PR

義父が私を介護


210文字数:4078

12月7日(月)、主人は朝早く仕事へ行き、キッチンでは主人の父が私の二人の子供に朝食を食べさせ、幼稚園に行く用意までしてくれていました。
前の日から少し熱っぽかった私。
日曜日の夕方には38度の熱が出てしまい、今流行のインフルエンザかも知れないと思い、義父の提案で私は2階の夫婦の寝室で、夫婦の寝室の隣の子供部屋にいた二人の子供は、1階の義父の部屋の隣の部屋へ、そして主人は子供部屋でそれぞれ寝ることになったのです。
「いいか。ママは風邪を引いて熱があるんだ。今度の風邪はなかなか治らないし、うつると高い熱を出し、死んでしまう事だってあるんだ。だから、ママがよくなるまで2階に行っちゃだめだぞ。わかるな。どうしてもママとお話したいときは、お爺ちゃんに言いなさい。お爺ちゃんがママに伝えてあげるから。」子供たちに言い聞かせる義父を私は頼もしく思いました。
そして、私の家庭内隔離が始まったのです。
私、礼子35歳、主人、信吾40歳、結婚9年目で、4歳と5歳の子供と義父64歳がいる平凡な家族です。
結婚当時は別居生活をして私も働いていたのですが、子供が出来ると仕事を辞めざるを得ないと思い、主人の両親と同居をしたのです。
それだけ私は当時の仕事に誇りを持っていました。
しかし、二人目の子供が生まれたてすぐ、義母が突然亡くなり私は仕事を辞め家庭に入ったのです。
日曜日の夜は主人もいてくれ、子供たちと義父を連れて外で食事をしてもらいました。
子供たちも外食とあって大喜び、それにいつもと違う部屋で寝れるとあって私のことなど眼中に無い様子でした。
それでも、義父と一緒にお風呂に入ると、階段の下から「ママ、おやすみなさい。」と言われ、涙が出てきました。
「よく言えたな。お利口さんだ。」と、子供たちを褒める義父に、これはお義父さんが子供たちに教えてくれたんだと感謝し、その夜は主人にお粥を作ってもらい眠りに付いたのです。
「礼子さん、子供たちを幼稚園まで送って、帰ってきたら食事を作るから。それまで少し我慢してくれ。食べたら病院へ行こう。」「お義父さん、今日、お仕事は、、」「私は友達がやっている仕事の経理だけだから、手伝い程度なんだ。さっき電話したら、『お嫁さんが元気になってからでいいから』と言われたよ。それまで伝票溜めておくからってさ。ははは、、」「本当にすみません。」義父はそういって子供たちを幼稚園まで送っていってくれました。
義父が帰ってきてお粥を作ってくれ、病院まで連れて行ってくれました。
やはり新型インフルエンザでした。
義父の早い機転で私を隔離してくれ、お医者さんにも褒められました。
「3,4日はまだ熱が出るかもしれないが、それが過ぎればよくなるから。でも、1週間は部屋から出ないこと。子供も部屋に入れないこと。安静にすること。」を言われ、帰ってきました。
病院から帰ってきてもまだ熱は38度ありました。
まだ幾分ふらつきはあり、パジャマに着替えるのもままなりませんでした。
「礼子さん、そんなに無理をしなくても。私に任せておきなさい。」義父はそういうと部屋の温度を上げ、私が寒くないようにしたのです。
「もういいだろう。礼子さん少し我慢してこのタンスに掴まっているんだ。あとは私に任せて。」義父はそう言うと私が着ているセーターの胸のボタンを外し、セーターの裾を持つと上に挙げ、脱がしにかかるのです。
そして次に、スカートのホックを外され、ファスナーが下げられました。
そして、義父がスカートから手を離すと、私の足元に輪になって落ちて行ったのです。
「ああ、恥ずかしい、、」私と義父とは2年前から関係が出来ていました。
あの頃私は二人の子育てでノイローゼになっていた時期があったのです。
主人はもともと仕事人間で、子育てにはあまり興味がなかったようなんです。
いつも「お前に任せる。」とだけ言い、何も手伝ってくれませんでした。
そんなときでも、私を優しく抱いていてくれたら良かったのですが、いつも午前様だったのです。
そんなとき、私を支えてくれたのが義父でした。
私が家事をしているときは必ず子供たちを見ていてくれ、私の相談にも乗ってくれたのです。
私が落ち込んでいるときは、気分転換だと外へ連れて行ってくれました。
いつしか私は義父を主人以上に頼るようになり、主人が出張の夜、義父の部屋へ行き抱いてもらったのです。
義父もお義母さんを亡くし、私も主人とは夫婦の営みがなかった時期だったのでとても感激し何度も何度も義父にしがみついていました。
それからはたまに主人の目を盗んで関係を続けてきたのです。
「今度は、ストッキングを脱ごうか。」義父は私の腰にぴったりと張り付いたパンストを持つと、下に下げ片足づつ抜いていくのです。
それが終わるとキャミソールを脱がされ、ブラジャーも取られてしまいました。
「こんなに熱があるのに、よく一人で着替えられたな。子供たちを送っていって帰ってきたら手伝ったのに、、。」そんなことは分かっていました。
