アダルトグッズのNLS

お婿さんが、スカート内を求めてきて


26歳になる、一人娘が一昨年、結婚
相手は、5歳 年上の 31歳の男性
 
私の両親は数年前に亡くなり、その数年後 主人も数年前に亡くなり
娘と二人暮らしでしたし、お婿さんに家に入ってもらいました。
 
自宅の家は、1階 2階の6部屋ほど貸していて
3階に住んでいますが、一人で住むには広いし、一人暮らしも寂しいと思い三人で
暮らし始めました。
 
結婚しても、娘もお婿さんも働いていますし
私も、賃貸収入はありますが、体調管理のためとパートに出て、頭と体のボケ防止です
 
コロナで娘もお婿さんも家で仕事をすることが多く
 
それでも、今年になり、娘は 出勤が増え
まだテレワークの多い、お婿さんと二人で家で過ごしたりするのが増え
 
私は夕方までパートでも
お婿さんと夕方から二人で過ごすので、
時々 気になってしまうこともあります。
 
パートの帰り、買い物をし、夕方に帰宅し
窓を閉め切ったままお婿さんが一人で家でテレワーク
 
お婿さんは出かけていないのか、パジャマで過ごされてて
 
冷蔵庫に品物を入れたり、しながらお婿さんを気にし
 
ちょっと雰囲気が違ってて
 
「ああ」と声が出てしまいました
 
ワンピース姿の私の後ろから、お婿さあんが
 
前に手を回してきて、胸を弄るし
 
「あああ」
 
ワンピース下半身前を撫でてきたり、
 
「あ だめ ああ なにするの ああ」
 
娘のお婿さんが、後ろから 私のワンピース内 スリップ パンスト股を弄ってきたのです
手で拒もうとしても、無意味で あああ
 
何もできなくて、ワンピースのファスナーは下げられてしまうし
そのままワンピースを脱がされて、スリップ下着にさせられて
リビング床に押し倒されて、上に重なられ
 
唇に唇は付けられてしまうし
下着のスリップ ブラジャー胸は弄られてしまうし
パンスト股を握られたり 擦られたりしまって。
 
両親と主人を数年ごとに無くした時
食事ができないほど衰弱し、45キロほどの体重が40キロを切手しまうほどになり
数年前まで精神面も辛く拒食症が続き
最近は、閉経を向かえ 更年期障害で悩まされ
パートに出ていますが、体重は増えずに 40キロもないガリガリなのに
 
スリップ ブラ紐を腕のほうに下ろされて、貧弱な 胸 乳首を吸ってくるし
 
お婿さん、私に
 
お会いしたときから、美人で 魅力的と感じてました、とか言うし
 
私は 身長 153センチ で体重だって40キロ未満
娘は、少しポッチャリで 身長 160センチほどで 体重も 60キロくらいだし
私に似ていないし
 
お婿さんは身長 175センチくらいで 細いけど男性だし 60キロはありそうだし
 
驚いたのもあり、私は、されるがまま 何もできず
男性の体重で重なられると 身動きできなくて
履いているパンスト内に手を入れられても 「あああ」しか声が出ず
 
普段より小声でなく、普段より大きな声で あああ って出て
ヒステリックになっているし、更年期障害だし 高い声で 声も大きくなり
「あああ だめ ああああ」
 
途中の太股までで脱がされなかったけど、パンストを股から下ろされても 「あああ」
 
脱毛している股、私は趣味で下着の好み ビキニを履いていて
 
乳首を吸われ、乱れてしまうスリップ、ビキニ内に手を入れられても、何もできず、 「あああ」
オママンコ やられそうで ああああ
 
パジャマのお婿さん、パジャマを下げて 出してきてしまって
 
主人とは、娘が 5歳のごろからセックスはしていないし、もう 20年はしていない 私の肉体 股
 
お婿さんの股間 かなり大きくて、亡くなった主人とは比べ物ならないほど長い 長い 長いし
 
「ああああ」
 
やたらと声が 大きく強く あああ って出て
履いているビキニまで股から下ろされて
 
ガリガリになってしまった肉体、閉経してしまったし 膣だって縮んで しまっているだろうし
 
「あああ」
 
下着を下ろされている 乱れたスリップの下から股に太い長い お婿さんの ペニス先が触れ
顔を右に左に 髪を振り乱し
 
「あああ」
 
痛いと覚悟していたけど、ズルズルと グイグイと 股 マンコに吸い込まれて
 
でも大きな声が抑えきれず 「あああ」と
絶叫 熱狂してしまうし
 
経験したことのない大きなペニスだし、長いし、マンコ内で密着している感覚はするし かなり 感じて
膣だって狭まっているだろうし、ペニスの円柱が感じるほど密着しているし
 
