アダルトグッズのNLS

これが愛だね泣けるね…母とのセックス


昔の話(昭和26年)だが、お袋(42歳)が私(小2)と兄を連れて離婚前提で親父と
別居し、お袋の実家にいきました。
お袋とは小6まで一つ布団で一緒に寝ていました。

寝る時はお袋は「こうすると温かいから」と言って必ずお袋の両脚の間に私の両脚を
挟んで寝てました。
お袋は寝る時は腰巻に寝巻きでズロースはつけずに寝てました。

私の両脚にお袋の陰毛が触るのですが、当時は純真無垢の子供でしたからなんとも思
わず本当に温かく、お袋に抱かれて寝ていました。

小5位の時でしょうか、下半身に違和感(快感)を覚え目が覚めましたが、寝たふりを続
けました。
その後、たびたび同じことがあり、ある晩とうとう耐え切れずお袋にしがみついてしまいました。
私が目覚めたことに気がついたお袋は「シーッ」と言い、それまでしごいていたチンチン
の手の動きを早めました。
とうとう耐え切れずお袋の手の中へ射精してしまいました。
お袋は枕カバーでチンチンと自分の手を拭いていました。

その後は枕元にちり紙が置かれ
るようになり、後処理はちり紙になりました。
そんなことが暫く続き、6年生になった頃には皮は剥け、私も性の知識も豊富に
なり、お袋のおマンコに手を差し入れるようになりました。

おマンコは濡れ、クリの部分に指先が当たった時などは「ウッ、ウッ、ハー」とお袋の
抑えた声さえだすようになっていました。
ある晩、今まで手でしごいていたお袋が口に咥えてくれたのです。

お袋の口の中の温かさ、口元での締まり、手でのしごきとはまったく違った感触
に、手でのしごきでは結構持続していたのですが、この初めての快感ではかなり
早くお袋の口の中に射精してしまいました。

そのままウトウトとしていると、また下半身の温かさに気がつき目を開けると目の前
にお袋のお尻があり、おマンコがはっきり見えました。
豆電球に照らせれてヌラヌラと光って、少し黒ずんだ小陰唇、別にグロとも思わ
ず(これが女のおマンコかと思った)、指で小陰唇を開いたり、クリをさすたり
まじまじと観察(?)していました。

すでにお袋の感じる場所はクリだと知っていたので、お尻を両手で抱えクリに舌を這わせ
69の体勢で舐めあいました。
それでもお袋は挿入はさせてくれず、いつも手か口の中での射精ばかりでしたが、それ
でも私は満足していたのです。

中学生になるとさすがにお袋と一緒の布団で寝るわけにはいかず、同じ部屋の別々
の布団で寝るようになりましたが、
「ヒロちゃん、温かいからこっちにおいで」と私を自分の布団に入れてくれたり、
「そっちにいくよ」といったりで、互いの布団を行ったり来たりの状態で関係が続
きました。

この頃は性的知識は相当身につけていましたが、おマンコへの挿入がしたくてしたく
てたまりません。

それまで時々お袋は、お尻をこちらえ向け(側臥位)おマンコの間に私のチンチン
を挟んで逝かせてくれてました(今でいう素股)。

私に陰毛が生えだした時は、生え揃う過程が面白いといって毎回観察されて完全に
生え揃った頃に「ヒロちゃんも大人になったね、今日は上になって」言われたのですが、
いつもお袋主導の関係(勿論おっぱいを吸ったり、揉んだりはしていましたが)でし
たので意味が判らずにいると、寝巻き、腰巻を肌蹴てM字開脚をしています。

M字開脚の間に身体を入れ、上から見下ろすお袋の裸は初めてです。
ちょっと垂れ気味
に横に開いた乳房、胸から下腹部、黒々とした陰毛。
割れ目から顔を出したクリと小陰唇、お袋の手はいつものようにチンチンを握ってし
ごいていましたが、自分から濡れ光るおマンコの入り口に私のチンチンをあてがいました。

初めてのことなので戸惑ってといると、「そのまま腰で突いて・・・・」言われるままに
腰を前に突き出すとニュルっとした感覚と同時に温かさを感じ、今までの口でするのと
はまったく違った感触でした。

突き入れると同時に「ウッ、ファ〜」吐息とも喘ぎともつかない声がお袋
の口から漏れます。
その後のことも判らずそのままにしていると「腰を・・動かして・・・」と教えられ前後に2、
3度抜き差しすると今度は「いい〜」とはっきり言葉を口にだしました。

なんせ初めて生でおマンコを経験したわけですからいつものように(咥え、舐められる
時は10分程度は持続できた)いかず、お袋の声を聞くと同時に中に射精してしまい
ました。

自分の出した精液がお袋の奥の壁に当たった気がして、口でされるのとは大違いです。
「ヒロちゃん、初めてだからしょうがないね」
とお袋はいたわってくれ、自分の股間から流れでる私の精液をちり紙で拭いていました。

それからの主導権は私に移り、指を使ってクリで逝かせ、舌を使って逝かせ、そのたび
にお袋の口からは「いい〜、もっと・・・もっと」抑え気味な喘ぎを漏らすようになり
ました。
いくら部屋数が多い家とはいっても、寝静まってからの女性のあの声は結構聞こえるも
のだと思います。