でも、私にとって病気で義父と接するのは初めてだったのです。
「さあ、パジャマを着ようか。」義父がそう行った時はほっとしました。
義父はパジャマの上着を着せてくれ、胸のボタンを留めてくれました。
それが終わるとパジャマのズボンと思ったのですが、なんと穿いていたショーツを脱がされてしまったのです。
「ああ、お義父さん、、恥ずかしい、」「何を言っているんだ。熱があるのにこんな締め付けるものを穿いていてはだめだ。こんな小さい布だったら、いくらも汗を吸わんだろ。」義父はそう言うと今度は直にパジャマのズボンを穿かせてくれたのです。
「さあ、少し休みなさい。横になって、、子供たちを迎えに行く前にもう一度食事をしよう。お昼はうどんでいいかな。」私は義父の介助でベッドに横になると布団を掛けてもらいました。
「礼子さん、トイレは行かなくていいかな。」「はい、大丈夫です。さっき、病院で済ませてきましたから、、」「そうか、気が付かんことで、、それじゃ礼子さんが寝るまでここにいてあげるから。」義父はそう言うと、私の横で床に座り、片手で私の手を握り、もう片手を布団の中にいれてきたのです。
その手は、私の胸の膨らみまで達しパジャマの上から少しづつ包んでくれました。
義父のひんやりした手がパジャマの上から私の熱い胸を冷やし、とても心地よいものでした。
しばらくすると手はだんだんと私の下に降りていき、今度は私の股間へ、。
でも、今度はパジャマの上からではなく、ズボンの中へじかに入ってきたのです。
「どうだ、冷たすぎず気持ちいいだろ。」義父は冷たい自分の手をいったんパジャマの上から私の胸で温め、少し温まったら今度は直に私の股間に入れてきたのです。
冷たいまま私の股間に直に入ってきたら私は飛び上がっていたでしょう。
義父の心地よい手が私の股間を這いずり、私はその手を求めて目を瞑りながら足を開いていくのです。
どれくらい経ったのか、気が付いたときはお昼を回っていました。
「起きたか。熱はどうだ。うどんが出来たから食べようか。」義父はそう言うと、丼に入ったうどんを持ってきてくれました。
「こんなにたくさん、、」「食べられるだけ食べればいい。残ったら私が食べるから、、」義父はベッドの上で私を座らせると、お箸でうどんを切り食べさせてくれました。
「お義父さん、美味しいです。」「そうか、それは良かった。出汁も飲みなさい、体が温まるぞ。」今度はレンゲで出汁を飲ませてくれるんです。
そして私が休んでいると、今度はそのうどんを義父が食べ、そして今度は私にと、、一つのうどんを私と義父の二人で食べるなんて初めてでした。
本当ならこれを主人にして欲しかったのですが、、、、「お義父さんすみません、トイレまで連れて行ってもらえませんか。」うどんを食べ終えると私は尿意を覚えていました。
「大丈夫か、礼子さん。まだ熱があるんだろ。階段もきついし、、」「でも、、、このままじゃ、、」一度尿意を覚えるとそれを忘れられず、我慢が出来なくなってくるのです。
「そうだ、いい考えがある。」義父はそう言うと階段を下りて行ってしまいました。
そして5分位するとまた2階へあがってきたのです。
「これは家内のためと思って買ったものなんだ。」それは私にも見覚えがありました。
義父が手にしていたものは、かつて義母が入院するとき看護婦さんに言われて私が買ってきた紙オシメだったのです。
「今日はこれを穿いてしなさい。あとは私が処理をしておくから。」「でも、そんな、、」「だったら、洗面器でも持ってこようか。」「お義父さんの意地悪。」私はそう言って諦めたのです。
義父は私の足元の布団を捲ると、パジャマのズボンを下げ、紙オシメを穿かせてくれました。
「礼子さん、いつでもいいぞ。オシッコ5回分って書いてあるから、1回じゃ漏れないだろう。それとも、大分溜まっているのかな。」そう言われても、さっきまでの尿意は何処えやら。
いくらがんばっても出てこないのです。
義父は紙オシメの隙間から指を入れ、中を覗いています。
「お義父さん、そんなに見たら恥ずかしいです。」「恥ずかしくても出すものを出さないと体に悪いぞ。これでどうかな。」義父はそんなことを言いながら、今度は私のお腹の下を押さえるんです。
「だめ、お義父さん、、いやああ。」そのとたん私は義父の目の前で紙オシメを穿いたままオシッコをしてしまいました。
「おお、、出ているようだな。白い紙オシメが黄色くなっていくよ。」「ああ、そんな。お義父さんの意地悪。」その後、子供たちが帰ってきて、夕方には珍しく主人も帰ってきてくれました。
そして昨日と同じように子供たちは下の部屋で、主人は子供部屋で寝むりに付いたのです。
私はもう一度お粥を作ってもらい、それを食べると眠りに付き、長い1日が終わったのです。

 

良かったら「いいね」してください。誰でも「いいね」出来ます!


同じジャンルの体験談

みんなのコメント

トップページに戻る