萌えた体験談データベース

会社の為に犠牲になってくれた妻


 大江麻理子さんに似た妻31歳、網膜剥離で入院していた私、ある小さな会社の社長
37歳。妻は同級生だった清水と佐藤に騙され、会社の為に他の同級生達の前で全裸になり、
皆に犯されました。私は妻に問いただし、全てを知りました、妻はそれから泣くばかり
です。
 私はまず、佐藤を攻めて縛り上げ、ビデオと写真を発見し、見て泣きました。
 取りあえず、ビデオと写真は取り上げ、他に何もないのを確認し、
「このままでは済まさないが全てを正直に話し、反省謝罪をすれば許す」
「他のやつらには何も言うな」と全員の名前や家族構成などをメモし、顔以外をかなりの
力で蹴り上げ、特に股は強く蹴り、縄を解きました。「言いません、もう許して下さい」
と言うので「これから俺に協力するのだぞ」と言いうなずいたので帰りました。
 家に帰ると、妻は泣き伏した目をしながら「お帰りなさい」とだけ言い食事を用意
し始めました。
 SEXの話しですが、妻の話しを聞いてから妻を抱きしめても裸を見ても大きく
ならないのです、妻は「私が軽率だったから、貴方にいやな思いをさせてしまった」
と、またまた泣くばかりです。私は「君は悪くないよ」といいながら背中をなで、
頑張ろうとお乳やあそこを舐めったり擦ったりしましたが妻も濡れないし、私は小さい
ままでした。
 妻は「離婚して下さい、貴方の事は大好きです」と言って泣きます。
 でも、ビデオを見て、レイプまがいな事をされた事、余りにも可哀そうだった事
とっても綺麗な裸だった事、佐藤を蹴りあげた快感、等を抱え、もしかしたらと思い
食事後、お風呂に入って妻を呼び「来なさい」と言いますと妻は無言で入って来ました。
「良く見せて」と手で隠しているあそこを手をどかし股を開かせじっくりと見ました。
本当にきれいなものです、へるもんじゃないとはよく言ったものです。
優しく指を添わせてキスをすると妻は「許して許して」と言います「何を許すんだい、君
は何も悪い事はしていないんだよ」と言うと私の唇を目いっぱい吸い離すと
「有難う御座います、大大大好きです」と言って息子を握り口に咥えました。
 大きくなってきました、「良かった、乗って」と言い、お風呂のへりに座ったまま
跨がせて入れました。久しぶりのせいでしょうかすぐ逝ってしまいました。
 その後、ベッドでは妻を横にして69の態勢になり妻のあそこを舌がくたびれる位
舐めました、息子は妻の口で今にも逝きそうになってます、妻のあそこの味はいつも
同じです、おいしいです。今度は後ろ向きにして肛門をなぞりながら膣をめざし息子を
こすらせ入れました「いい、いい、貴方・・」と逝ってしまいそうでしたので
「一緒だよ」と言って逝きました。テッシュでふき終わると又抱き合い、
佐藤への始末を話しビデオ、写真の焼却をしたと嘘をつきました。
「貴方が怪我したり警察沙汰になったら私は生きていないから、もうしないで」と
言われましたがそれで終わらせるつもりはありません。