辛いほど深く入れられて
下腹部は突き上げられる感覚 子宮から背骨 脳天まで グイグイされる感覚で
絶叫してしまうように大きな声で 「ああああ」と出てしまうし
 
亡くなった主事とのセックスは私の両親も同じ家で住んでいたし
声も ムムムしか出したことがない 私
それに、主人とはノーマルセックスしかしていないし、裸でしてたし、スリップ 下ろされたパンスト ビキニのままなんて
骸骨のようなガリガリ肉体の私の 股、メチャクチャにされそうなほど烈しく攻めるし
お婿さん、」入れたまま、精子液が滴れているみたいで、マンコ内はネッチャリ 吸い付いてくる 大きな長いペニスが 強烈で
 
出したことのない大きな声で、あああ だめ あああ って出し、ヒステリックもあり
 
スケベ声 大きなエロ声、私 自身、声を出していると、不思議な感覚 快感
5分 10分は抜かずに、お婿さん、烈しい息づかいで攻めて 求めてくるし
 
抜かれると、マンコからジュボって感覚がして、下向きにされてしまって、主人にだって、ピストンなんてされた経験ないのに
 
スリップお尻を持ち上げられ、バックからです スリップお尻をパンパンされるほど
マンコを烈しくピストンされて、
お 婿さん、少し液を滴れながらでも、一度 二度 ビシュと出したみたいで、かなりマンコ内が グッチャリしてくるし
抜かれると 「ああああ」
 
ペニスを抜かれると同時に、マンコから 液が 液が 吸い出されるように
股周囲からスリップまで飛び散るように噴き出るように股がスリップがネッチャリ
 
マンコに密着しているペミス、突き上げられているスリップお尻のバックから何度も入れられては 抜かれてしまって、マンコから噴出してしまう液で、股とスリップ下が
ネッチャリ
 
突き上げられたスリップお尻を振り回されると、
マンコ内でヌルヌルした太い長いペニスは密着で回されている感覚はしてくるし
味わったことがない、マンコ内で ペニスが動く 回される感覚
 
「あああ ああああ ああああ」
猛烈に股が 辛い快感で、熱狂してしまう 大きな声が出て
再び上向きにされて、
乱れたスリップ、恥骨と恥骨が擦り合うほど深く攻められて 
重なられ、子宮は 突き上げられるし、下腹部は突き上げられるし、膣内が敗れそうなほど深く入れるし
恥骨と恥骨は触れ合うほど深く入れるし 子宮がグイされて、「おぉ ああ おぉお」
 5分くらいで、マンコにお婿さん、ビシュシュと精子を出してきて
私も一緒に逝っちゃった、今までで出したことのないエロ声のような 大きな声で「あああ ああああ」と熱狂してしまいました。
 
終わったわ、と思って、トイレに行き、トイレから出て
 
ワンピースはリビングのまま、スリップ パンストを直した下着で、お婿さんに近づくと
 
向かい合って抱きしめられて、
「ああ だだめぇ あああ」
 
キッス 唇に
スリップ胸を弄られ、さっき終えたばかりなのに、スリップ下から パンストお尻を撫でるし
 
夕方5時くらいから 30分ほど、求められ 攻められていたのに
お婿さん、も う 一度 抱きしめたい、って言うんです、
 
あんなに烈しく 股を めちゃくちゃに 攻められた私
膣だって マンコだって、恥骨と恥骨が触れ合うほど烈しくされていた 私
 
なぜか、ぜんぜん疲れてなく逆に 肉体も精神も 何年ぶりかのスッキリしている感覚で
 
でも、立ちながらスリップ下からパンスト股 下を指で擦られていると
やたらとムッラムッラしてて
出されたばかりの精子液が、履きなおしたパンティ内にマンコから滴れるようにもれて、パンスト上から指で弄られていると
ヌルヌルしてて、股間が ムラムラ、何分も擦られてて
弄られ続けていると、「ああ」マンコに 出された精子液が、ダラダラと漏れてきてパンティ内にグチャリして
立ちながら、パンスト履いたままで 股間を指で弄られてたら いい区 逝きそうなほど 感じて
 
なんしろ、求められ抱かれ て、マンコをペニスで攻められてたとき
大きな声で絶叫するような声で あああ だめ と出しながらでも、股 マンコ 股が何度も逝っちゃって
パンスト ビキニを太股に下ろされたスリップ姿のまま、顔を右に左に 髪を振り乱しながら 辛い大きな声で
「ああ だめだめ ああああ」と熱狂しているのに攻められたまま逝っちゃうし
 