生理日は遣らせてくれず、安全日は生中出し、危険日は私が「いくよ」と声を掛ける
とお袋は自ら腰をひいて外だしでした。
この頃になると、お袋のおマンコでの抜き差しも15〜20分は持続できるようになり、
お袋もわたしのチンチンでその間に2〜3度は逝っていたようです。

お袋の逝く時は、脚を突っ張り「ウ〜ンッ・・・ハ〜」と吐息を漏らすから判りました。
私が逝く時は必ず「いくよ〜」と声をかけるのが合図でした。

乳首を舌先で転がしたり、優しく噛んだりするとお袋も感じることも知りました。
中学生の間に体位も覚えました。

最初はやはりお袋のM字開脚で始まり、クンニ、フェラ、指マンそして正常位
で挿入。お袋のおマンコに抜き差しするチンチンとあそこの濡れ具合が増してきてク
チャクチャ、二チャ二チャたてる音に興奮を覚えたことです。

感じてくるとお袋の左右に振られる顔、喘ぎ声、私の腰にしっかりと巻きついた脚。
次は後背位、バックからの挿入です。

いつ頃だったでしょうか、69の最中にお袋自ら「このまま入れて・・・」と四つん
ばいのままお尻を突き出して以来です。

この時はお袋の口から「い〜〜・・・奥・・まで」といつもと違った喘ぎ声をだしました。
側臥位は以前から知っていましたので大体この3パターンがいつものコースでした。

ある時、私の股間に顔を埋めてチンチンを咥えていたお袋はそのまま身体をずり上げ
て来て私の股間に跨り、勃起したチンチンを自分のおマンコにあてがい、そのまま腰
を落としてきました。
初めての騎乗位の体験でした。

私の股間に跨り腰を振るお袋を見上げ、揺れるおっぱい、張ったり緩んだりするお
腹、時々見える陰毛の影。お袋が後ろに両手をつくと小陰唇まで見え、出し入れさ
れるチンチンがヌラヌラと光ってみえました。

私も腰を上下に使うと、奥まで届くのでしょう、喘ぎ声がかわります。
お袋も自分の感じる部分にチンチンの先を当てるかのように前後左右に動かしたり、
腰を回したりして「ヒロちゃん、いくよ・・・」私の上に突っ伏してしまいました。

と同時に、それまで耐えていたものを一気にお袋のなかに射精しました。
中学の時は新しく加わった体位の組み合わせで関係をしていました。

そのうち座敷蔵(普段住居として使用する蔵)でお袋と寝起きするようになりましたが、
部屋は別々です。
蔵作は冬暖かく、夏は涼しく、最大のお袋とのメリットは防音性に優れていたことです。

それまで抑え気味だったお袋の喘ぎ声が限度はありましたが、はばかりなく出せること
です。
お袋の喘ぐ時に発する言葉も断然多くなりました。
高校に進学すると、三つ上の兄は就職して同居家族は叔父夫婦との4人になりましたの
でもう夜の関係は一つの布団で寝ていようが夫婦同然の生活でした。

高校生になるとお袋はチンチンを咥え、舐めながら、
「ヒロちゃんのこれも立派な大人になったね〜」
と愛おしいそうに丁寧に咥え、舐めてそれから自らのおマンコに入れるのです。

お袋が後ろ向きに上に乗ると動くたびに、アナルがヒクつき閉じたり開いたり、前屈みに
なり、動くたびにおマンコに抜き差しするチンチンが小陰唇を巻き込んで出し入れさ
れるのです。

50歳を超えたお袋でしたが、お尻はそれなりにありましたが、まだクビレもあり、
おっぱいは多少垂れ気味にはなっていましたが、近所の同年輩のおばさん達と比べると
まだまだ若いといった感じです。

松葉くずしの体位の時は「チンチンが奥の一番感じる部分に当たる」と言ってお袋
の好きな体位でした。
こんな関係も私の高校卒業=遠方就職で一時的に終わりました。

最後の夜は一晩中ほとんど寝ずにありとあらゆる体位でずにお袋と交じりあいました。
「もうヒロちゃんとは会えないんだね・・・・」
あの時に流す涙とは違った本当に別れを惜しむ涙を流していました。

「盆、暮れには必ず帰ってくるんだよ」
と言って送り出してくれました。
24歳で結婚するまで帰省のたびにお袋と交じり合いました。
60歳でも女は出来るんですよ。

この結婚の時は、口に出しては言いませんでしたが、彼女に私を取られると思ったの
でしょうか、猛烈に反対され、親子の縁を切るとまで言われました。

その頃は帰省もせずお袋との関係も疎遠になっており、なんとか説き伏せやっと了解
を取り付け結婚しました。

男女二人の子供も出来て孫を抱いたお袋はすっかりいいお祖母ちゃんになり、それ
までのことは棚にあげ、嫁さんに、
「夫婦は夜の営みがなくなったら終わりだよ」
と変な知恵をつけ77歳でこの世を去りました。

58歳で亡くなった兄の変わりに、一昨年お袋の23回忌を営み昔のお袋との封印を
解くつもりで書いてみました。

良かったら「いいね」してください。誰でも「いいね」出来ます!


トップページに戻る