夏合宿でいろいろが重なり後輩ちゃんが犯された。


5文字数:2274

個人競技の文化部に所属しているが夏の合宿が毎年の楽しみになっていた。高校3年の夏は特に楽しみだった。先輩が卒業して部員は自分1人。入ってきた1年生は女子1人。小学生にも見えるロリフェイスにセーラー服の上からでもわかる巨乳。部活中は勃起しまくっていた。
夏合宿の当日。顧問は来れず駅には後輩ちゃんと2人。白地のセーラー服にパツパツの巨乳。黒か紺かブラが透ける。スカートは結構短い。電車のボックスシートに座り向かい合ったまま合宿所の最寄り駅まで乗車。到着後は送迎車で宿入りした。勿論、後輩ちゃんと部屋は別々。他校の生徒も行くはずだったが自分たちが宿入りした後に突然のゲリラ雷雨により電車がストップ。田舎のため終日運休で代行輸送も無い。しかも宿に行く道が土砂崩れにより通行止めになってしまった。今この宿にいるのは自分と後輩ちゃん、宿の男性スタッフに2人の合計4人。一応合宿なので会場としている部屋に体育着&ハーパンで行くと、後輩ちゃんも体育着&ハーパンで来ていた。ブラは紺色だった。宿提供の飲み物を飲むと後輩ちゃんに異変が暑いのか仰ぎ始めた。それでもクーラーの室温は25℃設定。かなり涼しい。宿提供の飲み物はどんどん飲んでいく。自分も飲んでいたが特に異常はない。そして後輩ちゃんは同じフロアに自分がいるにもかかわらずテーブルの角でオナニーっを始めてしまった。胸を揉みながら可愛い声を出す後輩ちゃん。後輩ちゃんと目が合うと動きが止まった。後輩ちゃんが近づいてきて、後輩ちゃんの方からキスしてきた。自分の初キスが後輩ちゃん。そのままディープキス。後輩ちゃんの生乳を揉むと射精寸前まで勃起してしまった。それを見た後輩ちゃんのメスの本能に火がつき、ハーパン、ボクサーパンツを脱がして勃起したチンコを舐め始めた。頑張って耐えていたが童貞なので耐え切れず口内射精。それを後輩ちゃんが精飲。自分も後輩ちゃんも全裸になるといよいよ挿入の時。最初は騎乗位で。しかも生で。初SEXが後輩ちゃんで生。次はバックでその次は正常位。駅弁スタイルもやってみた。SEXの途中でブラサイズを確認するとFカップだった。再びバックでSEXしているときに中出ししてしまった。抜かずに後輩ちゃん主導の騎乗位でもう1発中出し。その後は精液を掻き出してティッシュなどで拭くと後輩ちゃんのお掃除フェラ。そのフェラ中にステージの脇にビデオカメラが置いてあるのが見えた。しかもこちらを撮影しているような向き方。一旦下を向き後輩ちゃんを確認し再びカメラの方を見るともうカメラは無い。その後は後輩ちゃんとキスしながら練習していた。部屋に戻るときにスタッフルームから聞こえた声は、
A「あの女子いい乳しているな。Fカップだって。」
B「ブラの色は紺、緑、青、ピンクか。パンティーは緑と青は紐パンだったぜ。」
A「今部屋に戻ったか。何してる。」
B「早速オナニーですね。部屋は充満しいますし、部屋のすべての飲食物には入っていますので」
A「とんでもないメスガキだったな。じゃあ、これを使う。」
B「いいんですかそれ?」
A「いいんだよ。あのメスガキにはちょうどいい。」
隙間から覗くとカプセル状のものや注射器が見えた。明らかにヤバいやつ。スタッフが動きそうだったので急いで部屋に戻った。窓から隣の部屋を頑張って覗くとオナニー疲れでぐったりしている全裸の後輩ちゃんがいた。そこにスタッフが入ってきて口と鼻に何かを嗅がせた。その後マンコを広げてカプセル状のものを次々に挿入していった。そしてコルクのようなものをマンコに差してからAが後輩ちゃんを抱きかかえ、Bが後輩ちゃんの荷物を持ち部屋を出て行った。後を追うと薄暗い階段と渡り廊下を抜けて別館に到着。別館は廃墟みたいなところだった。大の字で立ち、手足を拘束されて、口には口轡。特製バイブが2本(マンコとアナル)差されて、2本の特製電マで両胸・乳首を刺激されていた。室内は常にミストが発生していて全身に降りかかっていた。コルクは外されていてマンコから液体が出ていた。スタッフは別室で後輩ちゃんの荷物を漁っていた。
A「15歳。高1か。」
B「彼氏いますね。」
A「彼氏いるのに他の男ともSEXできるのか。さすがメスガキ。」
B「これ、盗撮ですか。可愛い顔して他の女子のトイレとかスカートの中とか撮影してますよ。」
A「スマホのデータ、全部PCに移しておこう。1時間もしたらFがH以上で全身性感帯だし。どうせ記憶のないまま明日の朝まで犯されるだから。」
一旦部屋に戻った。その後夕食になったが後輩ちゃんの姿はない。スタッフからは呼んだのですが体調が良くないとのこと。顧問には報告してくれると言っていた。大浴場・露天風呂に寄ってから部屋に戻るとすぐに寝てしまった。起きると0時だった。別館に行くと後輩ちゃんはスタッフと3P中だった。後輩ちゃんは無抵抗で犯され続けていた。スタッフは中出しするとイマラチオに移行。それを繰り返していた。結局朝まで3Pを見てしまった。そして3人は本館の女湯に消えて行った。
朝食時には後輩ちゃんがやってきた。体育着にノーブラで乳首と乳輪が透けていた。2日目は食事以外はスタッフとSEX三昧の後輩ちゃん。勿論練習に参加しない。3日目の午前中に他校の生徒が到着するまで犯され続けた。その後最終日はまでは平穏な日々で終了した。
合宿終了後、後輩ちゃんは退部。自分も大会後引退して部員がいなくなり廃部となった。ついでに後輩ちゃんは学校も辞めてしまった。

 

良かったら「いいね」してください。誰でも「いいね」出来ます!


同じジャンルの体験談

トップページに戻る