アダルトグッズのNLS

姉と母親とセックス


 僕が中3のとき、受験勉強のストレスもあり、毎日毎日狂ったようにオナニーしていました。もちろん家族にバレないようにやっていたつもりですが、ティッシュの減り方とゴミ箱の栗の花の匂いで、3つ上の姉と母親にはバレていたようでした。

 母親と姉でなにか話し合っているのは聞いていましたが、父親が出張のとき、一人でお風呂に入っていると、なんと姉が風呂に入ってきました。

 びっくりしている僕に構わず、しかも全然隠さずに入ってきました。
僕は「なんだよ~」と言うと、姉はニッコリと微笑みながら、「久しぶりだね〜」と言いながら、狭い湯船に一緒に入ってきました。考えたら、僕が小6のときにちんちんに毛が生えてきて恥ずかしくなって一緒にお風呂に入らなくなって以来でした。

 入るときに、黒黒としたヘアとピンク色のオマンコがちらっと見えたのと、対面で入浴したので、目の前にはEカップのおっぱいがドーンとありました。湯船ではあそこの毛がゆらゆらしています。
 僕が「姉ちゃんおっぱい大きいね。」と言うと、姉は「Eかっぷあるよ。触ってみる?」と聞いてきました。
 僕が「うん。」とうなずくと、姉は胸を突き出してきました。両手で触っていると、姉の息が荒くなってきて、僕は僕で興奮してきました。
 姉が「あんたも見せなさい。」と言いました。僕は湯船の淵に座って、がちがちになり天井を向いたちんちんを姉に見せました。
 「お、ちゃんと剥けてるし、けっこう立派じゃん。」と褒めてくれました。姉はいたずらっぽい目をして、「どうしてほしい?」と言いました。黙っていると、「咥えてあげようか」というので、うなずくと、僕のちんちんを咥えてくれました。アダルトビデオで見たシーンが目の前であっという間に射精してしまいました。
 姉は口から白い精液を排水溝に吐き出したあとに、「ちょっと早かったかな。」と言いました。
 それでもちんちんの勃起はおさまりません。すると、姉は「まだ元気やね?お母さんには内緒だよ。」と言いながら、姉がオマンコを見せて解説してくれました。僕は思わず「舐めていい?」と聞いてしまいました。
 今度は姉が湯船の縁に座って、舐めやすいように足を広げてくれました。僕が夢中になって舐めると、姉は「あー」と声を出して感じています。
 また、僕が「入れたい。」と言うと、姉は「お母さんには内緒やで。」と言って、すでに完全に勃起しているちんちんを姉のすっかりぬるぬるしたオマンコに導きました。
 姉は「中に出したらあかんで。」と言って、腰を動かすように言いました。アダルトビデオで見たように真似してみました。しばらく腰を動かすと、いきそうになったので、「姉ちゃんいきそう。」と言うと、「逝きそうになったら、抜いて。」と言うので、すっと抜くと、また口で咥えてくれました。そこで2回目の射精でした。
 その後、姉も僕も落ち着いて、お互いの体を洗ったあと、一緒に風呂を出ました。
 後で聞くと、母親が僕のことを心配して、性欲が強くて犯罪でも犯したら、大変なので、処女ではない姉にスッキリさせたり、女の体を教えてあげてほしいと頼まれたらしい。ただ、セックスまでは頼まれてなく、手コキくらいと裸を見せることだったらしい。
 そしたら、姉の報告を受けた母親が次の日は僕と一緒にお風呂に入ってきました。姉からどこまで報告を受けたが知りませんが、今度は堂々と勃起したちんちんを見せて、母に入れたいと言うと、母は困ったような顔をして、「姉ちゃんには頼んでないよね?」聞くので、うなずいて「どうしても入れたい。」と言うと、今度は「お父さんには内緒だよ。」言って、対面で入れさせてくれました。思い切り腰を動かして、何も言わなかったので、姉と違って思い切り中に出してしまいました。(笑)
 「だめじゃない。中に出しちゃ。」と言いながらも本気で怒ってません。僕はバックでもやりたいと言うと、湯船に手を付き、後ろ向きになり、「良いわよ。」と言って、バックでも本気で腰を動かして思い切りもう一回中出ししました。
 結局風呂から上がって、両親の部屋で、姉も呼んで姉の見ている前で正常位でもう一回中出しのセックスしました。

 それからはほぼ毎日母親と中出しセックス、姉とは母親がいないときゴム付きセックスしています。
 

 

良かったら「いいね」してください。誰でも「いいね」出来ます!


トップページに戻る