アダルトグッズのNLS

中1の姉と一緒に、男湯に入った


小5の時の話。

姉が、2人いた。

2つ上の「ななの」、4つ上の「まりな」

オレ小5

ななの中1

まりな中3

ななの、まりなは、顔も髪型もそっくりで、ショートヘアとボブの中間ぐらい。

体型は2人とも、ややスリムと標準の中間ぐらい。

デブ100、少し太ってる75、標準50、ややスリム25,痩せている0とすると、

まりなは40~45ぐらいだった。

胸も、一応あった。

まりなは、内気。

ななのは、外交的で、小学校の頃から肌を露出する癖があった。

ななのは、中学に入ってから、洋服も更に派手になり、ヒョウ柄の下着までつけ始めて、正直びっくりした。

で、春の出来事。

運動会で、組体操があった。

オレは練習の時に、腕を怪我して、ギブスをつけて生活してた。

ギブスをしてると、着替え、トイレ、風呂、日常生活も学校生活も、とにかく大変だった。

日曜日、まりな(中3)の修学旅行の準備物を買いに行くことになった。

早めにランチを食べて、家族5人で車に乗って出かけた。

健康ランドの入り口で、オレと、ななのが降ろされた。

親からは

「夕方ぐらいまでには、買い物を終わらせて迎えに来る」

とか言われた。

オレはキッズ携帯、ななのはスマホを持っていたから、連絡には困らなかった。

お父さん、お母さん、まりなの3人は、修学旅行の準備物を買いに行った。

ななのが

「ギブスしてると、大変でしょ?
 
 お風呂に入るの、手伝ってあげる。」

と言ってくれた。

オレは

『 ひょっとして、女湯に入れるかも!?』

と期待しながら、ななのに付いていくと、ななのが男湯に入って行った。

見事に期待を裏切られて愕然としたが、着替えを手伝ってくれるだけでも、ありがたい。

ななのは、男湯を一周して、

「女湯とあんまし変わんないね。」

とか言ってた。

地方に住んでたから、娯楽施設なんてほとんどなく、健康ランドはそこそこ混んでた。

男湯にスカートを履いた、ななのが入ってきたから、何人かの客がこっちを見た。

ななのは、周りの視線とか気にせずに、Tシャツとスカートを脱いで、下着になった。

ななのが

「あっ、ごめんごめん。」

とか、言いながら、下着のまま、オレの服を脱がしてくれた。

ズボンのチャックを外す時と、トランクスを脱がしてくれた時は、ドキッとした。

オレを脱がした後、ななのもブラとパンツを脱いで、オレのロッカーに2人分の洋服を入れた。

体を洗う用のタオルを手に持ったまま、浴室に歩いて行く、ななの。

日曜なので、結構、家族連れもいた。

幼稚園、小学生、中学生、高校生~大人。

ジジイは、ほとんどいなかった。

多分、定年退職した人は、入浴料の安い、平日に来ているのだろう(平日、土日祝祭日で入浴料が違う)