何度も 何度も 何度も 逝っちゃって 数え切れないほど 逝っちゃったし
 
トイレから戻りスリップ内を立ちながら弄られ
髪を振り乱し、大きな声を あああ って出し
 
腰が抜けそう 腰が パンスト股 あああ スリップ内 耐え切れず ああ
立ちながら熱狂するように 「あああ」って声を出して 逝っちゃったのです
 
20年ぶりで、閉経もしているのに、自分でも 何度も 逝っちゃって 驚いて
も も う 一度 と言われたけど、とりあえず 拒否するように
「だめ ああ いけないわあ こういうこと ああ」
 
立ちながら パンスト上から擦られている ビキニ内 グッチャリしてきて
腰が抜けそうなまたまた 逝く寸前なほど 股が ズンズン ムラムラパンティ内はグッチャリだし 立ちながら 「あああ」逝くわ ああ だめ ああ」
 
初めてでした、立ちながらスリップ下半身が脱力するように 履いているパンスト股を擦られながら 「ああ 逝っちゃたぁ ああ」
なんだか血の気が引くような、腰がフラフラするように 下着のスリップ パンスト履いたまま 逝っちゃったわ
 
逝っちゃった スリップ姿 パンスト足の私、再びリビングに押し倒されて 重なられ
 
パンスト内に手を入れられて
お婿さんにビキニを弄られた股 恥ずかしいほど グッチャリ
恥ずかしいけど、グッチャリしたビキニ パパンティ 弄られたまま 逝っちゃうし
 
ぱんてぃを下げられ、股 も パンティもビッチャリ
また深く入れられ、膣 子宮まで突き上げられる快感のまま 逝ってしまいたいし
マンコに液を出されたいし、娘のお婿さんなのに、セックスしたくて 堪らない 襲われたいのです。
 
まだ夕方 6時前だし、私も拒まず されるがままに され
 
続けられて 大きな声で 「あああ」と熱狂し
パンストも太股にビキニを下げられて
スリップのまま、またまた 何度も 何度も逝ったし
 
娘がいない夕方
テレワーク翌日も、お婿さんに襲われるのが 楽しみになってしまうし
子宮を グイグイされるのは 快感になってしまって
熱狂する大きな声を出しながら、逝く って 快感で、もともと 私 スケベ好きで
でも閉経し 更年期なのに
そうそう私 52歳です。
 
今まで男性に、勿論といえば勿論なのですが襲われることはなく
服を脱がされ下着姿を弄られるなんて 初体験で
 
履いているパンスト内に手を入れられ 「あ だめ」と思うし
パンストを下げられ 「あああ だめ」と思うし
パンティ内を弄られ 「あああだめ ああああ」と思うし
 
思うだけで、弄られたい気持ちはあるし
 
ぱんてぃを下げられ、襲われるなんて 「あああ だめ」とかなり思うけど
オマンコを求められたい 求めさせたい気持ちがあって。
 
マンコ 股間を、めちゃくちゃに 攻めてくるから、新たに マンコと股間は開拓されてしまって
この年になってから、メチャクチャにマンコを攻められる快感が開拓されました。
 
この日の夕方に実は突然、襲われたのでもないのです、危険な雰囲気はあったのです
 
2週間前に、4年ほど使っていたスマホを買い換えて
古いスマホから新しいスマホにデータを移すのに、わからなくて
お婿さんと、よく二人で過ごす 夕方に教わっていて
 
リビングのソファーは二人掛けが二つあるけど
縦向きと横向きに置いててますが
娘夫婦が座るソファー、私一人で座るソファーは決まってて
 
いろいろスマホも変化してて、お婿さんが座っている隣に私から座ったりして
触れ合ったりするし、時々 お婿さんの腕が私の胸に当たったり
 
ソファーで隣り合って座り、何日か続けて教わっていると
私のぶらうす胸に意識されるように触れてくるし
スカートの上から太股を触ってくるように触れてきたり
 
セミロングの垂らした髪を 撫でてきて、良い香り ツルツリして手触りもすてき、とか言ったり
 
スカートの上から、私の股 恥骨 骨盤を触られたりしてたのです
 
私も、足を組んで、太股パンストを見せ付けたりしていると
お婿さん、太股パンスト 内腿パンストを撫でてきたり
 
襲われてしまう前日の夕方は
セミロングの垂らした髪を やたらと触ってきて
髪先の背中のほうまでブラウス上から撫でながら、肩の下着紐を意識して触れるし
髪先のブラウスの前のほうも触れてきて、ブラウスの上からブラジャー胸を弄ってきたのです
 
