チャトレの彼女と寝取られ妄想2


前回:  チャトレの彼女と寝取られ妄想

もっとしてください。。。。。
ペコが画面を見て小声でそう言いながら、おまんこに突っ込んだ指を
より一層激しく動かし、腰をガクガクと痙攣させながら無言でおまんこをいかせた。。

どうなってるんだ。。
唖然としたまま俺はペコを股の間から見上げている。

俺と同じくチャットのメインで入っているM男も
ペコの様子の異変に気付き

M男。。 なんか言いました?ペコさん。。何してるのですか?
ペコ。。 フフッ なんか言ったかな?それよりペコが何してると思う?
エッチな事想像して、おちんぽびくびくさせてるんでしょう?
M男。。 えっ。。そんなことないです!じっと待ってます。。
ペコ。。 さっきから黙ったままでおちんぽしごいてるんじゃないでしょうね
ちゃんとペコに報告しないと何も見せてあげないからね。。
M男。。 ええっ あっ。。はいっ!わかりました!
ペコさんのえっちなとこ想像して、おちんぽびくびくさせてますぅ。。
お汁がでちゃってますぅ。。
ペコ。。 そうなんだ!かわいいね。。ペコ、今何してると思ってるの?
なんか音がします。。。
音って。。どんな音がしてるのかな?
M男。。 クチュクチュって。。やらしい音がしてますぅ。。
ペコ。。 えーそんな音してないけどな。。おちんぽしごいてる音じゃないの。。やらしい。。
M男。。 そんなぁ。。ペコさんの方から聞こえますぅ。。
ペコ。。 フフフッ。。。そうなんだ。。この音かな。。くちゅ。。くちゅ。。くちゅ。。

ペコがおまんこの音が聞こえるように指でまたおまんこをいじり始めた
俺も我に返りペコがいじりだしたおまんこに舌をまた這わせて
気づかれないようにべろべろと舐め始めた
ペコは自分でクリを指で剝くようにして、俺が舐めやすいようにおねだりし始め
そのクリを吸ったり舐めたり、舌先でぐりぐり押して回すように舐めたり。。
敏感になってるクリがまたいきそうになりひくひくしている。

ペコ。。 ペコが何してるか見たい?
M男に問いかけるペコ
M男。。 あああ。。はい。。みたいです。。
じゃーペコが今何をしてるか当てたら見せてあげようかな。。フフッ

M男。。 お。。。。。おまんこ触ってますか?

ペコ。。 フフッ。。そう思う?じゃ確かめてみる?

ペコがカメラを移動して自分の股間を映すそぶりをみせたので
俺は静かにペコの股の間から立ち去った。。

ペコ。。 ほら見て。。見えるかな?
M男。。 わぁーー はいっ見えます!凄いです!

こうなれば俺も何もできず自分のスマホに映し出されるペコの映像と
目の前でおまんこをいじってM男に見せつけてるペコを交互に見ては
ちんぽを徐々に激しくしごき上げていく。

M男。。 ペコさん!エロすぎます。。凄いっ。。しごかせてください!
お願いします!ペコさん。。しごかせてください!!
ペコ。。 そんなにしごきたいの?フフフッ。。ってか今しごいたらおちんぽ汁
お漏らししちゃうんじゃないの。。フフッ
M男。。 出ちゃうかも。。でも頑張ってしごきますから。。しごかせてください!
ペコ。。 えらーい。。頑張って我慢できるんだよね?じゃ10回だけしごいていいよ
M男。。 はい!わかりました。。有難う御座いますぅ!
あああ。。気持ちいいですぅ~~
ペコ。。 フフッ 何変な声出してるの。。変態マゾちんぽしごいてそんなに気持ちいいんだ。。
ほらゆっくりしごいて。。おちんぽ。。パンパンに仕上げなさい!
M男。。 あああ。。気持ちいいですぅ~~ はい!ゆっくりしごきます。。
あああ。。ダメ。。出ちゃいそうです。。
ペコ。。 もう出ちゃうの。。ほんと早漏雑魚ちんぽだね。。
ペコはこうやって。。射精我慢してパンパンになってるちんぽ想像して。。
ほら。。見て。。クリをいじりながら指をおまんこにずぽずぽしてたのよ。。
ああ。。気持ちいい。。何黙ってみてるの。ちんぽ報告しなさいよ!

ペコがM男を虐めながらどんどんおまんこを気持ちよくさせてる姿
それを見て俺のちんぽもびくびくと脈打つ
っとその時。。

またペコが無言になり。。いつもはM男をいかせるまでイクことがないのだが
おまんこのいじり方が激しく変わってきた。
俺のスマホに映るペコの腰がびくびくっと痙攣しはじめる。。
いっちゃうのか?ペコ?

そう思った瞬間。。ペコがとんでもないことを口にした。。

M男に見られながらいかされちゃいます。。。

ええっ。。信じられない光景と言葉に、俺も今までに味わったことのない射精感を味わいながら
精子をビュビュっと飛び散らした。。
ペコも深く長くおまんこをいかせて。。びくんびくんと痙攣してる。。

M男。。 ペコさんエロすぎますぅ。。あああ。。イクッ!

どういう事なんだ?

画面にはM男の文字がこう残ったままで、すでにM男の姿はない。。
しかし覗きが一人いる。。
ペコはおまんこをひくつかせながら、覗きの男とまだやり取りを続けているようだ。。

おまんこに刺さったままの指が、またクチュクチュと音をたてて動き出した。。

やっぱりか。。

俺はその男の存在と言葉のやり取りが気になり
ペコにしか見えない秘密の言葉。。こっそり送られてくる秘密の言葉。。
それを覗き見する計画をたてた。。
ペコにバレないように、画面が大きく映る隠しカメラを設置し、様子を伺う事。。

電話がかかってきたふりをして、その場を立ち去る俺。
ペコはまだチャットを続けている。。俺が立ち去ることすら気づかず。。

この計画を俺は考えながら、寝取られ妄想し股間を熱くしていた。。
ドア越しに聞こえるペコの喘ぎ声。。
そんなことされたら。。また。。いっちゃいます。。。

続く。。

良かったら「いいね」してください。誰でも「いいね」出来ます!


みんなのコメント

トップページに戻る