶ける前にオマンコとくっ付いて抜けなくなったりしてね」
「そしたら一生離れられないね」
「ず〜っと二人で繋がっていられるなんて夢のようだわ」
「母さんのマンコがさっきより締め付けてきてチンポ萎えさせてくれないね」
「3回はしてもらうんだから萎えさせるわけないでしょ?次はお母さんが上になって気持ち良くしてあげる」
毎日してるのにこれだもん…。
よく父さんにバレないと思うよ。

 

良かったら「いいね」してください。誰でも「いいね」出来ます!


同じジャンルの体験談

トップページに戻る