娘の お婿さんですから、私には息子でもあり
一緒に住んでいる、若い年下の彼氏にも思え
 
この日、スマホを教わりながら、何分もブラウスの上からブラジャーを意識されるように弄られ
足を組んだり伸ばしたりしているパンスト足のスカート内にも手を入れられていて
ブラウスの上から胸 ブラジャーを握られるように弄られるし
スカート深く 手を入れられて、パンスト内腿から股間のほうも弄られていたのです。
 
私、嫌でなかったのです
なにか なぜか嬉しい感情とか
弄らせたい感情とかもあり
 
10分 20分は弄られていても、ぜんぜん嫌でなくて
 
スカート内のパンスト股も触られたい感情とか
ムラムラもして、襲われてあげても、よい感情ににもなってきた気がします
 
襲わせるように、私からモーションをしていたのかも知れません。
 
主人と20年前くらいまでセックスしてましたが、3回に1度くらいしか逝くことがなく
オナニのほうがよくて、よく頻繁に逝くしていたのはオナニで
亡くなった主人と20年前からセックスレスになっても、オナニは頻繁にするほど、私スケベ好き エロ好きみたいで
ただ両親と主人が続けて亡くなったときは、数年間、肉体も精神もノックダウンして骸骨のようにガリガリになり
暫く何もする気がなくオナニもしてませんでしたが
数年前、50歳になり、パートにも出て、元気になってきて、オナニをするようにもなり
閉経 更年期にもなりましたが、昨年から娘のお婿さんとも住むようになると、オナニも増えて
 
襲われる2週間前、スマホを教えてもらいながら触れたりしていると、オナニも さらに増え
襲われる1週間前くらいからは、毎日 夜になると オナニしていたり
襲われる前日は、お婿さんと 
触られていたのが楽しく感じてて、風呂に入る前に、ブラウス スカートのままベッドに寝て
オナニがしてみたくなり、ブラウス胸を弄ったり スカート内 パンスト股を弄り、服を脱ぎ、下着を脱ぎ
裸でオナニして 逝くしてました。
 
当日は、主人としてたときの裸ではなく、服をぬがされたスリップ姿、下着を下げられ スリップ下戯画乱れたまま おそわれましたし
初めて見る、お婿さんの ペニス、主人の倍 3倍もありそうな巨大なペニスで
私の膣 マンコだって 20年も やられていないし、主人しか経験ないし、マンコだって緩んで いるか 縮んでいるか心配で
 
入れられたら マンコ内はグイグイし、下腹部は突き上げられ 背骨から脳天までズンズンしてきて
マンコ めちゃくちゃされるような烈しい快感
ああ ヒイしながら、逝っちゃって
めちゃくちゃ にマンコが開拓される快感
 
子宮にまでペニスで刺激されるなんて 猛烈 強烈に 耐え切れないほど すごくて
されるがままに襲われているのに、何度も逝っちゃって、私、かなりスケベ エロなんだと思いながら
お婿さんにマンコ内に液を出されたら、大きな喜び声が出てしまうし
終えてから、また トイレから戻ってくると 立ったままなのにすぐに スリップ パンスト姿のまま
股間を弄られたら、出された精子液は ダラダラとパンティ内にグッチャリと出てしまうし
初めて立ったまま履いているパンスト股を刺激され
、逝っちゃって 恥ずかしいけど すごい快感でした
押し倒され、パンストを下げられ、グッチャリしたパンティを弄られて 逝っちゃうし
 
そうそう、ランジェリー下着は 好きですけど
スマホを教えてもらうようになってからは、ランジェリーでも シースルー ビキニ パンティを履いてて
お婿さんに見られたいような見せつけたいような気もあったり
私は、襲われるべき 襲われたと思います。
 
