姉貴は下着までも脱いで全裸に

姉貴30歳、ボク22歳、二人で一緒に暮らしています。
ボクが高校1年の時に両親が事故で亡くなりました。
姉貴は昼間仕事をしながら夜はスナックでバイトをするようになりました。
それはボクの学費とかを払うためでした。

ある日の深夜姉貴がいつものように酔って帰ってきました。
いつもはほろ酔いだったけどその日はかなり泥酔していました。
家には同じスナックで働いている女性が運んできてくれました。

姉貴をソファに座らせて水を持っていくといきなり抱き締められ、ボクの持っていた水はすべて姉貴にかかってしまいました。
姉貴は「あ~あ濡れちゃったぁ~」と言いながら服を脱ぎ始めました。

正直姉貴の下着姿は見慣れていたので特に興奮はしなかったけど、姉貴は下着までも脱いで全裸になりました。
すると姉貴はボクの所にきて、「ねぇ~お風呂入ろうよ~」と言ってきました。
ボクは「冗談でしょ!1人で入りなよ」と言うと渋々姉貴は風呂場に行きシャワーを浴びているようでした。
30分してもシャワーの音がしたままで他に物音がしなかったので心配になり風呂場のドアをあけると、シャワーを出したままなぜか空の浴槽に入って寝ている姉貴がいました。
シャワーを止めて姉貴の頬っぺたを何度か叩いたけど起きません。
ボクは姉貴を抱えてベッドに連れていきました。
バスタオルで体を拭いてパンツを履かせようとした時ボクのいやらしい気持ちが爆発しました。
姉貴にイタズラしよう!でした。

幸い姉貴は酔って寝ているしわからないだろうと思ったからです。
童貞のボクがまずした事は、姉貴のオッパイを触り掴んだりしていました。
乳首をさわっているうちに乳首が固くなりました。

そのまま舐め続けていると「う、うぅ~ん」とか「あぁん!」とか姉貴が言いながら体を横にしてしまいました。
オッパイから次はアソコを見たい!って衝動にかられなんとか姉貴を仰向けにすると姉貴は大の字になりました。
ボクは姉貴の両足を持って足をM字にさせ、生まれて初めて女性のアソコをみました。
姉貴のアソコはすでに濡れていました。
顔を近づけた時にいきなりボクの頭を捕まれました。

姉貴がボクに向かって「あんた何してんの!」と怒られました。
でも姉貴はバスタオルを体に巻きながらボクの横に座りながら言いました。
ずっと気がついてたんだよ。
でもね私達は姉弟なんだよ。
ダメなんだよこうゆう事したらね!と言いながらキスをしてきました。

ボクの初キスでした。
姉貴はボクを仰向けにさせると服を全部脱がせました。
ボクのアソコはギンギンに勃起していて姉貴はそれをシゴキ始めました。
ボクは溜まっていたのですぐにイッてしまいました。
姉貴はそれをティッシュで拭きながら「たくさん出たね、溜まってた?」と聞かれボクは頷くだけでした。
すると姉貴は「じゃあまだできるね」と言いボクのアソコを口に含み上下に頭を振りまたギンギンに勃起したボクのアソコを見ると体に巻いているバスタオルを外しました。

姉貴は化粧台の引き出しからコンドームを取り出してボクのに装着して股がってきました。
ボクの初エッチです。
姉貴は上下に腰を動かしたり前後に動いたりして息遣いを荒くしていました。
ボクも快感が押し寄せてきました。

姉貴にいうと「姉ちゃんもイキそうだよ」といってボクにしがみつきながら一緒にイキました。
姉貴がボクから離れると、ボクのアソコについてるハズのコンドームがありませんでした。
姉貴は急いで風呂場に行きました。
風呂場から戻ってきた姉貴はボクにまた抱きついてきて、「ねぇあんたの精液私の中にイッパイ出てたよ」と言いながらまた手でシゴいてきました。

みるみるうちに勃起するとコンドームをつけずに姉貴が股がってきました。
ボクは姉貴に「つけてないよ。
いいの?」と聞くと無言のままさっきより激しく腰を振りました。
ボクがまた「イキそうだよ」と言っても姉貴は動きを止めてくれません。
姉貴はボクが我慢してる顔を見ながら「そのまま出していいよ」と言われた瞬間姉貴の中に出しました。

抜くと姉貴のアソコから精液がドロドロと出てきていました。
再度姉貴に聞くと「薬飲んでるからね」と言いながらキスして、その後一緒にお風呂に入りました。

その日を境に姉貴とは毎晩エッチをしています。
姉貴は彼氏がいたようでしたが別れたようです。
理由は「欲求はあんたが解消してくれるし、あと私の言う事聞いてくれるから」と笑いながら言ってました。
ボクも彼女はいりません。
だって姉貴がいるからね。