君を抱きし宵闇の夏座敷


蝉時雨の中、君が撒いた打ち水。
「あっ!ごめんなさい…」
思いかけない君との出会い そして恋に落ちた。
青い空が眩しく、白い雲が流れてた。

薫風の中、君と歩き、涼風の中、君を抱いた。
開け放たれた窓々はまるで夏座敷、明かりを落とし君を愛撫した。
君の肌が色めき立つのが暗闇にも分かった。
君の茂みは湿り気を絶やさず、花弁を割れば蜜が溢れた。
花芯を撫でれば、君の吐息が艶かしかった。

やがて媚薬のような蜜の匂いに包まれながら、雄蕊を挿した。
僕と君は、恍惚の夢の中、夢中でまぐわい淫奔に耽った。
淫靡に体を震わせる君、夢中で突姦を繰り返す僕。
僕に跨り淫乱の舞を披露した君は、悦楽の華を咲き散らし、姦淫の熱に蕩けた…

山粧う頃、君は床に臥せった。
山間の診療所の病室の窓から見えた鰯雲を覚えている。
そして木枯らしの中、君は独り旅立ったとの知らせ…
霜花の向こうに、君を思い落涙…

春告げ鳥が来るも君は帰らず。
君と見たかった夜桜に朧月、僕は独りで眺めて、空蝉が恋蛍。
過ぎた日は帰らず。
振り返るつもりはなけれど、打ち水を見るとき ふと思い出す、君の微笑み。
鰯雲を見るとき、 ふと思い出す 君の涙…

さよなら…
僕は、君のいない幸せを見つけに行くよ…

良かったら「いいね」してください。誰でも「いいね」出来ます!


同じジャンルの体験談

みんなのコメント

1 名前:名無しさん2021年08月14日(土) 19時50分04秒

これ、悲しすぎるだろ…

2 名前:名無しさん2021年08月15日(日) 07時22分52秒

こんなところに書き込む文章ではないね。
大和言葉だね。

3 名前:名無しさん2021年08月15日(日) 14時39分50秒

官能と悲哀
文学ですなあ

4 名前:名無しさん2021年08月15日(日) 18時09分35秒

最後のお別れができなかったのですね。
さぞかし、心残りでしょうね。

5 名前:名無しさん2021年08月16日(月) 17時36分03秒

オレにはよく意味が分からないフレーズがあるよ。

6 名前:名無しさん2021年08月18日(水) 19時16分05秒

さよなら…
僕は、君のいない幸せを見つけに行くよ…

このラストが胸に沁みる。

7 名前:名無しさん2021年09月10日(金) 22時05分41秒

なんか、大正時代の小説みたい。

8 名前:名無しさん2021年09月18日(土) 20時21分41秒

下手くそで気持ち悪い文章
コメントも自演だろう

9 名前:名無しさん2021年09月21日(火) 18時08分13秒

感情に任せた中傷レス
こういうの書き込む人種ってやっぱ在コなのかな

10 名前:名無しさん2021年09月22日(水) 08時06分16秒

私は秀逸だと思いますよ。
私には書けませんから。

11 名前:名無しさん2021年10月23日(土) 20時14分58秒

独特な文章‥‥

12 名前:名無しさん2021年11月18日(木) 08時47分26秒

表現力が古風ですね。
味があります。

13 名前:名無しさん2022年01月12日(水) 20時52分04秒

文章がなんか昭和

14 名前:名無しさん2022年01月12日(水) 20時52分09秒

哀しいけど、前を向いてて好感が持てます。

トップページに戻る