結婚する前の義母は冷たい感じだったが、結婚してからの義母は本来の姿を見せてくれるようになった


40文字数:751

嫁と結婚する前に挨拶に行った時はもの凄い睨まれて冷たい印象の義母だったが、嫁と結婚して何度か義実家に顔を出していたら誘われて身体の関係を持った。
「どうしてこんなに甘えん坊で可愛い人なのに最初の頃は冷たかったんですか?」
「だって…娘の彼氏に一目惚れしたなんて言えないじゃない…でも家族になってこうして貴方に抱いてもらえるようになったから…」
「嫁に悟られないように冷たい態度だったんですね…本当にお義母さんは可愛い人だ」
「うふっ…じゃあもう一度抱いてくれる?また私の中に貴方のザーメン出して欲しいの」
「何度でも…お義母さん愛してます」
嫁よりも義母との方が身体の相性が良いんだ。
嫁ともセックスするが義母とのセックスほど楽しめないし出るザーメンの量も違う。
「貴方の子供が産めたらとっても幸せでしょうね…」
「産んでくれますか?」
「良いの?娘ともまだ子供出来ないんでしょう?」
「本当に愛してるのはお義母さんですから…嫁より先に俺の子を産んでください」
「嬉しい!貴方の子供を絶対に先に産むわ!だからもっと愛して!」
嫁にも義父にも内緒の関係で子作り決定。
営業職なのを利用して昼間から義母と愛し合うようになり、現役で働いてる義父の居ない義実家で堂々と子作りに励んだ。
「こんなにいっぱい中に出してくれるなんて…早く妊娠したいわ…」
「チンポ舐めながら言われるとまた抱きたくなりますよ」
「抱いて…もっと貴方に抱かれていたいの」
「そろそろ会社から呼び出しが来ると思うのであと一回だけ抱かせてもらいますね」
何度抱いても飽きない身体の義母が悪いんだ。
職場に戻る頃には体力と精力を使い果たした感じになり、重い身体を引きずるようにして残りの業務を熟した。
家に帰っても嫁とはセックス出来ないな…。

 

良かったら「いいね」してください。誰でも「いいね」出来ます!


同じジャンルの体験談

みんなのコメント

トップページに戻る