 一週間後、メモにあるAが退社後、自家用に乗ろうとした所を助手席に乗り込み
「誰だお前は」と言うので「麻理子の夫です少しお話をさせて下さい」と丁寧に話し
郊外の人家のない空き地に車をいれさせ、持ってきたナイフで脇腹をチクリとさしました
「やめて下さい俺は何もしてません」と言うので、他のやつが何をしたかを聞き、
スマホを見せろと言うと麻理子の裸の写真があったのでスマホを取り上げました
(後で川に捨てました)最後にお前は麻理子に何をした正直に言えと言うと
「わかりました、清水が来いと言うので清水の家に行くと麻理子さんが裸エプロンで
いて、それから2回させてもらった、でもすまないと思っています」と言うので
「妻の気持ち、俺の気持ちかんがえるんだな」と言ってナイフで太ももを刺しました
「警察に行きたければどうぞ」と言うと泣きながら「誰にもいいません、許して下さい」
と言うのでそれで解放することにしました。
 その夜も妻を抱きました、妻は「もしかして今日も何かしてきたの?」と言うので
今日の事を話しました「もういいです、やめて下さい」と言うので「わかったよ」と
返事をして目いっぱい妻を可愛がりました。
 今度はBです、Aと同じパターンにしました。その晩も我が家は花盛りです。
 Cは力の強いやつですのでスタンガンを購入し夜中、酒を飲みふらふら歩いている
所をスタンガンを押し当て空き地に引っ張って行き足をナイフで刺しました、
 Dはただ一人結婚していました、Dの帰りの後をつけマンションの部屋に入る寸前
後ろからナイフを突きつけガムテープで手足を縛りました、気が付いた奥さんも
同じにしました、「誰ですか、何でこんなひどい事をするの?」と言うので、「貴方の
亭主は俺の妻を強姦したんですよ」と言うと、「そんな事するわけない、ねえ貴方
なんとか言って」と言うとDは私が誰かわかったみたいで黙っていました。
「奥さんには悪いけど同じ事をさせてもらいますよ、貴方はどこまで麻理子にしたの?」
と言うと「一回させてもらっただけ、清水がしないと怒るんで」と言い訳、「じゃあ一回させてもらうね、奥さんいいですね」と言うと奥さんは「いやです、私がなんで知らない
人と」と言うのでDに奥さんに我慢しろと言えと言うと「たのむからして」と言うと
奥さんは「わかりましたでも別の部屋で」と言うので別の部屋に行き、「脱いで」と言い
奥さんの脱ぐところを見てました「なんで」と言うので「妻がされた事と同じ事を
してもらいます」と言い、全て脱いであそこを見せて下さいとM字にさせて少し舐めって
入れました、人の妻っておいしいものだと初めてしりました。逝ってしまいました、
 Dにこれで君への報復は終わる、警察でもどこでもご自由にと言って帰りました。
 残りは清水です。
 妻を廻した他の連中には報復しましたがみんな誰にも言っていないみたいです、清水
も私が反撃開始している事を知りません。 清水から妻へラインが入りました。
「また会いたい、今度は二人だけですから」と言って来た、多分他の奴らはなんとか都合
つけて行けないと言ってんだろうと思います。
 妻に会う約束のラインをさせました、妻は「あなたやめて下さい」と言ってましたが
「これで終わりだし肝心の清水への仕返しをしないと私はダメになる」と言いました。

 待ち合わせは小綺麗なレストラン、妻を念入りに化粧させ送り出しました
「必ず助けに来てね」と言われ「当たり前だよ」と出しました。
 レストランで清水は「亭主は気が付いていないだろう、俺と結婚しよう、皆にさせて
悪かった」等と言ってます。(妻のバックに入れたON状態のスマホから聞けます)
その後、清水の家に行く事になりました。
 家に着くと清水は妻を抱きしめキスをしてきました、妻はされるままにしてました、
お風呂しようと言われ、妻は渋りましたが強引に脱がされ入る事になりました、入る前に
おトイレと言って清水を先に風呂に入れ玄関を解錠しまし、お風呂に向かいました。
 風呂でもキスをし、お乳を触ろうとした所、ビデオを持った私がドアを開けると
「なんで旦那が・・何もしてませんよ」と言うので、そうかい、わかったと行って
ビデオを止め裸の清水を殴りました、清水も結構気が強いので向かって来ました、
私も殴られましたが妻も裸ですが、一緒に向かっています。私はそこでスタンガンで
気絶させました。
 裸の清水を縛って、台所の包丁をもって来て息子を弄りました、清水が気がつき
なんでこんな事をするんだ、麻理子さんが勝手に来たんだぞ、と言うので、本当の事を
言えといい話させました「おかしな話だったらここは要らないよね」と包丁でまた持ち
あげると「本当の事をいいます」と言われ聞きました、大体あってます清水は学生の
頃から麻理子が好きだったとの事ですが、麻理子は私は嫌いでしたとの話しです。
 慰謝料500万、二度と麻理子に近づかないと約束。


トップページに戻る