めちゃくちゃに開拓されたマンコが、やられたくて やらせたくて
 
52歳になり閉経 更年期になってから、今が一番
骨のようにガリガリですけど、絶叫しながら 肉体の逝く快感が最高の味わいになってしまってます。
 
初めて襲われた夕方の日
娘が帰宅し、お婿さんと普通にしていたけど。
夜になり、お婿さんと娘は同じ部屋で過ごし
 
私は離れた部屋で一人、お婿さんと肉体関係なんて、絶対に いけない いけないいけないわあ、と思っても
お婿さんと娘が一緒に寝ていることに嫉妬しているような
 
翌日、娘は朝から出勤、私も9時には家を出てパート
お婿さんは家でテレワーク、私は買い物をし夕方に帰宅
 
買い物荷物を整理し、お婿さんにスカート シャツを脱がされ
脱がささせる私
 
「ああ だめ こんな こと ああ いけないわあ ああ」
 
この日の下着、透ける 小さなピンク色ビキニに、ピンク色ミニ丈スリップにピンク色ブラ
リビングに押し倒されるように寝かされ
パンスト足 股を弄られても、昨日とは違う快感
開拓されてて、パンストもスリップも、ブラジャーも私の性感肉体の一部になってて
ビキニ パンティは求められていたい 下着
 
パンスト股を握られ弄られるだけで 「あああ」って 快感になっていて
履いているビキニ パンティ内にに手をいれられて、指をマンコに数本入れられて ゴシゴシされ、メチャクチャされそうな開拓 快感
「あああ だめ あああ」って絶叫しながら、猛烈に もっと かんじさせられたい 私
お婿さんも、私のビキニに興奮したらしくて
 
透ける小さな パンティ 色っぽい セクシー って興奮しちゃって
ずうとパンティ内に手を入れていたい、とか言うし
前からパンティ内を弄られ、横向きにさせられて、お婿さん、ビキニの後ろからスケスケだし お尻の割れ目を見て擦るし
 
スケスケなテラテラ ビキニで、自分でもエロぽい スケベぽいパンティと思ってたし
暫くパンティ内を攻められてて、感じちゃった
昨日と同じように裸にはされず、下着のまま パンスト ビキニを下ろされ
すごい快感になっていて、メチャクチャに ああ マンコを攻められると あああ すごい
 
マンコ内で子宮をグイグイ 背骨から脳天、下腹部が突き上げられ
お婿さんの大きなペニスで、マンコを あああ メチャクチャに開拓された快感
52歳の骸骨のようなガリガリ肉体が、何度も 何度も 逝っちゃって
逝きながら 大きな声で歓喜しているような 熱狂声は出るし
 
やはり二度 続けてされて、肉体が さらに もっと めちゃくちゃに股間が開拓されちゃって、
夜には娘が帰宅、いけない いけないと思っているけど、
夜になれば お婿さんと寝ている娘に、嫉妬している 私。
 
お婿さん、襲うから 私だって 抱かれれば 興奮するし
 
下着姿にされて、烈しく メチャクチャに攻めるし
 
お婿さん、私の下着に興味があって 下着すがたのまま襲うようだし
夕方だし、裸にはできないのもあるけど
 
ランジェリー 下着 買って 持っているし
今度 お婿さんと夕方 二人きりになるときは
その新しいランジェリー
スケスケの赤ビキニに赤 谷間 ブラ
黒のスリップは細かい銀色の水玉模様でバックスリットになって 素材はストレッチで少し透けてて
銀色水玉がギラギラ キラキラしてて、お婿さんに教われそうで
やられたら、大きなこえで熱狂して メチャクチャにされるわあ
下向きで スリップお尻を突き上げられても ピストンされても バックスリットになっているし
マンコから液が噴出しても 液が飛び散ってもスリップはグチャグチャになりにくいし。
この下着で、お婿さんに 襲われて マンコをめちゃくちゃにされたら報告します。
 
娘は優しい彼と結婚し、幸せ
 
お婿さんも、家の家賃も心配なく仕事も順調で幸せ
 
私も一人暮らしにならず、三人暮らしで 幸せ
 
同じ屋根の下で、男と女が暮らしていれば いろいろあります 異性ですから
お婿さん、外に女を作って遊んだりしないし
 
私でよければ、お婿さんが興味のある ランジェリー スケスケ パンティも弄られても大丈夫
 
勿論、ああ だめ だめと思っています、弄られているときは、声を出して あああ だめ
 
オマンコを求めてくるときも、声を出し あああ だめ と言っています
 
されるがままですから、マンコをメチャクチャにされそうでも 絶叫しながら、ああ だめ あああ って何度も逝っちゃっていますが
 
お婿さんと毎日のように暮らしてますし
休日は三人で暮らし
 
でも平日の数日は夕方からお婿さんと二人ですから
異性だし、パンスト股を弄りたくなれば、弄らせてしまうし
下着を下げて やりたくなれば、させてあげても 
無理に拒んで、中が悪くなるより、お互い、欲求を解消できるのが幸せ。

良かったら「いいね」してください。誰でも「いいね」出来ます!


トップページに戻る