浴室には、温水プールもあって、ゴーグルを持ってきてる小学生までいた。

ななのは、タオルで隠すこともなく、興味津々で浴室を一周して回った。

子連れの父親は、チラチラと、ななのを見ていたが、1人で入っている大人(奥さんが女湯にいるのか、独身か、1人で健康ランドに来たか)は、遠慮なく、ななのを見てた。

最初に体を洗ったんだけど、ななのは、立ったまま体を洗いだした。

洗い場の周りにいた、小学生と中学生~大人まで、ななのの裸を見放題になった。

温水プールで、はしゃぎまくっても、周りの大人から注意されることもなかった。

オレはギブスしてから、泳げなくて、走り回ってただけだけど。

遊び疲れて、浴室の椅子に座って、休憩してる時なんか、何も隠していない、ななのの前を何度も往復してる中学生もいた。

結局、タオルは体を洗う時と、浴室から出る時に体を拭いただけで、ななのがタオルで体を隠すことはなかった。

2人で椅子に座って休憩してると、腰にタオルを巻いたオジサンに話しかけれらた。

オレは

『やべい、流石にうるさかったか?」

と身構えたが、ポカリを2本くれて

「水分補給しなよ。」

とか言われた。

オジサンは、主にオレに話してたけど、目線は、ななのの、おっぱいと、アソコを交互に見てた。

ミストサウナっていうのがあって、子どもでも入れる温度のサウナがあった。

ミスト、水蒸気が噴出しているだけで、暑くはない。

2人で入ると、後から中学生が2人やってきて、体育座りしている、ななの2つ下の段に座った。

で、その中学生は横向きになってしゃべってたが、チラチラ、ななののアソコを見てた。

中学生2人の目線と、ななののアソコが同じ高さ。

寝ころびの湯、っていうのがあって、その名の通り、仰向けかうつ伏せで寝ころぶ。

オレは仰向けになって、タオルでおチンチ〇を隠したが。

ななのは、タオルで隠すこともなくうつ伏せになって、大の字になった。

「気持ちいー、開放的。」

とか、ななのが言ってた。

最初はチラチラと、様子を見てた大人たちも、ななのが何も言わない、反応しないことが分かったのだろう。

実際、大人に裸を見られても、嫌な表情一つもしなかったし、手で隠すことすらなかった。

寝ころびの湯の向かいにある、壺の湯入って、ななのの裸を鑑賞し始めた。

オレは最初、ななのの隣にいたが、周りの視線を感じて、端っこに移動した。

図で描くとこんな感じ。

寝ころびの湯(オレ)            壺の湯(客) 
寝ころびの湯                壺の湯(客)
寝ころびの湯(客)             壺の湯(客)
寝ころびの湯(うつ伏せで大の字の、ななの) 壺の湯(客) 
寝ころびの湯(客)             壺の湯(客)

そのうち、ななのが一旦、中途半端に起きて、さっきもらったポカリを飲み始めた。

四つん這いになって、ポカリを飲んでるから、壺湯に入っているオジサンには、アソコがモロに見えてただろう。

ポカリを飲み終えると、仰向けで大の字になった、ななの。

四つん這いになった、ななのを見て、ななのの隣に高校生、中学生が2人ずつ座って、しゃべり始めた。

寝ころびの湯(オレ)            壺の湯(客) 
寝ころびの湯                壺の湯(客)
寝ころびの湯(高校生2人)         壺の湯(客)
寝ころびの湯(仰向けで大の字の、ななの)  壺の湯(客) 
寝ころびの湯(中学生2人)         壺の湯(客)

散々、遊んだので、もう一度、体を洗うことにした。

洗い場に行くと、中学生、高校生~大人まで、ななのに、付いてきた。

ななのは、洗い場の端っこ、通路側の椅子に座ると、体を斜めにしてお湯の方に体を向けた。

その体勢で、足を開いて、アソコを洗い出した。

お湯に浸かっている人からも、アソコの中が見えるぐらいに。

髪の毛を洗う時は、立って洗い出した。

シャンプーを洗い流す時は、立ったまま、お尻を通路、お湯の方に向けて、
立ったまま膝を曲げずに深くお辞儀をする体勢になったから、アソコがパックリ見えてた。

お湯に浸かっているオヤジたちまで、近づいてきた。

オレは、圧倒されて少し離れた位置から見てた。

リンスを洗い流す時は、何かに気付いたのか、少し足を開いてから、膝を曲げずに深くお辞儀をする体勢になって、洗い流してた。

親がいないと、こんな感じなのかと、子ども心に驚いた。

ななのの後ろに行くと、少し開いたアソコ、お尻の穴まで見えてた。

体を洗い終わり、ロッカーに戻った後も、オレは館内着を着せてもらったが、ななのは裸のままだった。

ドライヤーで、オレの髪の毛を乾かしてくれた時も、自分の髪の毛を乾かしている時も、
ななのは、裸のままだった。

で、ななのが移動すると、他の客も付いてくる。

良かったら「いいね」してください。誰でも「いいね」出来ます!


トップページに戻る