アダルトグッズのNLS

夫婦交換、その1、初体験


夫婦交換で何が楽しかったですか。

と聞かれれば、夫婦交換を初めて体験なさる初心者と

交わった時です。と私は答えます。

”まだ未経験です。長く夫婦で話し合い、ようやく妻の同意を得て

この世界に入ることを決心しました、

ご経験ある貴方様に私達夫婦を優しく導いていて下さることを

望みます”

 こんなメッセージを読むと、

世界の何処えでも飛んで行きたくなります。

 そんな私を妻の静香は不思議らしく

”初心者と言っても、子持ちであったり再婚者であったり、性に対して

熟練した奥様でしょう。どうして”

と尋ねられたことがあります。

 その時、これからお話しをする、初心者はるみさんを思い出しながら

妻静香に話しました。

”たとえ子持ちであっても、あの時のはるみさんのことが忘れられないんだよ”

と話しました。
 好奇心に満ちているものの、初めてなだけにはにかみ、何を要求されても

ボウーとなさって、私の意のままに身体を開かれる、

まるで半処女みたいだった。

その様子はいかにもいじらしかったのです。

恥らっていられるはるみさんの身体を抱くと、

身体はもう濡れそぼっていられるのに震えていられるんです。

慣れていられる奥様では到底味わえないものがあるのです。

私は山下太郎、妻静香[45歳]同年代の夫婦です。

早いもので夫婦交換の世界を体験し今年で10年、もうベテランです。

過去に体験したご夫婦の数は忘れましたが、

現在5組のご夫婦とお付き合いさ

せていただいています。私たちを含めて6組12名で交互に

交換を楽しんでいます。

私の場合、妻を説得するのに大変な労力が必要でした。

説得しようやく納得

させた妻に、行動を起こさせるにも時間が掛かりました。

”何よこれ、人妻の交換じゃないの”

 相手を選ぼうとして見せた、コンタクト雑誌のすごさに

怒り狂ったのです。

それまで私が偉そうに、夫婦相和して性を楽しもうと

説得していたのです。

正直、私もコンタクト雑誌を見せたら怒るだろうなと思っていました。

男の私が見てもコンタクト雑誌は、

妻に飽きた夫が自分の妻を代償に、他人の妻を

抱こうとする夫婦の募集のような雑誌だからです。

が一歩前進するには必要なことですから。

静香はそれでも雑誌をめくり、写真を見、メーセージを読みました。

雑誌に記載されているのは、

男の助平こころを満足させるためのすべて女性の

ヌードばかり、添記されているメーセージは、

夫の言葉で愛液豊富、フエラチオ抜群の妻です。

など自分の妻を売りに出してるいるような文句ばかり。

 妻は怒りました。

”女を馬鹿にしている、これじゃ女に他人の夫を選ぶ権利は

初めからないじゃないの”

これをなだめるのは大変でした。

"常識で考えろよ。女性のほうが男性より異性体験は少ないはずだ。

だから女のほうに希少価値があるんだよ”

”じゃ、あなたも私以外の女と浮気したの”

”そうじゃないだろう。女の心の中にも夫以外の男性に抱かれたい

と言う、願望があるから夫に奨められて、自分のヌード写真を掲載

しているんだよ”

これでやっと納得してくれたのです。

妻の静香も、平凡で刺激の少ない夫婦間だけのセックスより、

私の公認のもと戸惑いがあっても、

未知の世界に足を踏み入れることに

魅力を感じて、夫婦交換を承諾したのですから。

こんな経過を得てコンタクト雑誌に、掲載されているご夫婦に申し

込みました。最初は無視され返事もありませんでした。

選ぶ権利は相手側ご夫婦にあるのですから当然ですよね。

何か工夫をしなければと考えました。

それからの回送文に初心者で

あることを強調しました。

初めて体験する夫婦交換を、成功に導いて

ください。と初体験を強調し、

神に祈る思いで投函したのです。

このときの苦労が、今の私が初心者に関心が有るのかもしれません。

ある程度、経験をしてみると、夫婦交換に2通りの方法があることを

知りました。

一切の感情を交えず、(さあ~やりまくりましょう)と

羞恥をかなぐり捨て、やりまくる性殖器の貸借のような、

肉欲のみの快感の求め合いと、

末永くお付い合いを願い性の交換だけでなく、

日常生活にまで踏み込んで

お付き合いをしていただく方法です。

ハプニングバーや同伴喫茶で行われている、生殖器の貸借のような

セックスは若い方々に適しているかも知れませんが、

年齢的にも中年の私達夫婦には、圧倒されるだけで向きません。

でもコンタクト雑誌を通じると、どちらも手紙での連絡や電話での打ち

合わせが必要なだけに、プライバシーの開示が求められ、それだけに安心が

もてるのです。私達夫婦もはじめは興味本位から体験しましたが、その時の

ご夫婦となぜか気が合い、自然に2度が3度になって行ったのです。

 最初に記しましたが、私達夫婦を含め現在6組12名で楽しんでいます。

こんな素敵なご夫婦をあのご夫婦に、紹介してあげたら喜ばれるかもと発展し

互恵平等の精神で夫婦交換を楽しんでいます。

今では2組で旅行に行ったり、たまに3組が集まることが出来た時は、

乱交に発展させたりして楽しんでいます。

仲間に会則があるとすれば、この3点が暗黙の約束事です。

(1)約束事は、必ず守る。

   特に時間と金銭の間違いは困りますから。

(2)男性は性の労働者になりきること。

   精液はすべてを使いきり、余力を残さない。

(3)女性中心で、嫌われることは一切しない。

   中出しや口内発射は許可を得ること。

     続き・・・・・・・http://bbs7.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=story

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

良かったら「いいね」してください。誰でも「いいね」出来ます!


トップページに戻る